ここでは、エクセルで作成した資料で印刷するときだけセルに罫線を付ける方法を解説する。表に罫線が付いていない場合、画面で見るだけなら問題なくても、印刷すると見づらくなってしまいます。エクセルには、印刷時だけ自動的に罫線を付ける機能があるので、ぜひ活用しましょう。

印刷時に見やすくなるコツ

印刷するときだけセルに罫線を付けたい

表に罫線が付いていない場合、画面で見るだけなら問題なくても、印刷すると見づらくなってしまいます。エクセルには、印刷時だけ自動的に罫線を付ける機能があるので、ぜひ活用しましょう。

「ページレイアウト」タブを開き()、「枠線」にある「印刷」にチェックを付ける()。

画像1: 印刷するときだけセルに罫線を付けたい

印刷プレビューで確認すると、表に罫線が引かれていることがわかる。

画像2: 印刷するときだけセルに罫線を付けたい

※この記事は『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.