シロカは、遠赤外線を使用したヒータの新モデルとして「遠赤軽量ヒーター かるポカ SN-M351」と「遠赤軽量ヒーター かるポカ SN-M371」の2モデルと発売した。いずれの製品も、遠赤外線と輻射熱のダブルの熱効果で、効率的に部屋と身体を温めてくれるモデルとなっている。

シロカ
遠赤軽量ヒーター かるポカ

●実売価格:SN-M351=2万3000円程度、SN-M371=2万5000円程度

シロカは、遠赤外線を使用したヒータの新モデルとして「遠赤軽量ヒーター かるポカ SN-M351」と「遠赤軽量ヒーター かるポカ SN-M371」の2モデルと発売した。

画像: 写真左から「SN-M351」「SN-M371」。

写真左から「SN-M351」「SN-M371」。

いずれの製品も、遠赤外線と輻射熱のダブルの熱効果で、効率的に部屋と身体を温めてくれるモデルとなっている。ファンを搭載していないから、部屋にほこりが舞うようなこともなくじんわりと温めてくれる。また、肌やのどに風が当たり続けることによる乾燥も防ぐことができる。

画像: リビングでの使用イメージ。便利なリモコン付きだから、手元で操作が可能。

リビングでの使用イメージ。便利なリモコン付きだから、手元で操作が可能。

遠赤外線と輻射熱の使用は、一度温まると冷めにくいのが特徴で、ヒーターを停止しても、すぐに体が冷えず、暖かさが長続きする。

画像: 乾燥も防げるから、寝室での使用にも適している。

乾燥も防げるから、寝室での使用にも適している。

本体の重さは、約4.8㎏と軽量設計で、キャスター付きだから、使いたいときにサッと取り出して、簡単に移動させることが可能。また、スリム設計だから、収納場所にも困らない。

画像: キャスター付きの脚は、向きを変えることができるから、収納時はスリムに収納することができる。

キャスター付きの脚は、向きを変えることができるから、収納時はスリムに収納することができる。

消費電力を抑えて運転する節電モードの搭載により、快適さを保ちながらも温まりすぎを防ぐ、消費電力を抑えた運転も可能となっている。運転開始と停止を、それぞれの時刻で設定できるON/OFFタイマーを搭載しており、ON/OFFの設定を同時に行うことが可能。いったん設定した時刻は登録されるから、毎日設定すする必要もなく、手間がかからないのもうれしい。

画像: シロカ 遠赤軽量ヒーター かるポカ

「SN-M351」と「SN-M371」の違いは、タオルを干すことができるハンガーや、靴を乾かすためのハンガーが付属しているかいないかの違いで、「SN-M371」は、ハンガー付きモデルになる。部屋の乾燥防止として、ハンガーに濡れたタオルをかけておくのも効果的だ。

画像: 「SN-M371」には、タオルやシューズを干すためのハンガーが付属している。

「SN-M371」には、タオルやシューズを干すためのハンガーが付属している。

本体サイズは、脚を開いた状態が、幅31cm、奥行き49cm、高さ69cm、脚が閉じた状態は、幅9cm、奥行き60cm、高さ69cm、重さは、4.8㎏(付属品含まず)。消費電力は、強モードで1200W、中モードで800W、弱モードで400W。対応畳数は、およそ10畳程度。安全装置は、自動電源遮断装置と過熱防止装置を装備。本体カラーは、それぞれ、ブラックとホワイトの2色を用意している。

◆シロカ:「遠赤軽量ヒーター かるぽか」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.