今回はTevaの中でも、最も人気が高いとされるモデル「ハリケーンXLT2」の魅力や履き心地、サイズ感などを徹底レビューします。「Teva」といえば、アウトドアサンダルとして人気のブランド。男女問わず多くの人々が、Tevaのサンダルを愛用しています。ハリケーンを買おうか悩んでいる人や購入するサイズに悩んでいる人、長く使えるサンダルがほしいと考えている人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

機能性と速乾性に優れた「Teva」のサンダル

アメリカ発のアウトドアサンダルのブランド「Teva」。Tevaは世界で初めてストラップ付サンダルを開発しました。

画像: アメリカ発のアウトドアサンダルのブランド「Teva」。

アメリカ発のアウトドアサンダルのブランド「Teva」。

Tevaのサンダルは、水辺でも脱げず、滑らずに活動できるように、機能性と速乾性に優れているのが特徴です。デザイン性も高いので、アウトドアの場面はもちろんのこと、普段のファッションに取り入れることもできます。

さらにTevaは、サステイナブルな取り組みを積極的に行っているのも特徴です。地球環境にやさしい製造過程と、サステイナブルな素材を採用しています。サンダルのストラップ部分には、100%リサイクルプラスチック素材が使用されていて、Tevaのサンダルを購入することが直接的に環境保護へとつながります。

TevaハリケーンXLT2の魅力

Tevaの中で最も定番のモデルが「ハリケーン XLT2」です。少しゴツゴツとしたソールで、アウトドア感ある見た目が魅力です。

ここからは実際にハリケーンXLT2を愛用している筆者が、ハリケーンの魅力をご紹介します。

3点で足をホールドして安定感抜群!サイズ調節も可能

まず1つ目の魅力は、3点で足をしっかりとホールドしてくれるという作りです。ストラップ付きサンダルとしては珍しく、かかと上の部分までマジックテープで調節できるようになっています。

画像: 3点でしっかり足をホールドしてくれます。

3点でしっかり足をホールドしてくれます。

足先と甲に加えて、かかと部分のサイズ調節ができることによって、フィット感が大幅にアップ!サンダルと足を隙間なく密着させてくれるので、安定感と履き心地が抜群です。

ソールはクッション性が高く長時間歩いても疲れない

ハリケーンにはクッション性の高い「EVAミッドソール」が使われています。一見すると、ソール部分の見た目はかなりゴツくて重そうに思えますが、手にとってみるとかなり軽量です!長時間履いて歩いたり走ったりしても、足への負担はありません。

画像: ソールのクッション性が高く、長時間歩いても疲れません。

ソールのクッション性が高く、長時間歩いても疲れません。

また、起伏の激しい路面を歩いても、ソールがしっかりと衝撃を緩和しているので安定感があります。

実際にハリケーンを履いて歩いてみると、1歩1歩進むたびに前へ押し出してくれる感覚があるので、とても歩きやすいです。

ストラップ部分の靴擦れの心配なし

サンダルを選ぶ中で、ストラップ部分の靴擦れを心配している方も多いのではないでしょうか?ハリケーンはストラップ部分の肌触りが優しく、さらに足との密着度が高いので、履いてる途中にズレて靴擦れになってしまうことがありません。

画像: 密着度が高く、ずれることがない。

密着度が高く、ずれることがない。

筆者の場合、ハリケーンを履いて1日中歩いても、靴擦れしたり痛みを感じたりすることは一度もありませんでした。どんなシーンでも、足の疲れや痛みを感じずに履けるのが魅力です。

サイズ感は?

公式のTevaオンラインサイトによると、「商品はやや大きめの作りになっているため、素足で履かれる場合は0.5cm小さめをオススメします」と書かれています。

筆者の普段の靴のサイズは、24.5~25.0センチです。24.5センチを購入したかったのですが、Tevaのサンダルにはハーフサイズがありません。そのため、靴下を履いた状態でサンダルを履きたいと考えていたのと、私自身は甲高であることから、25.0センチを購入しました。

実際に履いてみました!少しゆとりあるサイズ感ですが、ストラップ部分で足がしっかり固定されるのでフィット感が抜群です。また、かかと部分でサイズ調節が可能なので、ブカブカする感じも全くありませんでした。

画像: 25.0センチを購入しました。

25.0センチを購入しました。

写真を見て分かる通り、ハリケーンのソールは長さと幅がかなり大きく、つま先部分〜かかと部分まで、360度しっかり覆ってくれます。そのおかげか、サンダルとは思えないほど、歩いていて安定感があります。

靴下を履いてみました!靴下を履くと一気にカジュアルな印象になり、おしゃれに決まるのが嬉しいポイントです。

画像: 靴下を履いて着用してみました。

靴下を履いて着用してみました。

私の場合、靴下を履くことでサイズ感はぴったりになりました。

画像: 靴下を履くことでサイズ感はぴったりに。

靴下を履くことでサイズ感はぴったりに。

ハリケーンの購入を考えている方は、ぴったりで履きたい方はハーフサイズ下を、ゆとりをもって履きたい方は通常のサイズを買うのがおすすめです。ぜひサイズ選びの参考にしてください。

いずれにしても、ストラップの調節によって足がしっかりとホールドされるので、「ゆるくて困る!」といったことは、ほぼないと考えて問題ありません。ファッション性を考えて靴下を履くことを選択肢に入れている方は、1サイズ上を購入してみるのも手ですね。

まとめ

今回はTevaの定番モデル「ハリケーンXLT2」の魅力や履き心地、サイズ感を紹介しました。Tevaのサンダルは水陸のアウトドアシーンはもちろん、普段使いにもぴったりです。ぜひハリケーンXLT2の抜群の履き心地やフィット感、足の疲れにくさを体験してみてください!これからの季節に、きっと大活躍してくれますよ。

This article is a sponsored article by
''.