「工具はほとんど使わない&100均材料のみ」で、アンティークフレームを作りました。絵やポスターをより引き立ててくれる存在が、フレームです。お部屋や飾る絵のデザインにしっくりくるフレームが見つからない場合は、DIYで作ってみましょう!

アンティークフレームDIY

アンティークフレームに必要な材料

アンティークフレームを作る材料は、すべてセリアで揃えられます。

画像: この写真の材料は全て100均のセリアで調達可能です

この写真の材料は全て100均のセリアで調達可能です

今回の材料は、

・A4木製アートフレーム
・合板
・竹ひご
・ラインストーンシール(パール)

の4つを用意してみました。

ラインストーンシールはパールでなくても良いですが、アンティークのフレームでよく見かけるようなデザインを選ぶことをおすすめします。

まずはカット作業から

最初の作業工程として、買ってきた材料のカットから始めていきます。

「マット」部分の合板をカット

合板のカットから行います。フレームにアンティークぽさをプラスしてくれるのが、「マット」と呼ばれるフレームの内側部分です。合板を使い、なんちゃってマットを足しましょう。

フレームの上下左右の内寸を測り必要なマットの長さを出します。マットの幅はお好みで構わないので、好きな太さを設定してください。

画像: 上下左右の内寸を測り、必要なマットの長さを出していきます

上下左右の内寸を測り、必要なマットの長さを出していきます

筆者は既存のフレーム内寸から2cmほど内側に迫る、細めのマットを追加しました。

画像: 合板をこのような使い方にしているのには理由があります

合板をこのような使い方にしているのには理由があります

カットした部分が嘘みたいにガタガタな状態なこと、合板をもったいない使い方をしていることの2つには、理由があります。

それは筆者はDIYが好きですが、人より不器用なこと。汚い切り口を隠し、合板本来の美しいラインをマット部分として見せられるように、このような切り方をしています。

機械が作るラインはとてもきれいなため、不器用さんはどのようなDIYでも、なるべく「端部分」を活かすのがおすすめです。

ちなみにセリアの合板はカッターでも切れます。少し力が必要ですがジグソーやのこぎりを持っていない人は、カッターで代用してみてください。

装飾部分の竹ひごをカット

アンティーク調のフレームはとにかく「段差」が多いです。

画像: 段差が多いのがアンティーク調フレームの特徴

段差が多いのがアンティーク調フレームの特徴

本物に倣い、竹ひごを使ってフレームの1番外側に段差を作りましょう。竹ヒゴはフレームの外寸に合わせてカットをすればOKです。

画像: 竹ひごを使って、1番外側に段差を作ります

竹ひごを使って、1番外側に段差を作ります

竹ヒゴは素手で2つに折ることができます。ハサミで折りたい場所に傷を付けておくと簡単&きれいに折れますよ。

これでカット作業は終了です。

ボンドで固定&乾燥

続いてカットした合板&竹ヒゴをボンドで固定します。

合板はフレーム裏側の細い枠に取り付けるため、ボンドを塗る面積も狭いです。綿棒や竹串など、狭い場所にボンドが伸ばしやすいアイテムを活用しましょう。

画像: ボンドを塗る面積が狭いため、綿棒や竹串などを利用しましょう

ボンドを塗る面積が狭いため、綿棒や竹串などを利用しましょう

竹ヒゴも同じように綿棒や竹串でボンドを塗り、フレームの外側にぺたり。

画像: 同じようにフレームの外側にボンドで貼り付けていきます

同じようにフレームの外側にボンドで貼り付けていきます

竹ヒゴで作る「段差」の位置は好みなため、フレームの外側でなくてはならないという決まりはありません。マット部分や好きな位置に貼り付けてみたり、2重にラインにしたりといったアイデアもおしゃれです。

合板・竹ヒゴをくっつけたら、ボンドが乾くのを待ちます。



This article is a sponsored article by
''.