アイロボットジャパンは、ロボット掃除機「ルンバ」の最新モデルとして「ルンバ i2」を発売した。本製品は、ルンバ史上最安価にてマーケットに投入される価格戦略モデルで、国内で一番売れているロボット掃除機「ルンバe5」の後継モデルになる。

アイロボット
ルンバ i2

●価格:3万9800円

ルンバ史上最高のコストパフォーマンスを誇るロボット掃除機

アイロボットジャパンは、ロボット掃除機「ルンバ」の最新モデルとして「ルンバ i2」を発売した。

画像1: ルンバ史上最高のコストパフォーマンスを誇るロボット掃除機

本製品は、ルンバ史上最安価にてマーケットに投入される価格戦略モデルで、国内で一番売れているロボット掃除機「ルンバe5」の後継モデルになる。

「e5」からの進化ポイントは、フロアトランキングなどの各種センサーが進化しており、距離を把握しながら、各部屋を移動し、無駄のない効率的な動きで床を掃除してくれる。

画像2: ルンバ史上最高のコストパフォーマンスを誇るロボット掃除機

また、スマホ用のアプリ「iRobot Home」に「Clean Map」の作成が可能になっているから、掃除した範囲や掃除した時間などの詳しい情報をアプリ上で確認することができる。ほかにも、掃除のスケジュール設定や外出先からでも掃除が開始させることができ、GoogleアシスタントやAmazon Alexa、Siriショートカットを使うことで、話しかけるだけでルンバを操作することが可能になっている。

画像3: ルンバ史上最高のコストパフォーマンスを誇るロボット掃除機

エッジクリーニングブラシは、部屋の隅の取りにくいゴミを掻き出し、ゴム製のデュアルアクションブラシでフローリングやカーペットに密着しながらゴミを確実に取り除いてくれる。ゴム製のブラシを採用により、髪の毛やペットの毛などが絡まりにくく、メンテナンス性にも優れている。

画像4: ルンバ史上最高のコストパフォーマンスを誇るロボット掃除機

吸引力は、「e5」に比べて10倍にアップしたことで大きなゴミはもちろんのこと、微細なハウスダストまで逃さず取り除いてくれる。2種類のブラシがゴミを浮かせてパワフルに吸引し、目に見えないアレルゲンも99%捉えるダストカップフィルターで除去してくれる。

画像: 大きなゴミはもちろんのこと、微細はハウスダストまで逃さず取り除いてくれる

大きなゴミはもちろんのこと、微細はハウスダストまで逃さず取り除いてくれる

光学式マウスに似た技術を用いたフロアトラッキングセンサーによるナビゲーションやタイヤの回転数などでルンバが自己位置を特定。カメラセンサーがなくても移動距離を把握しながら各部屋を移動し、無駄なく直線的・効率的に床を清掃することが可能になっている。また、バッテリー残量が少なくなると自動でホームベースに戻り充電。その後中断したところから再開し、掃除を最後までやり遂げてくれる。

画像5: ルンバ史上最高のコストパフォーマンスを誇るロボット掃除機

サブスクリプションサービスにも対応しており、1ヶ月のお試し期間を設けた「おためし1ヶ月コース」(1,980円)のほか、契約期間が36ヶ月間、契約満了時には所有権がユーザーに移転する「あんしん継続コース」(1,280円)も用意している。

本体サイズは、最大幅が、34.2cm、高さは、9.2cm、重さは、約3.2kg。電源は、リチウムイオン潤電池を使用し、約3時間の充電で最大75分稼働する。

アイロボット:ルンバ i2 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.