日本エイサーは、ワイヤレス投写が可能なプロジェクターとして「X1128i」を発売した。本機は、最大300インチの大画面投写が可能なのが特徴で、4500ANSIルーメンの高輝度設計だから、日中の室内でも鮮明な映像を投写することができる。また、付属するWi-Fiドングルとのペアリングにより、ワイヤレスでの投写が可能だから、煩わしい映像ケーブルを配線することなく設置することができる。

エイサー
X1128i

●実売価格:4万6800円程度

4500ANSIルーメンの高輝度設計で、日中の室内でも鮮明な映像を投影可能なプロジェクター

日本エイサーは、最大300インチの大画面を写し出す、ワイヤレス投写が可能なプロジェクター「X1128i」を発売した。

画像1: 4500ANSIルーメンの高輝度設計で、日中の室内でも鮮明な映像を投影可能なプロジェクター

「X1128i」は、最大300インチの大画面投写が可能で、4500ANSIルーメンの高輝度設定により太陽光が入るような明るい部屋やオフィスでも鮮やかに投写すことができる。解像度はSVGA (800x600)で、スクリーンから本製品までの投写距離は1.0m~最大11.8mまで対応する。

画像2: 4500ANSIルーメンの高輝度設計で、日中の室内でも鮮明な映像を投影可能なプロジェクター

また、付属するWi-Fiドングルとのペアリングにより、映像出力端子や変換アダプターがなくても、スマートフォンやPCからのワイヤレス投写できるので、ケーブルの配線などの煩わしさから解放される。

「X1128i」は、Miracastテクノロジー対応機器とのスクリーンミラーリングにも対応しているので、専用アプリケーションのインストールをしなくても投写することができる。

画像3: 4500ANSIルーメンの高輝度設計で、日中の室内でも鮮明な映像を投影可能なプロジェクター

コントラスト比は、最大2万対1と高く、メリハリのある映像を楽しめる。3Dや2Dの投写コンテンツの色調整を自動で行い鮮やかに写し出すAcer ColorBoost(カラーブースト) 3Dテクノロジーや、映像のフレームを分析して最適な見え方に調整するAcer LumiSense(ルミセンス)テクノロジーといった、同社の独自機能を搭載。

目の負担を軽減するブルーライトシールド機能にも対応し、最大で30%までブルーライトをカットすることができる。さらに上下方向の映像のひずみを補正できる台形補正機能を搭載しており、最大40°まで映像のひずみを補正してくれる。

本機には、3Wのスピーカーが内蔵されているので、外付けのスピーカーを接続しなくても迫力あるサウンドで映像を楽しむことができる。

本体サイズは幅約313mm、奥行き240mm、高さ113.7mm、質量は約2.8kg。ランプの寿命は最大で1万5000時間(ExtremeECOモード時)。

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.