富士フイルムは、スマホプリンター"チェキ"のINSTAX Linkシリーズに最新モデルとして「INSTAX SQUARE Link」を発売した。本製品は、AR(拡張現実)エフェクトでチェキプリントを彩る機能やメッセージ付きのチェキプリントを楽しめる機能を搭載しているの特徴で、専用アプリからBluetoothでスマホと接続してスマホの画像をチェキフィルムにいつでも、どこでも高画質プリントをすることができる。

富士フイルム
INSTAX SQUARE Link

●実売価格:1万7800円程度

富士フイルムは、スマホプリンター"チェキ"のINSTAX Linkシリーズに最新モデルとして「INSTAX SQUARE Link」を発売した。

画像: 本体カラーは、写真左から、アッシュホワイトとミッドナイトグリーンの2色を用意している。

本体カラーは、写真左から、アッシュホワイトとミッドナイトグリーンの2色を用意している。

本製品は、AR(拡張現実)エフェクトでチェキプリントを彩る機能やメッセージ付きのチェキプリントを楽しめる機能を搭載しているの特徴で、専用アプリからBluetoothでスマホと接続してスマホの画像をチェキフィルムにいつでも、どこでも高画質プリントをすることができる。

画像: 専用アプリからBluetoothでスマホと接続すれば、スマホの画像をプリントすることができる。

専用アプリからBluetoothでスマホと接続すれば、スマホの画像をプリントすることができる。

拡大縮小・回転・フィルター・明るさなどを編集でき、好みの仕上がりにすることができる。また、スマホに保存した動画を取り込み、指で左右にスクロールして切り出した画像のプリントすることも可能だ。

今回、新機能となる「AR Print」の搭載により、チェキプリントをさらに個性的に彩ることが可能となった。ARエフェクトを重ねてたチェキプリントを表示したり、その表示画面を動画や静止画として保存してSNSで簡単に共有することができる。

画像: 「AR Print」の搭載により、ARエフェクトを重ねたチェキプリントを表示したりすることもできる。

「AR Print」の搭載により、ARエフェクトを重ねたチェキプリントを表示したりすることもできる。

搭載するARエフェクトは、「オリジナルコンテンツ」「写真を追加」「背景フィルター」「手書き」「テキストを追加」の5種類で、「手書き」と「テキスト追加」のARエフェクトでは、オリジナルのARエフェクトを作成することも可能。チェキプリントとARエフェクトの組み合わせにより、サプライズメッセージとして活用するなど、楽しみ方の幅を広げることができる。

画像: 「手書き」のARエフェクトを選べば、サプライズメッセージをとして使うなど、楽しみ方の幅が広がる。

「手書き」のARエフェクトを選べば、サプライズメッセージをとして使うなど、楽しみ方の幅が広がる。

また、アプリ上でスマホの画像にチャットのメッセージを重ね合わせてプリントできる「INSTAX Connect」も搭載しており、スマホの画像をメッセージ付きで送り、相手からの返信メッセージも合わせてプリントが可能。写真とチャットを組み合わせたメッセージ付きのチェキプリントで、記念日の写真をメッセージと共にプレゼントしたりすることもできる。

画像: 写真とチャットを組み合わせたメッセージ付きのチェキプリントも可能。

写真とチャットを組み合わせたメッセージ付きのチェキプリントも可能。

そのほか、おしゃれなフレームやコラージュを使ったプリントや、自分で描いた絵や文字を抜き出し、画像と組み合わせてプリントすることもできる。

画像: 富士フイルム INSTAX SQUARE Link

本体サイズは、幅105mm、奥行き37.5mm、高さ127.5mm、重さは、236g。電源は、リチウムイオン電池。充電時間は、約80~120分程度。プリント可能枚数は、約100枚(フル充電状態から)。プリント可能画像フォーマットは、JPEG、PNG、HEIF、DNG。使用フィルムは、instax SQUARE(別売)。セットできるフィルム枚数は、10枚(1パック)。本体カラーは、アッシュホワイトとミッドナイトグリーンの2色を用意している。

◆富士フイルム:「INSTAX SQUARE Link」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.