コクヨが、公式オンラインショップ「コクヨショーケース」内で、自分でデザインした文房具を一つから作成し購入できるサービスを開始した。第1弾として選ばれたのが「測量野帳」。発売60年を超えるロングセラーで、測量士だけでなく一般的な手帳ユーザーにも、その使いやすさが愛されている。

オリジナルデザインの文房具が作成可能! 第1弾は「測量野帳」

文房具ブームもすっかり定着した感があるが、最近ではオリジナルのインクを作れるキットなど、より個性をアピールできる製品が注目を集めている。この7月からコクヨが、公式オンラインショップ「コクヨショーケース」内で、自分でデザインした文房具を一つから作成し購入できるサービスを開始した。

第1弾として選ばれたのが「測量野帳」。これは、測量士が屋外で書き込みをするために開発された手帳で、中身は3ミリ方眼が40枚の構成となっている。ポケットに入るサイズで、手で持ったままでも書き込みやすいように硬い表紙が採用されている。発売60年を超えるロングセラーであり、測量士だけでなく一般的な手帳ユーザーにも、その使いやすさが愛されている。

コクヨ
個人向けカスタマイズ文具作成サービス
料金:1100円(測量野帳の例)

カスタマイズのベースとなる測量野帳は、縦165ミリ、横95ミリの薄型手帳。その使い勝手のよさが評判となり、屋外でスケッチする人なども愛用するロングセラーだ。注文から5日以内に発送される。

画像: https://kokuyo.jp/pr/sc-customize

https://kokuyo.jp/pr/sc-customize

カスタマイズは、パソコンかスマホのウェブブラウザーで行う。表紙はグリーン、ウォームホワイト、チャコールブラックの3色から選択。その表紙の中央部、縦75ミリ×横90ミリの範囲に、任意の写真やイラストを配置できる。画像形式はJPEGかPNGでファイルサイズは5Mバイトまで。自作のイラストを使いたい場合は、事前にイラストを画像ファイル化しておく必要がある。また、名前や手帳のタイトルなどのテキストデータを貼り付けることも可能。フォントは8種類、文字色は18色から選択できる。価格は1100円で送料無料。

画像: 写真やイラストを配置できるのは、表紙中央から下部への範囲。手持ちの画像データを利用できる。画像以外にテキストデータを貼り付けることも可能。

写真やイラストを配置できるのは、表紙中央から下部への範囲。手持ちの画像データを利用できる。画像以外にテキストデータを貼り付けることも可能。

バードウオッチングなど屋外でスケッチしたりするのにもピッタリで、価格が手ごろなので、自分のために作成するのはもちろん、ちょっとおしゃれな贈答品としてももってこいだ。今後はカスタマイズできる商品が追加され、より充実したサービスに発展することが期待される。

好みの写真を配置できる!

画像: 印刷方法は、インクが染み込まない素材にも印刷できるUV印刷を採用。カスタマイズシミュレーターで確認した品質と、ほぼ同じ仕上がりの商品が届く。

印刷方法は、インクが染み込まない素材にも印刷できるUV印刷を採用。カスタマイズシミュレーターで確認した品質と、ほぼ同じ仕上がりの商品が届く。

※価格は記事作成時のものです。

TEXT●福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.