今回は夏のファッションに欠かせない無地Tシャツについて、オススメのブランドと特徴などを解説します。リーズナブルかつシンプルな雰囲気が魅力の無地Tは、どんなシーンでも着回せると言っても過言ではない定番アイテムです。とはいえ、ボディのサイズ感や素材によってその種類はさまざま。しっかりとコーディネートの主役に活かせるモデルをご紹介します。

無地Tシャツの選び方

無地のTシャツはシンプルな分、選び方に気をつけないと肌着のようにも見えがちなアイテムです。「下着と思われそうで手を出しにくい」という方も多いのではないでしょうか?

画像: 無地Tシャツの選び方をご紹介!(写真はイメージ/pixabay)

無地Tシャツの選び方をご紹介!(写真はイメージ/pixabay)

そこでまずは、無地Tシャツの選び方から簡単にご紹介します。

ファッションに取り入れるポイントは「厚手&綿100%」

無地Tシャツは「素材感」が命のアイテムです。薄手のタイプは、着心地が良くても肌の透け感や強度の面で、どうしても下着のイメージが拭えません。そのため、なるべく厚手のものを選ぶことをオススメします。

Tシャツの素材が肉厚かどうかは「オンス(oz)」という数値に注目すれば見分けることができます。バンドTシャツなどにも良く採用されているのが、5.6~6オンス前後の厚手タイプです。このタイプであれば、肌の透けや洗濯ヨレを気にせず着用していけるでしょう。

また、Tシャツの素材はできれば綿100%のものを選ぶことがオススメです。ツルッとしたポリエステル系の素材は速乾性に優れるため夏場には重宝しますが、スポーティな印象が強くコーディネートを選ぶため上級者向けのアイテムと言えるでしょう。

海外規格のTシャツは日本のモノより「1サイズ上」

無地Tシャツの多くは海外規格のサイジングとなっているため、購入前に大まかなサイズ感を確認することもポイントです。基本的には、日本人向けのモノより1サイズ上であることを意識しておきましょう。

ただ、今のトレンドは、ジャストサイズからオーバーサイズのゆったりしたシルエットに推移しています。そのため、基本的にはMサイズを着ている方ならM~Lを選ぶことをオススメします。筆者は172cm/60kgの中肉中背ですが、メーカーによってMサイズからXLまでさまざまなサイズのTシャツを揃えています。XL以上のビッグシルエットTシャツは重ね着などでも使いやすく、パーカーやロンTの上から着られる便利なアイテムです。

ファッション好きライターおすすめの無地Tブランド5選

ここからは、古着メインのファッション好きライターが厳選した、オススメの無地Tシャツブランドをご紹介します。いずれも、肉厚で頑丈なボディが魅力の優れものです。

画像: 筆者おすすめの無地Tシャツブランドをご紹介!(写真はイメージ/pixabay)

筆者おすすめの無地Tシャツブランドをご紹介!(写真はイメージ/pixabay)

United Athle(ユナイテッドアスレ)

United Athleは「豊富な種類と確かな品質」がモットーの老舗ブランドです。Tシャツの他にもポロシャツやパーカー、スウェットなど幅広いアイテムを取り揃えています。Tシャツには薄手のタイプから9.1オンスの超厚手タイプまでたくさんの種類がありますが、特にオススメなのが定番の「5001-01」(5.6オンス)です。

5001-01はアパレルブランドでも利用されることもある定番品で、カラーバリエーションも全59色と充実しています。価格も700~1,000円前後が相場で、品質の高さからは信じられないほどの安さも魅力です。

サイズ感は今回ご紹介するブランドの中ではやや小さめ(Mサイズ身丈:約69cm)のため、オーバーサイズで着こなしたい方は1サイズ上を購入するのがオススメです。筆者は「アスレならLかXL」を心情に、トータルで10枚ほど所持しています。

ALSTYLE (アルスタイル )

ビッグシルエットでラフな着こなしを楽しみたい方にオススメなのが、ALSTYLEの無地Tシャツ「1301」です。シカゴ~カリフォルニアで生まれたブランドならではのストリート感満載なデザインが、多くの服好きから信頼を集めています。

6.0オンスの肉厚ボディと、Mサイズで身丈74cmというアメリカンなサイズ感もさることながら、肩に補強テープを配すこだわりもポイントです。価格も1枚あたり800~1,000円前後と安価で、コストパフォーマンスにも優れています。着れば着るほど、値段以上の確かなクオリティを感じられること間違いなし!

This article is a sponsored article by
''.