多くの日本人が〝浮き指〟であると言われています。浮き指とは、足の指が浮いて地面に接していないことで、立っているときや歩いているときに、指が使われていない状態のことを言います。ほかに外反母趾、ハンマートゥなどの足の症状もあります。これらを放置していることで体の不調や痛みを引き起こします。日常的に正しく足指を使えるようになるための「足指ほぐし」について、書籍『神の手鍼灸師 3分足指ほぐし』の著者で鍼灸師の本田洋三さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

本田洋三(ほんだ・ようぞう)

鍼灸師・柔道整復師 1973年大阪府堺市生まれ。元来腰が悪く学生時代にヘルニアを患っていた過去もあり、柔道整復師の資格に興味を持ち、4年勤めた会社を退職して柔道整復師の専門学校に28歳から入学。同時に松原市にある鍼灸整骨院で修行を開始。一日130人近く来る院で毎日30人近い方に施術をおこなう。11年前に開業し、毎月300人近い方の治療をおこないながら、大阪や東京の地域コミュニティなどで足指ほぐしのセルフケア方法を指導している。

本稿は『神の手鍼灸師 3分足指ほぐし 一生歩ける! 痛みが消える!』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/関祐子、イラストズー

足指を整えれば人生が変わります

鍼治療だけでは根本的に治療できない

私は慢性的な症状を改善するため、日々施術にあたっている鍼灸師です。
施術は20年で13万人にも及び、現在も毎月300人近くの方の治療にあたっています。

その中で、足指の重要性に気づいたきっかけは、何十年も腰やひざの症状に悩んで来院する方のほとんどが、足指に何らかのトラブルを抱えていたことにあります。

足指が浮いていたり、指同士がくっついていたり。また、くの字に曲がっている方もいました。こういった方に鍼を打って治療をすると、一時的には腰やひざの症状を緩和することはできるのですが、次に来院するときには症状が元通りになっているということがたびたびありました。

患者様のためにより根本的で継続的な治療法を確立させたい。そんなふうに考えていたとき、足指のセルフケア技術と出会いました。それをきっかけに、簡単に続けられるメソッドを開発し、指導を徹底したところ、足の状態も身体の悩みも改善したという声を多数いただきました。

このメソッドは自宅でできることと合わせ、変化をすぐに体感できることが特徴です。足の習慣を変えることで人生が変わることを、実感していただければと思います。

画像: 鍼治療だけでは根本的に治療できない

その痛み、すべて足指が使えていないから起きています!

使えていないことに気づかない

多くの日本人が、〝浮き指〟であると言われています。浮き指とは、足の指が浮いて地面に接していないことで、立っているときや歩いているときに、ほとんど指が使われていない状態のことを言います。
日常生活に支障をきたすことはありませんが、実は体の不調や痛みの原因になっていることが多いのです。

浮き指のほかに、親指が人差し指のほうに曲がって、指の付け根の関節が突き出る外反母趾や、指がZ字型に固まってしまう槌指(ハンマートゥ)など、見た目にわかりやすい足の症状もあります。
もちろんこれらを放置していることでも体の不調や痛みを引き起こします。

本稿は『神の手鍼灸師 3分足指ほぐし 一生歩ける! 痛みが消える!』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

正しく使えていない足指とは

足指が浮いている!

足の指が浮くと足全体が緩やかに反り返り、重心が後ろにかかり腰痛を引き起こしやすい。

画像: 足指が浮いている!

足指が縮んでいる!

サイズの合わない靴をはくと、足指が使えず、縮んで固まって冷え性などを引き起こす。

画像: 足指が縮んでいる!

親指が曲がっている

いわゆる外反母趾の状態。バランスが取れず、転倒リスクも高い。タコができやすく、またひざなどの関節も痛めがち。

画像: 親指が曲がっている

私たちの8割は足指を使えていない!

フットプリンタで見る足裏の状態

フットプリンタとは、足裏にかかっている圧力の分布を見る足型。これで足裏の状態を見ると、体にどんな不調が起こるかまでわかってしまう。

足指が写っていない。かかとに重心がかかりすぎている。

画像1: フットプリンタで見る足裏の状態

親指と人差し指が重なってしまっている、極度の外反母趾。

画像2: フットプリンタで見る足裏の状態

土踏まずが一切ない。少し歩いただけでも足裏が痛くなる。

画像3: フットプリンタで見る足裏の状態

しっかり使える足指をつくる3分足指ほぐしの特徴

誰でもすぐに効果が出る!!

「足指ほぐし」は、日常的に正しく足指を使えるようになるためのマッサージです。無理のない範囲でおこなっていきましょう。

まとまった時間が取れないという方は、朝昼晩とマッサージのタイミングを分けて、少しずつおこなっても大丈夫です。大事なのは、ふだんから継続して足に触れ、変化を感じていくことです。体を支える足の状態を、マッサージを通して感じてみましょう。

▼体に負荷なく取り組める

筋トレやツボ押しではなく、足指・足裏を整える動きです。体力のない方でも気軽に取り組めます。

▼1回30秒〜1分でできる!!

短い時間で効果を得られるマッサージです。テレビを観ている時間などで取り組みましょう。

▼すぐに必ず変化が見られる!

日常生活で固まりがちな筋肉や関節を動かすので2週間ほど実践しただけで、変化を実感できます。

◇◇◇◇◇

なお、本稿は書籍『神の手鍼灸師 3分足指ほぐし 一生歩ける! 痛みが消える!』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。「足指ほぐし」は、日常的に正しく足指を使えるようになるためのマッサージです。足の指をきちんと使って足裏を整えていくと、全身のバランスが整い体が正常に機能するようになり、さまざまな不調が改善していきます。本書は、基本の足指ほぐし、セルフチェック法、症状別足指ほぐしなど、オールカラーで見やすくまとめています。日常的に取り組みやすい「足指ほぐし」ポスターも付いています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【浮き指・外反母趾】足指ほぐしで予防 足の指を “正しく使う” ことが不調の改善に役立つ
神の手鍼灸師 3分足指ほぐし 一生歩ける! 痛みが消える!
¥1,408
2021-11-12 14:59

This article is a sponsored article by
''.