【ネット銀行のメリット】手数料は?金利は?メガバンクと比較

暮らし・生活・ペット

最近、契約者が激増中のネット銀行。基本的に実店舗を持たず、パソコンやスマホで大半の手続きを行うことができる銀行のことです。ネット銀行と契約すれば、わざわざ銀行のATMや店舗に行くことなく、残高照会や振込ができます。コンビニATMで現金を引き出すことも可能です。そのほか、ネット銀行の長所を知っておきましょう。

別記事はコチラ→【ネット銀行とは】メリット・デメリットは?普通の銀行との違いは?

振込手数料が安く、預金金利が高い

ネット銀行にはさまざまなメリットがありますが、最もわかりやすいのが手数料の安さや預金金利の高さでしょう。サービス内容をメガバンクと比較すると、その違いがはっきりとわかります。

メガバンクよりかなり有利

ネット銀行では徹底的に運営コストを削減しているため、手数料や金利面でメガバンクより有利なサービスを提供しています。

まず他行宛のネット振込手数料を比較すると、3大メガバンクでは3万円以上から振込手数料がアップしてしまいます。一方、大半のネット銀行では振込金額にかかわらず、手数料は一律。手数料自体も安いところが多く、GMOあおぞらネット銀行は75円、住信SBIネット銀行は77円と格安です。

他行宛ネット振込手数料の比較

メガバンクの場合、3万円を境に振込手数料が上がるが、ネット銀行では金額にかかわらず一律の場合が大半だ。また、手数料自体も安いところが多い。

●ネット銀行の例

住信SBIネット銀行(一律で安い!)
3万円未満:77円/回
3万円以上:77円/回

●メガバンクの例

三菱UFJ銀行
3万円未満:154円/回
3万円以上:220円/回

ATM手数料が一定回数無料に

ATMで入出金する場合は、時間帯や場所によって手数料がかかりますが、ネット銀行なら一定回数が無条件で無料になるところがあります。また、イオン銀行の場合は自行ATMなら24時間無料。さらに、提携先のゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行のATMを平日の日中、無料で使えます。

ネット銀行によっては、無条件で振込手数料が一定回数無料になるのも特徴。例えば、SBJ銀行は通常220円でネット銀行の中ではやや割高に感じますが、月5回までは無料で振込ができるので大変お得です。

振込手数料が一定回数まで無料の銀行も

ネット銀行によっては、振込手数料を無条件で一定回数まで無料で提供している。特にSBJ銀行は月5回まで無料なのでかなりお得だ。一定金額以上の預金をすれば、回数制限が緩くなり、月10回まで無料になるネット銀行もある。

ATM入出金手数料がお得に

●ネット銀行なら無料で出金しやすい
ネット銀行の場合、無条件で一定回数無料でATMを利用できるところが多い。また、ATMの種類によっても無料で利用できるケースがある。

SBJ銀行(最大優遇時は何回でも無料)
無条件で月­­­­­­13回までATM手数料が無料!

ソニー銀行(最大優遇時は何回でも無料)
無条件で月4回までATM手数料が無料!

イオン銀行(手数料がかかる場合でも最大優遇時は月5回無料)
自行ATMは24時間無料提携ATMの一部も平日の日中なら無料

●メガバンクは時間外手数料がネック
メガバンクのATMの場合、特定の日を除き、夜間や土日祝日の利用は時間外手数料がかかるのが原則だ。

預金金利100倍のネット銀行もある!

預金金利に関しても、ネット銀行が圧倒的に有利です。メガバンク・準メガバンクでは、長引く超低金利政策により、普通預金金利は0.001%、定期預金金利は0.002%で横並びの状況。

一方、ネット銀行では普通預金、定期預金ともに金利が高い銀行が充実しています。例えば、SBJ銀行は、普通預金金利が0.02%でメガバンクの20倍。5年定期の預金金利にいたっては0.2%と、メガバンクの100倍もの金利が付きます。

ローソン銀行の普通預金金利は、300万円未満ではメガバンクと同水準ですが、300万円以上になると0.15%とメガバンクの150倍になります。

auじぶん銀行は、関連サービスを利用することで、普通預金金利が最大0.2%にアップします。

預金金利はネット銀行のほうが高め

●ネット銀行なら金利が有利

SBJ銀行 普通預金金利
0.02%
定期預金金利
1年:0.12%、3年:0.15%、5年:0.20%
楽天銀行 普通預金金利
0.02 ~0.10% ※1
定期預金金利
1年:0.02%、3年:0.02%、5年:0.02%
auじぶん銀行 普通預金金利
0.001 ~0.20% ※2
定期預金金利
1年:0.050%、3年:0.030%、5年:0.030%
※1:通常0.02%。楽天カードの利用金額の引き落としがある場合は0.04%。
楽天証券口座と連携の「マネーブリッジ」の利用で0.10%。
※2:通常0.001%。「au PAY アプリ」との連携で+0.05%、「au PAY カード」
の引き落としで+0.05%、「auマネーコネクト」の設定で+0.099%の上乗せとなり、最大0.20%。

●メガバンクは超低金利で横並び

メガバンク3行は、普通預金も定期預金も金利に差がない。超低金利とはいえ寂しい限りだ。

三菱UFJ銀行 普通預金金利
0.001%
定期預金金利
1年:0.002%、3年:0.002%、5年:0.002%
三井住友銀行 普通預金金利
0.001%
定期預金金利
1年:0.002%、3年:0.002%、5年:0.002%
みずほ銀行 普通預金金利
0.001%
定期預金金利
1年:0.002%、3年:0.002%、5年:0.002%

◆この記事は2022年3月12日発行の「絶対得する!ネット銀行の賢い選び方&使い方」(マキノ出版)から掲載しています。記事内の情報は発行日のものです。最新の情報は各銀行の公式サイト等をご確認ください。

スポンサーリンク
暮らし・生活・ペット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース