オンラインでのミーティングが当たり前の時代になり、今やたいていのPCユーザーが何らかのカタチで持っているのがウエブカメラ。ノートPCやディスプレイに搭載されている場合も多いが、単体で購入したカメラをPCに接続して使っているという人も多いだろう。今回レビューするのは、そんな単体のウエブカメラ製品「OBSBOT Tiny 4K」(オブスボット タイニー ヨンケー)。その名のとおり、4K高解像度に対応するほか、AI(人工知能)を搭載し、ほかにはない画期的な独自機能を実現しているという。いったいどんな内容なのか、細かく見ていこう。

AI(人工知能)をベースにした製品を開発

シリーズ初の4K高解像度対応

「OBSBOT Tiny 4K」をリリースするのは、中国・深セン市を本拠地とするRemo Tech(レモテック)社。2016年に設立され、AIの専門研究室出身のスタッフによる数年間の基礎研究を経たのちに「OBSBOT」ブランドを世に送り出した。2019年以降、次々と新コンセプトのAIカメラをリリースしてきた中で、シリーズ初の4K対応ウエブカメラとなるのが、2021年11月に登場した「OBSBOT Tiny 4K」である。

画像: シリーズ初の4K高解像度対応

シンプルで安定感のあるスタイル

滑らかに動く2軸ジンバル

「OBSBOT Tiny 4K」でまず目を引くのは、2軸のジンバル(回転台)を擁する独特のスタイル。横軸と縦軸に回転するこのジンバルが何をしてくれるのかというと、被写体となる人物をカメラ内蔵のAIが認識して、その動きに合わせて上下左右にカメラの向きを変える。2軸の動作範囲は横軸が±150°、縦軸が±45°で、画面上の主役となる人物をダイナミックに追い続けるのだ。

人物を認識させるためのプロセスは特に必要ない。カメラの前に立つ(あるいは座る)だけで、AIが「はいはい、この人ですね」という感じでおもむろに認識してくれる。このジンバルがある土台部分は、そのままこのカメラの撮影台として機能するので、撮影時の使い勝手も非常にいい。なお、この本体にはマイクも内蔵されており、映像とともに音声も記録できる。

画像: ジンバルの上にカメラが載るスタイル。アニメや映画のキャラクターみたいでかわいい。

ジンバルの上にカメラが載るスタイル。アニメや映画のキャラクターみたいでかわいい。

背面には電源ポートとUSB-C端子を装備

「OBSBOT Tiny 4K」とPCとの接続は、USB-Cケーブルで行う。PC側にType-Cポートがなく、Type-Aのポートしかない場合は、Type-CをType Aに変換するアダプター(付属)を使って接続することになる。なお、その場合は、カメラを駆動する電力が足りなくなるため、USB-A to DC 給電ケーブル(付属)で電源ポートにつないでやらなければならない。

画像: 背面にはDC 電源ポートとUSB Type-Cの端子がある。

背面にはDC 電源ポートとUSB Type-Cの端子がある。

持ち運びに便利なポーチが付属

ファブリック地で触り心地がいい

持ち運びするときはもちろんのこと、ふだん使わないときに本体や付属品を収納しておけるポーチがセットされているのもいい。チャコールカラーのファブリック地で触り心地がよく、バッグやスーツケースなどに収めるのにも馴染む。サイズは横は約120㎜、縦は約120㎜、高さは約84㎜(いずれも実測値)。こうしたガジェットまわりの小物類は意外と管理がめんどうなので、この専用キャリングポーチの存在はありがたい。

画像: このポーチがとても便利。

このポーチがとても便利。

持ち運び時の衝撃にも配慮

ポーチの中にカメラ本体、PCディスプレイに装着するためのスタンド(マグネット土台)、ケーブル類、アダプターが収まる。クッション材にキチッと収まるので、持ち運び時にも安心。

画像: 本体と付属品がスッキリと収まる。

本体と付属品がスッキリと収まる。

本体のほかに付属しているのはこの4品。左上から時計回りにマグネット土台、USB-A to DC 給電ケーブル、USB-C to USB-C ケーブル、USB-C (メス) to USB-A (オス) アダプター。

画像: マグネット土台とケーブル2種、アダプターが付属する。

マグネット土台とケーブル2種、アダプターが付属する。

読みやすい取扱説明書も同梱

手間のかかるセットアップ作業は不要で、直感的に使いはじめることができる「OBSBOT Tiny 4K」だが、一方でしっかりしたユーザーマニュアルが同梱されているのも好印象(英語、中国語、日本語、ドイツ語、韓国語、フランス語に対応)。後述するが、カメラの動作状態を4色の光の点灯/点滅で知らせるインジケーターステータスの内容を確認するのに、このマニュアルは便利だった。

画像: 取扱説明書も同梱。すっきりとしていて読みやすい。

取扱説明書も同梱。すっきりとしていて読みやすい。

設置の自由度も高い

本体のみでも自立。三脚に載せてもOK

ジンバル部を土台とする本体は、そのまま自立して撮影が可能。底面にはリング状にラバーが張られており、テーブルなどに置いたときの緩衝材にもなるし、ジンバルでカメラが回転するときも、滑り止めになって安定する。また、底面中央には三脚用ネジ穴(1/4インチ)もあるので、三脚にセットすればさらに安定性や設置の自由度が高まる。さらに、ネジ穴の周辺はマグネット仕様になっている。

画像: 底面には三脚座用のネジ穴がある。

底面には三脚座用のネジ穴がある。

マグネット土台を使ってPCディスプレイの上に装着

オンライン会議などでウエブカメラとして使う場合は、付属のマグネット土台を使ってPCのディスプレイの上に装着する。先述したとおり、カメラ本体は底面がマグネット仕様になっているので、マグネット土台に簡単に接合できる。

画像: ノートPCのディスプレイにマグネット土台を装着。

ノートPCのディスプレイにマグネット土台を装着。

画像: マグネット土台の上に本体を載せる。マグネットでしっかりと接合している。

マグネット土台の上に本体を載せる。マグネットでしっかりと接合している。



This article is a sponsored article by
''.