【BenQ】最上級のシネマグラフィックとサウンドを実現したゲーミングプロジェクター かつてない映像体験ができる

家電・AV

ベンキュージャパンは、ゲーミングプロジェクターXシリーズの第1弾として「X3000i」を発売した。本製品は、4LED(RGBB)光源を採用しているのが特徴のプロジェクターで、一般的なLED(RGB)光源と比べて8~12%以上の明るさを実現している。3000ANSIルーメンの高輝度により、照明がついているような明るい環境下でも視聴が可能となっている。

BenQ
X3000i

●価格:28万7000円

最高のゲーミング環境をつくるという目標のもとで開発したゲーミングプロジェクター

ベンキュージャパンは、ゲーミングプロジェクターXシリーズの第1弾として「X3000i」を発売した。

本製品は、4K UHDの解像度、HDR10 & HLG対応、3000ANSI ルーメン、4LED(RGBB)を採用し、一般的なLED (RGB)光源よりも8~12%以上の明るさを実現している。また、正確な色味を再現するCinematicColor技術により、DCI-P3カバー率100%の広色域を可能とし、緑と赤の色調をより鮮やかに映し出すことができる。

さらに、シーンごとに適切な光量と黒レベルを調整するDynamic Black技術によるコントラスト比55万対 1の映像表現、業界最高水準となるリフレッシュレート240Hz動作時、応答速度4msで、さまざまなゲームジャンルにおいてもシームレスでスムーズなプレイを可能にした。

ゲームイメージ

サウンド面では、treVoloスピーカー(5W)を2機搭載し、迫力のあるサウンドを実現。Bongiovi DPS(デジタルパワーステーション)の技術を新たに採用し、サウンドに深み、明瞭感、精細感、存在感をもたせ、定位感を強化している。ゲームをはじめ、映画、音楽映像の鑑賞など、あらゆる場面において鮮明でパワフルなサウンドを楽しむことができる。さらに、3つの専用ゲームモード(RPG/SPG/FPS)の搭載によって、それぞれのジャンルのゲームに合わせて設計された最適なビジュアルおよびオーディオでプレイを楽しむことができる。

本機では、光源にLED方式を採用したことにより、最大2万時間(省電力モードでは最大3万時間)の長寿命を実現したうえ、低発熱で静音性に優れている(エコモード時28dBA)ため、冷却ファンなどの動作音も気にならない。さらに、オートカラーキャリブレーション機能を装備。約10年にわたる長期間の使用でも美しい色彩と色精度を維持し、ユーザーはメンテナンスフリーで大画面でのゲームプレイを楽しむことができる。

また、1.3倍のズームレンズの搭載で、2.5メートル・100インチの大画面を実現。自動垂直台形補正機能に加え、最大30度までの手動水平台形補正機能により、正面だけでなく斜めからの投写にも対応している。プロジェクターをサイドテーブルの上や棚の上に置いても、スクリーンの正面に設置した場合と同じように映像を映し出すことが可能。さらに、さまざまな家庭用ゲーム機の入出力端子に対応しており、設置場所の自由度および接続性の高さも大きなポイントだ。

補正イメージ

PS5はじめさまざまなゲーム機と接続可能な豊富なインターフェイス

2つのHDMI 2.0bポート(1つはeARC対応)、USB-Aポート(ストリーミングデバイスに給電可能)、S/PDIF、イヤホンジャック、電源コネクタ、RS-232ポートを備え、PlayStation5、PlayStation 4 Pro、PlayStation 4、PlayStation Slim、Xbox Series X|S、XBox One X、Xbox One S、NitendoSwitchといった家庭用ゲーム機との接続も可能。

本体サイズは、幅272mm、奥行き259mm、高さ207mm、重さは約6.6kg。投影サイズは、約60~180インチ、投影距離は2.5ⅿで100インチ。当社方式は単盤DLP方式で、輝度は3000ANSIルーメン。色再現性は、約10億7000万色。リモコンとAndroid TV ドングルが付属する。

※価格は記事作成当時のものです。

家電・AVガジェットゲーム
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース