デザイン作成ツールの中でもポピュラーな3製品、CLIP STUDIO PAINT・Canva・Adobe Illustratorのそれぞれの差・できることについて解説します。趣味・仕事どちらでも、デザイン作成に少しでも携わる人にとってツール選びは重要です。目的に沿ったツールを使うことで、より良い作品を効率的に生み出せます。筆者が使っているのはCLIP STUDIO PAINT・Canva・Adobe Illustratorの3製品です。それぞれどのようなデザイン作成の作業に向いているのか、ご紹介します。

漫画・イラストを描くなら
CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINTは、「クリスタ」と略して呼ばれることが多いお絵描きソフトです。パッケージ版とダウンロード版があります。CLIP STUDIO PAINTの特徴は、イラスト作成をサポートする多彩な機能です。筆圧を計算して紙に描いたのと変わらない線、描いた後にも対象の色や大きさを変更できる機能、使用用途に合わせたペンツールなど、絵描きにとって「これがあったら便利なのに」がぎっしり詰まったソフトです。

ペンやペイント素材は自分でカスタマイズが可能ですが、すでに先輩利用者が開発した素材も公開されています。無料で入手できる作品もあり、イラストの幅を広げたい人は積極的に活用してみてください。

画像: イラスト作成をサポートしてくれる多彩な機能が搭載されています www.clipstudio.net

イラスト作成をサポートしてくれる多彩な機能が搭載されています

www.clipstudio.net

CLIP STUDIO PAINTならでは!3Dのデッサンドールで全身画もばっちり

さらにCLIP STUDIO PAINTには3Dのデッサンドールが搭載されています。全身画やポーズ画が苦手な人でも、3Dデッサンドールを用いれば、バランスを崩すことなく人物画が作成可能です。

画像: 3Dのデッサンドールも搭載されています www.clipstudio.net

3Dのデッサンドールも搭載されています

www.clipstudio.net

しかしデッサンドールのポーズは、慣れていないと設定が難しいです。こちらも先輩利用者が作ったポーズ集が公開されています。求めていたポーズが公開されている場合、利用するのも手です。

画像: 既に利用者が作ったポーズも公開されています www.clipstudio.net

既に利用者が作ったポーズも公開されています

www.clipstudio.net

このようにCLIP STUDIO PAINTは漫画やイラストを描きたい人におすすめ。もともとイラスト作成に慣れている人も絵初心者の人も、技術や経験に関係なくどちらでも満足できる製品です。

CLIP STUDIO PAINT の料金

CLIP STUDIO PAINT には、EX版とPRO版があります。EX版にはPRO版では使用できない機能があるため、より幅広い使い方をしたい方はEX版がおすすめです。とくに漫画を描く方は、複数枚の原稿・セリフを一元管理できるEX版のほうが、扱いやすいでしょう。

【CLIP STUDIO PAINT EX】
買い切り:2万3,000円(税込)
サブスクリプション(月額):650円/月(税込)〜

【CLIP STUDIO PAINT PRO】
買い切り:5,000円(税込)
サブスクリプション(月額):240円/月(税込)〜

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)
URL:https://www.clipstudio.net/

◆◆◆

サムネイル・簡単なデザイン作成なら
Canva

Canvaはオンラインで使うデザイン作成ツールです。ワードやエクセル、パワーポイントで画像作成を進めていた人は、Canvaへの乗り換えがおすすめです。

画像: サムネイルや簡単なデザイン作成ならCanvaがおすすめです www.canva.com

サムネイルや簡単なデザイン作成ならCanvaがおすすめです

www.canva.com

Canvaにはたくさんのフォント、画像素材が登録されています。そのため、これまでワードやエクセルでの画像作成に必要だった、フリー素材を探してダウンロード→ワードやエクセルで画像を立ち上げて……といった作業の必要がありません。

