【アイリスオーヤマ】4Kチューナー内蔵スマート液晶テレビ|独自のAIオート機能で臨場感のある映像と音響に自動調整してくれる

家電・AV

アイリスオーヤマは、LUCAシリーズの新製品として「4K チューナー内蔵スマートテレビ」を5モデル発売した。いずれのモデルも、Dolby Vision(ドルビービジョン)とDolby Atoms(ドルビーアトモス)を搭載しているのが特徴で、色彩豊かな、臨場感あふれる映像表現が可能となっている。

アイリスオーヤマ
LUCA 4K チューナー内蔵スマートテレビ

●実売価格:XQDA20=14万800円程度(55V型)、XDA20S=16万2800円程度(65V型)、XDA20=10万9800円程度(55V型)/9万8800円程度(50V型)/8万7800円程度(43V型)

アイリスオーヤマは、LUCAシリーズの新製品として「4K チューナー内蔵スマートテレビ」を5モデル発売した。いずれのモデルも、Dolby Vision(ドルビービジョン)とDolby Atoms(ドルビーアトモス)を搭載しているのが特徴で、色彩豊かな、臨場感あふれる映像表現が可能となっている。

55XQDA20(量子ドット技術採用モデル)

「55XQDA20」は、粒子ドット技術「QLED」を採用しており、従来の液晶テレビでは表現するのが難しかった鮮やかな色彩とリアルな緑色、赤色を表現することが可能となっている。これにより、4K映像コンテンツやネット動画サービスで視聴できる様々なジャンルの映像コンテンツに対して、まるで、目の前に広がっているかのような映像体験ができる。

QLEDパネルのイメージ図

いずれのモデルも、3次元のリアルな立体音響を実現する「Dolby Atmos」に対応しており、頭上を含め、あらゆる位置に特定の音を定位または移動させることで立体的なサウンドを体感することができるから、まるでその場にいるかのような没入感を味わうことが可能。

Dolby Atomsに対応(音のイメージ)

また、Android TVの搭載により、40万本以上の映画や番組を探すことができるほか、Googleでテレビを音声操作したり、Chromecast built-inを使って、デバイスからテレビに写真や動画、音楽を簡単に流し込むことができる。

リモコンの上部には、YouTube、hulu、Amazon prime video、など6つのネット動画サービスにダイレクトでアクセスできるボタンを備えているから、簡単操作で動画アプリに直接アクセスす可能。

さらに、独自の「AIオート機能」の搭載によって、映像ジャンルに合う臨場感あふれる映像と音響を自動で調整して表現してくれる。例えば、ニュースであれば、映像や人物を自然な色合いで表現しつつ、聞き取りやすいクリアな音声に調整してくれる。映画であれば、フィルム感のある色合いと立体感のある音響で映画館で体感するような空間を、はたまた、スポーツであれば、選手の動きを際立たせ、スタジアムの歓声に包み込まれいるかのような臨場感を演出してくれる。そのほか、個人の好みを簡単にAIオート映像に反映できる「かんたん映像設定」モードを新たに追加している。

(1)「ニュース」:映像や人物を自然な色合いで表現、聞き取りやすくクリアな音声で情報が軽やかに耳に届く
(2)「音楽」:自然な色合いで暗部もくっきりした映像と質感とバランスの良いサウンドでライブ感を再現
(3)「映画」:フィルム感のある色合いと、臨場感のあるサウンドで、映画館の興奮を自宅で楽しめる
(4)「スポーツ」:園主の動きを際立たせ、スタジアムの歓声に包み込まれいるかのような臨場感を演出
(5)「アニメ」:明るく、はっきりとしたアニメーション独特の色づかいを滑らかに、美しく描き出す

声でテレビの操作をもっと便利にすることが可能となっており、リモコンのGoogleアシスタントボタンを押して、リモコン上部にあるマイクに向かって話しかければ、素早く映画や番組を探したり、気分にあったオススメを調べたり、スマートホームデバイスを操作したりできる。

Googleアシスタントボタンを押して、マイクに話しかければ、検索や操作が可能

いずれのモデルも、HDMI端子を3つ、eARC対応のHDMI端子を1つ、LANポート1つ、USB3.0端子1つ、USB2.0端子1つ、光デジタル音声出力、3.5mmのステレオミニジャック1つを装備している。

◆アイリスオーヤマ:LUCAシリーズ 「4KQLEDスマートテレビ」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。

家電・AVテレビガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース