夏は外気が暑いため、体が熱を作ろうとせず代謝が落ちやすい時期です。「暑いから」といって冷たいものばかり取ると、むくみや冷えの原因に。そんな「夏太り」や食欲不振などの「夏バテ」は、代謝をよくする食事で撃退しましょう。夏の食べ養生について、書籍『春夏秋冬 疲れ取りごはん 心も体も軽くなる「食べ養生」大全』著者の関口絢子さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士。東京都生まれ、川村学園短期大学食物学科卒業。「食とアンチエイジング」の関係が注目されていなかった15年以上前から、インナービューティースペシャリストとして情報を発信し、先頭を走り続ける。テレビや雑誌等のメディアを中心に、健康・美容・ダイエットに関するレシピや栄養情報を提供。2020年に開設したYouTube「関口絢子のウェルネスキッチン」は登録者15万人を超える人気チャンネルとなっている。米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー、日本抗加齢医学会認定抗加齢指導士。

本稿は『春夏秋冬 疲れ取りごはん 心も体も軽くなる「食べ養生」大全』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/祖父江ヒロコ

夏は代謝を意識して暑さと紫外線のダメージ対策を

夏の疲労は、不快な気温や湿度によって心身が不安定になることが原因です。
「暑気あたり」や「暑さ負け」といわれるように、暑さで食欲不振に陥り栄養の偏りが生じたり、寝苦しさから睡眠不足になったりして、疲れを感じやすくなります。

画像1: 夏は代謝を意識して暑さと紫外線のダメージ対策を

さらに、冷房のきいた部屋で体を冷やしたり、暑さをやわらげようと冷たい食べものや飲みものを取ることが多くなったりすると、消化不良を起こすことで体力が失われ、体調を崩しやすくなります。
冷えは代謝を悪くするため、ますます疲労が回復しにくい体になってしまいます。

そんな夏の疲れは、実は梅雨どきからはじまります。暑さだけではなく湿度も関係しているからです。
湿度が高い日が続くと体は発汗しにくい状態になり、水分をため込み倦怠感を引き起こしたり、汗をかいても蒸発しにくくなることで体温調節がうまくいかなくなったりして、体調不良に陥ることがあります。

代謝不良による不調は、梅雨が明けて夏になれば湿度が下がるから解消されるのかというと、そうでもありません。
汗をかくから代謝がよいと思われがちですが、暑さで体を動かすのがおっくうになったり、冷たいものの取りすぎや冷房で体が冷えたりと、代謝が悪くなっていることもあります。
代謝が鈍ったり、外と建物のなかの温度差で自律神経のバランスが乱れたりすることで、気づかないうちにジワジワとダメージが進行する。夏はそういったことにも注意が必要です。

疲れが抜けない、だるいなどといった体のSOSのサインにも気を付けて、早めの対策をすることが本格的な夏バテを防ぐためのポイントです。
夏の疲れを感じる前から、代謝を上げる食品、抗酸化効果のある食品を意識して取って、体を整えましょう。

画像2: 夏は代謝を意識して暑さと紫外線のダメージ対策を

夏に起こりがちな不調

食欲がない
手先足先が冷える
疲れやすい
シミができやすい
便秘がちである
胃腸の調子が悪い
汗の量が少ないと感じる

夏は外気が暑いため、体が熱を作ろうとせず代謝が落ちやすい時期。「暑いから」と冷たいものばかり取ると、むくみや冷えの原因に。そんな「夏太り」や食欲不振などの「夏バテ」は、代謝をよくする食事で撃退しましょう。

彩り野菜で体内の酸化を防ぎ、代謝とスタミナをアップ

夏に旬を迎える食材というと、色鮮やかな夏野菜が思い浮かぶのではないでしょうか。

野菜類には全般的にビタミン類やミネラルが含まれますが、色の濃い緑黄色野菜には特に抗酸化作用のあるβカロテンやその他のビタミン類、各種ミネラルがたっぷり。
しかも、旬の時期には、良質な栄養成分をしっかりためているのです。
夏野菜の栄養の豊富さは、野菜自身が紫外線や暑さから身を守るため。水分やカリウムを多く含み、利尿作用で不要なものを排出する手助けをしてくれる野菜も豊富です。

画像1: 彩り野菜で体内の酸化を防ぎ、代謝とスタミナをアップ

薬味やスパイス、ハーブ類など、香りが強い野菜の香り成分には、ポリフェノール類をはじめとする希少な栄養成分が含まれています。
香りで食欲がそそられたり、スタミナアップの栄養素を含んでいたりするので、普段のメニューにお気に入りの薬味を積極的に添えてみてください。
また、スパイス類には代謝をよくするものが多いので、冷たいものの飲みすぎで冷えた体や、代謝が鈍ってむくんだり、重く感じたりする体をスッキリさせてくれます。

運動時や酷暑に水分補給として推奨されるスポーツドリンクや機能性ドリンクには、発汗によって失われがちな栄養素や、体の調子を整えるのに役立つ栄養素、スタミナを補う栄養素などが含まれています。
それらの栄養成分は、もともとは私たちが食材としていただいているものに含まれているもの。普段からしっかり栄養バランスのよい食生活を意識していれば、深刻な体調不良は起きにくいはずです。
とはいえ、夏は食欲が落ちがちでもあります。できるだけパワーのある食材から、効率よく栄養素を取って、体内の栄養バランスの底上げをしておきましょう。

画像2: 彩り野菜で体内の酸化を防ぎ、代謝とスタミナをアップ

夏のおすすめ献立例


ほうれん草とパプリカのオムレツ
キウイとパインの美肌ペプチドドリンク

画像1: 夏のおすすめ献立例


納豆とツナのガパオごはん
オクラのみそ漬け

画像2: 夏のおすすめ献立例


ピーマンと豚肉のガリ旨炒め
トマトのサワーマリネ
玄米ごはん
豆腐とミョウガのみそ汁

画像3: 夏のおすすめ献立例

本稿は『春夏秋冬 疲れ取りごはん 心も体も軽くなる「食べ養生」大全』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.