スマホに通知を許可するかどうかはアプリごとに設定できます。iPhone、Androidともに「設定」→「通知」に進んで、アプリを選択すると、通知の設定を行えます。さらに、アプリ個別の「設定」画面で、より細かい通知の設定が行える場合もあるので、確認してみましょう。

本記事はiOS15 iPhone 13 Pro、Andorid12 AQUOS sence6を例に解説しています。

頻繁に表示される通知煩わしい

スマホの画面には、さまざまな通知が表示されます。待っていたメールが届いた、重要なアップデートがあるなど、必要な通知がある一方、知らなくてもいい通知もあったりします。

通知を許可するかどうかはアプリごとに設定できます。iPhone、Androidともに「設定」→「通知」に進んで、アプリを選択すると、通知の設定を行えます。

なお、アプリ個別の「設定」画面で、より細かい通知の設定が行える場合もあるので、確認してみましょう。

iPhone

「設定」→「通知」に進んで、通知をオフにしたいアプリを選択する。

画像1: 頻繁に表示される通知が煩わしい!

すべての通知を一括してオフにすることも、一部の通知だけをオフにすることもできる。

画像2: 頻繁に表示される通知が煩わしい!

Android

「設定」→「通知」に進んで、「アプリの設定」をタップ。

画像3: 頻繁に表示される通知が煩わしい!

通知をオフにしたいアプリを選択して、一括または一部の通知をオフに設定できる。

画像4: 頻繁に表示される通知が煩わしい!

※この記事は『今さら聞けない&はじめてのスマホ安心ガイド』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.