東京都監察医務院の調べによると、東京23区の入浴中の死亡者数は令和元年で1494人にのぼっており、特に高齢者の冬場の事故が多い。その原因の一つとして「ヒートショック」が挙げられる。そこで、ノーリツはスマホによる遠隔操作に対応し、浴室の予備暖房や入浴状況の見まもりが可能な「ガス温水暖房付き風呂給湯器」と「浴室暖房乾燥機」を発売した。

ヒートショック対策にも有効!スマホでお風呂タイムが安全&快適!

給湯器メーカーのノーリツから、スマホによる遠隔操作に対応し、浴室の予備暖房や入浴状況の見まもりが可能な「ガス温水暖房付き風呂給湯器」と「浴室暖房乾燥機」が登場した。同社は2018年から、無線LAN対応リモコンとスマホを連係させることで、お湯張りや温水暖房の遠隔操作機能、浴室への入退室や入浴時間などを確認できる見まもり機能を搭載するモデルを販売してきた。最新モデルではこれらに加えて、浴室の予備暖房や、スマホアプリを通じて入浴者へ呼びかけられる機能も搭載した。

ノーリツ
GTH-C2461-1シリーズ/BDV-4106ほか
標準価格:53万5700円(GTH-C2461AW6H-1)

GTH-C2461-1シリーズは、排気ガスの熱を再利用するエコジョーズタイプのガス温水暖房付き風呂給湯器で、スマホアプリを使ってお湯張りや追いだきなどの遠隔操作ができる。

画像: GTH-C2461-1シリーズ

GTH-C2461-1シリーズ

BDV-4106は、入浴前に遠隔操作で浴室を暖められる浴室暖房乾燥機で、ヒートショック予防に役立つ。

画像: BDV-4106

BDV-4106

東京都監察医務院の調べによると、東京23区の入浴中の死亡者数は令和元年で1494人にのぼっており、特に高齢者の冬場の事故が多い。その原因の一つとして気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こる「ヒートショック」が挙げられる。暖かい部屋から寒い脱衣所に移動し、温かい浴槽につかることで血圧が変動し、急激に心臓に負担をかけることなどが要因とされる。

そこで、同社の浴室暖房乾燥機では、新たに無線LAN対応リモコンとの連係に対応したことで、スマホアプリで宅内や宅外から浴室の予備暖房の遠隔操作が可能になった。外出先からお湯張りができるだけでなく、事前に浴室を適温にしておけるので、帰宅後すぐに入浴したいという人も、ヒートショックを予防しながら快適な入浴ができる。

無線LAN対応で見まもり機能を搭載!

RC-G001EW-3は無線LANに対応し、スマホアプリを使って遠隔操作が可能な高機能リモコン。便利な見まもり機能なども備える。

画像: ヒートショック対策にも有効!スマホでお風呂タイムが安全&快適!

さらに、安心機能としては、ユーザーの入浴を検知するとゆるやかに追いだきすることで体への負担を軽減する「ゆるやか浴」、浴槽につかったことを検知すると自動的にタイマーを開始して長湯を防ぐ「入浴タイマー」、台所リモコンに浴室への入室状況をお知らせする「浴室モニター」などの機能も備える。

画像: 入浴時間が長くなると、家族のスマホアプリにプッシュ通知し、アプリから浴室に呼びかける(通話には非対応)機能も備えている。

入浴時間が長くなると、家族のスマホアプリにプッシュ通知し、アプリから浴室に呼びかける(通話には非対応)機能も備えている。

※価格は記事作成当時のものです。

TEXT●安蔵靖志(IT・家電ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.