オリンパス「OLYMPUS PEN E-P7」を実際に試してみた。基本性能が向上し、デザインもおしゃれ。クリエイティブな写真表現が楽しめるミラーレス一眼で、E-PLシリーズとは一味違う、エッジの効いたデザイン。きめ細かい画質調整が可能な、カラープロファイルコントロールも使うと楽しいと感じた。

今回のテストアイテムはこちら
オリンパス「OLYMPUS PEN E-P7」

実売価格例:9万3500円(ボディ)

●プロフィール
洗練されたデザインや上質な仕上げが魅力の小型・軽量機。簡単操作で細かな画質調整ができる「カラープロファイルコントロール」も搭載。おしゃれなだけでなく、クリエイティブな写真表現が楽しめる“粋な小型モデル”だ。

画像: 今回のテストアイテムはこちら オリンパス「OLYMPUS PEN E-P7」

E-PLシリーズとは趣の異なる、シャープなラインが印象的なボディ形状。その印象を損なわない控えめな前面グリップ部が、ホールド性を高めてくれる。

SPEC
●撮像素子/4/3型Live MOS センサー●有効画素数/約2030万画素●レンズマウント/マイクロフォーサーズマウント●ISO感度/LOW(約100相当)、200~2万5600●連続撮影速度/最高約8.7コマ/秒●液晶モニター/3.0型(約104万ドット)●記録媒体/SD、SDHC(UHS-I/Ⅱ)、SDXC(UHS-I/Ⅱ)●電源/専用リチウムイオン充電池●サイズ/幅118.3㎜×高さ68.5㎜×奥行き38.1㎜●重量/337g

アルミ削り出しのダイヤルを採用

1963年発売の世界初ハーフ判一眼レフ、ペンF。その名前と外観デザインを継承した、2016年発売のミラーレス一眼、PEN-F。E-P7は、そのPEN-Fの流れをくむモデルである(ファインダーは非搭載だが)。それは、単に外観が似ているだけでなく、カラープロファイルコントロールを搭載している点でも共通する。

操作性に関しても、PEN-Fに近い。露出補正ダイヤルはないが、フロントとリアに二つのダイヤルを搭載しているので、絞りやシャッター速度、露出補正などの操作が迅速に行える。このあたりは、1ダイヤル方式のPEN E-PLシリーズにはない利点。また、これらのダイヤルにはアルミ削り出しパーツが採用されていて、金属特有の素材感や感触が味わえる。

上面のダイヤルは薄型でスタイリッシュ

モニターはE-M1系と同じ3.0型だが、ボディが小型なので大きく感じる。上面の各ダイヤルは薄型でスタイリッシュ。

画像: アルミ削り出しのダイヤルを採用

手ブレ補正は「5軸/最大4.5段」にアップ

注目のカラープロファイルコントロールは、右手側前面下にある専用スイッチでオン/オフを切り替えられる。オンにすると、画面下にモノクロ四つとカラー四つ、計八つの基本プロファイルが表示され、その中から一つを選び、12色相の彩度、シェーディング、ハイライト&シャドーの各項目を調整するというもの。特定の色に対して自由に画質調整ができ、実際に使ってみるとけっこうハマる。
基本性能の向上も見逃せない。手ブレ補正機構は、PEN E-PL10の「3軸/最大3.5段」に対して「5軸/最大4.5段」と、方式も効果も向上。手持ちでの撮影領域拡大や、手ブレによる失敗の軽減が期待できる。

カラープロファイルで緑の彩度を最大に

並べられた柵の〝緑色と木〟が目を引く。そこで、カラープロファイルを使用。緑の色相の彩度は最大、ほかの色相の彩度は最小に。〝緑色が浮き立つ世界”に演出できた。

画像: 手ブレ補正は「5軸/最大4.5段」にアップ

PENシリーズで唯一ファインダーを搭載するPEN-Fは、今でも人気の高いスタイリッシュな高性能モデルである。それに近い外観や機能を持つ本機も、魅力的な存在である。

おすすめ度…A

基本性能が向上し、デザインもおしゃれ。クリエイティブな写真表現が楽しめる

ココが〇

E-PLシリーズとは一味違う、エッジの効いたデザイン。きめ細かい画質調整が可能な、カラープロファイルコントロールも使うと楽しい。

ココが✖️

甲高いシャッター音や、勢いよく飛び出る内蔵フラッシュの動作が気になる。給電対応のUSB端子は、汎用性の高いType-Cでなくマイクロ。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C−」までの9段階評価になっています。

※価格は記事作成時のものです。
●解説/吉森信哉(フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.