ヤマハ発動機は、通学に人気の電動アシスト自転車「PAS Ami」と「PAS RIN」の2022年モデルを1月下旬に発売する。特徴は、のびやかで快適な乗り心地を実現し、長距離の通学でも安心の大容量バッテリーや大型のバスケットなどの充実した装備を搭載したこと。また、駐輪時の鍵へのアクセスを考慮し、サークル錠を車体後方に移設している。

ヤマハ
PAS Ami/PAS RIN

●実売価格:PAS Ami=14万800円、PAS RIN=13万6400円

2022年モデルが登場!可愛らしさと実用性を兼ね備えた通学用の電動アシスト自転車

ヤマハ発動機は、通学に人気の電動アシスト自転車「PAS Ami(パス アミ)」と「PAS RIN(パス リン)」を2022年1月下旬に発売する。

「PAS Ami」は、「“かわいい”と“実用性”を両立した通学車」をコンセプトに、便利な装備や機能、 ナチュラルで女性らしい外観デザインを取り入れたモデルだ。カラーは、シアンブルー、マカロンラテ、マットネイビーの3色に加えて、甘すぎないナチュラルな可愛さを表現するマットライトグレーを新たに展開。

「PAS Ami」大型バスケット

画像: 2022年モデルが登場!可愛らしさと実用性を兼ね備えた通学用の電動アシスト自転車

「PAS RIN」は、「シンプルでかっこいい通学車」をコンセプトに、便利な装備や機能はもちろん、ストレートを基調にしたフレームを採用するなど、スポーティでユニセックスなデザインを取り入れたモデル。カラーは、カジュアルかつクールな印象を与えるソリッドグレーとスノーホワイトを新たに展開。継続色のパウダーブルー、マットオリーブ、マットブラックと合わせて全5色を展開する。

主な特徴は、登坂時などの高回転ペダリング時でものびやかで快適な乗り心地(アシストフィーリング)と状況に合わせて全自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」、長距離の通学でも安心の大容量バッテリー(15.4アンペア)などの充実した装備を搭載していること。

画像: スマートパワーアシスト

スマートパワーアシスト

さらに、2022年モデルは、狭い駐輪場の駐輪時にも鍵へのアクセスを容易にするため、サークル錠を車体後方に移設している。

アシストモードは、いずれのモデルも「強モード」「スマートパワーモード」「オートエコモードプラス」の3モード。走行可能距離は、「PAS Ami」の場合、「強モード」で57キロ、「スマートモード」で63キロ、「オートエコモードプラス」で97キロ、「PAS RIN」の場合、「強モード」で59キロ、「スマートモード」で66キロ、「オートエコモードプラス」で94キロとなっている。搭載バッテリーの充電時間は約4時間。車両重量は、「PAS Ami」は28.1キロ、「PAS RIN」は27.9キロ。

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.