ハーマンインターナショナルは、JBLブランドより、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL CHARGE」シリーズの新モデルとして「JBL CHARGE Essential 2(チャージエッセンシャル 2)」を発売した。本製品は、音楽再生を楽しむスピーカーとしてだけでなく、モバイルバッテリーとしても使用可能なポータブルBluetoothスピーカーとなっている。

JBL
JBL CHARGE Essential 2

●価格:1万4800円

モバイルバッテリーとしても使えるポータブルスピーカー

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドより、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL CHARGE」シリーズの新モデルとして「JBL CHARGE Essential 2(チャージエッセンシャル 2)」を発売した。

画像1: モバイルバッテリーとしても使えるポータブルスピーカー

本製品は、音楽再生を楽しむスピーカーとしてだけでなく、モバイルバッテリーとしても使用可能なポータブルBluetoothスピーカーとなっている。

新モデルでは、従来モデルの「JBL CHARGE Essential」と比較し、特に音質面において大幅にアップデートされており、従来モデルの出力が20Wであったのに対し、新モデルでは最大40Wの出力にグレードアップされている。さらに、楕円形ウーファー、独立した高音域ユニット、パッシブラジエーター2基を搭載したことにより、より深みのある重低音と大音量を実現し、あらゆる場所で迫力のあるサウンドを楽しむことができる。

搭載するバッテリーは、最大約20時間の連続再生が可能で、外出先でバッテリー切れを気にすることなく使用することができる。また、IPX7の防水性能も装備しているから、キッチンやお風呂場などの水回りはもちろんのこと、突然の雨や水没が心配されるキャンプでの使用でも安心して使用することが可能だ。

画像2: モバイルバッテリーとしても使えるポータブルスピーカー

さらに、大容量のバッテリーを装備することで、スマホやタブレットなどのデバイスにも充電可能なモバイルバッテリーとしても使うことができる。充電は、本製品の音楽機能を止めることなく行える。

画像: USB端子は、最新モデルと同じUSB Type-Cを採用。チャージ用端子も備わっている。

USB端子は、最新モデルと同じUSB Type-Cを採用。チャージ用端子も備わっている。

本体サイズは、幅220mm、奥行き93.4mm、高さ96mm、重さは930g。Bluetoothのバージョンは、5.1。対応コーデックはSBC。バッテリーは、約4時間の充電で、20時間程度の連続使用が可能となっている。

画像3: モバイルバッテリーとしても使えるポータブルスピーカー

ハーマンインターナショナル:JBL CHARGE Essential 2の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.