自宅ですぐにできるコーヒー染めにチャレンジしてみました。プチDIYともいえるコーヒー染めは、素材にアンティーク感と味わいをプラスしてくれます。材料もお湯とインスタントコーヒーさえあればできるため、費用もかかりません。インテリアや手持ちの品に奥深さを加えたい人は、ぜひ、チャレンジしてみてください。

コーヒー染めとは

コーヒー染めとは、その名の通りコーヒーを染料とした染め物のことを指します。コーヒーの薄茶色が素材に染みることで、味わいのある雰囲気が生まれるのが特徴です。

Tシャツやレースといったファブリック製品に用いることが多い技法ですが、紙や化学繊維にも色をつけることができます。アイテムにクラシカルでアンティークな印象をプラスしたい際に、おすすめのテクニックです。

100均材料+コーヒー染めでアンティーク作品づくり

コーヒー染めはコーヒーと染めたいアイテムさえあれば、すぐにできるのが魅力。わが家でも、早速チャレンジしてみました。

ダイソーで購入したもの

コーヒー染めでアンティーク調をプラスするのであれば、やはり素材もそれらしいデザインのものが良いでしょう。ダイソーでアンティークな雰囲気が出そうなアイテムを探した結果、上記の3つを購入しました。

画像: ダイソーでレースペーパー、フラワーガーランド、ファブリックポスターを購入

ダイソーでレースペーパー、フラワーガーランド、ファブリックポスターを購入

左からレースペーパー(紙)、フラワーガーランド(ポリエステル)、ファブリックポスター(布)と素材を分けたため、それぞれの染まり具合もチェックしたいと思います。

1Lのお湯に大さじ5杯のインスタントコーヒーを入れる

コーヒー染めで使うコーヒーは、普段飲んでいるコーヒーよりもかなり濃く作ります。

筆者は1Lのお湯に大さじ5杯のインスタントコーヒーを入れました。舐めてみましたがとても苦く、このままでは飲めそうもありません。

しかし染め液としてはちょうど良い濃さで、紙も布も化学繊維も理想通りに染めることができる濃さでした。

まずはA4コピー用紙で練習から

早速コーヒー染めにチャレンジしてみます。最初は少し不安だったため、A4のコピー用紙で試してみました。

画像: 最初はA4のコピー用紙で試してみることに

最初はA4のコピー用紙で試してみることに

紙にシワをつけてコーヒー鍋の中に落とし、菜箸でつついて色をつけます。

コピー紙を雑に染めたらゴミができた

5分ほど置いてから紙を取り出し、軽く水気を絞ります。

その後、慎重に紙を開いてみると……

画像: 開く&絞る際に失敗し、紙屑となってしまいました

開く&絞る際に失敗し、紙屑となってしまいました

どう見てもただのゴミにしか見えません。開く&絞る際に失敗すると、コーヒー液を吸った紙屑ができあがります。

再度、ていねいな扱いでチャレンジしてみたところ、それなりの仕上がりに。

画像: 丁寧に絞れば大丈夫!

丁寧に絞れば大丈夫!

乾くまでは天日干しをします。

ていねいに扱ったものの、干している姿はやはりみすぼらしさを感じます……。

画像: 干している姿はみすぼらしさを感じます

干している姿はみすぼらしさを感じます

This article is a sponsored article by
''.