フォントや画像素材を組み合わせることで、オリジナリティのあるポスターやサムネイルといったデザイン画が作れます。

クリスタのように手書きのイラスト作成はできませんが、手書きイラストをCanvaにアップロード→素材を加えて装飾、といった使い方も可能です。

操作方法もとても簡単

Canvaの魅力はワンクリックで簡単に文字入れ・画像の組み合わせが行えること。どこをどう扱えば理想の形が実現できるのか直感的に判断ができるため、少し触るだけで扱いに慣れます。

加えてデザインのテンプレートも豊富にあります。組み合わせに迷ったときは参考にすることで、これまで以上に魅力的なデザインが仕上がるでしょう。

Canvaの料金

Canvaには、有料版・無料版が用意されています。有料版では無料よりも開放される素材の数が増え、さらにチームで1つのデザインの共有・編集が可能です。ストレージ数も無料では5GBですが、有料版では100GBになります。とはいえ、個人でデザインを作成するのであれば、無料版でも充分に機能します。まずは無料版でチャレンジしてみて、不足を感じたら有料版に切り替えてみてはいかがでしょうか。

【Canva無料プラン】
料金:無料

【Canva Pro】
料金:年額1万2,000円

◆◆◆

プロも使う
Adobe Illustrator

Adobe Illustratorは、「イラレ」と称されることも多いデザイン作成ソフトです。プロのデザイナーが使用することも多く、ロゴやパッケージのデザイン作成などができます。

Canvaのように登録されている素材を組み合わせるのではなく、1からデザイン作りが行えるため、オリジナリティ溢れる作品を作りたい人向けです。加えて画像の調整が柔軟に行えるため、たとえば○と▽だけで人のイラストを作るといったことも可能です。絵が苦手な人でも味のあるイラストを作成できるのが、Adobe Illustratorの強みと言えます。

「お絵描きソフト」としての使い勝手

Adobe Illustratorで作るデザインは、基本的に「線と点」で構成されています。何を言っているのかわかりづらいかもしれませんが、たとえば、CLIP STUDIO PAINT で描いた絵は、線のみです。そのため扱う人本来の技術が必要と言えます。ところが、Adobe Illustratorでは線を引くのが下手でも、そのあとに線状にばらまかれた点をずらすことで、理想の形が作れます。

画像: 線と点を使い絵を仕上げることで、より微調整がしやすくなっています

線と点を使い絵を仕上げることで、より微調整がしやすくなっています

このように、アナログ感覚で手探りになりながら絵を描くCLIP STUDIO PAINTに比べて、Adobe Illustratorはすでにある程度完成されているイメージに、微調整で近づけていくイメージです。アナログのような手書きの味わいがある「お絵描きソフト」というよりも、デジタルアートに特化しています。

Adobe Illustratorの料金

Adobe Illustratorには買い切りがなく、サブスクのみです。さらにそのサブスク料金も月額2,728円〜と、CLIP STUDIO PAINTやCanvaに比べると高額に感じるでしょう。とはいえ、デザインを本格的に勉強したい人であれば、美しくオリジナティある作品作りができるAdobe Illustratoの導入をおすすめします。

そうではなくイラスト作成目的や手軽なデザインを楽しみたい程であれば、CLIP STUDIO PAINT・Canvaで充分というのが、正直な感想です。Adobe Illustratorには7日間の無料体験がついているため、まずはそちらで試してみてはいかがでしょうか。Adobe Illustratorの扱いに慣れてきた時点で、Photoshopを始めとするその他のAdobe製品がパックになったコンプリートプランへの乗り換えも、検討してみてください。

【Adobe Illustrator単体プラン】
月額:2,728円(年間プラン月々払い・税込)
月額:28,776 円(年間プラン一括払い・税込)
月額:3,828 円(月々プラン・税込)

まとめ

イラスト・デザイン作成をする場合、何のソフトやサービスを使うのか、迷ってしまいますよね。作りたいデザインやイラストのテイスト、使用目的によって活用すべき製品は異なります。ご紹介した3サービスは、イラスト・デザイン作成でもポピュラーな存在です。ぜひ、使用目的に合わせて使い分けをしてみてください。

This article is a sponsored article by
''.