DJI JAPANは、ドローンの最新モデルとして、Mavic 3シリーズから「Mavic 3 Classic」を発売した。本製品は、最高品質のカメラ、4/3型CMOS Hasselblad(ハッセルブラッド)カメラの搭載により、人の目で見た感覚に近い色合いで細部まで撮影することができるモデルとなっている。

DJI
Mavic 3 Classic

●価格:単体=21万6700円、RC-N1付属=22万9240円、RC付属=25万2620円

DJI JAPANは、ドローンの最新モデルとして、Mavic 3シリーズから「Mavic 3 Classic」を発売した。本製品は、最高品質のカメラ、4/3型CMOS Hasselblad(ハッセルブラッド)カメラの搭載により、人の目で見た感覚に近い色合いで細部まで撮影することができる。

画像: DJI Mavic 3 Classic

動画撮影では、H.264とH.265コーデックの5.1K/50fps、4K/fps、1080p/60fps動画撮影に対応。スローモーション撮影では、4K/120fpsと1080p/200fps撮影が可能となっている。焦点距離が24mm(35mm判換算)のカメラレンズは、f/2.8~f/11の絞り調整ができるうえ、12.8ストップのネイティブダイナミックレンジに対応している。さらに多くの光を取り込める20MPセンサーにより写真撮影では、12-bit RAW、動画撮影では10-bit D-Logで映像が処理されるため、鮮明な色合いで明暗部を細部までクリアかつ正確に捉えることができる。

画像: 4/3型CMOSセンサー搭載のHasselbladカメラが、新しいレベルでの映像クオリティを実現する。

4/3型CMOSセンサー搭載のHasselbladカメラが、新しいレベルでの映像クオリティを実現する。

全方向障害物検知機能「APAS 5.0」の搭載により、飛行中全ての方向に対して、継続的に障害物を検知することで、素早くスムーズに障害物を回避してくれる。これにより、ドローン初心者であっても安心して安全飛行を行うことができ、複雑な撮影状況でもな滑らかな映像を撮影することが可能となっている。

また、デシメートル(10cm)レベルの高精度測位により、安定した状態でホバリングすることが可能だから、クリアな長時間露光の撮影や、滑らかなタイプラプス動画も撮影することができる。

画像: 安定した状態でホバリングすることができるから、滑らかなタイムラプス動画などが撮影できる。

安定した状態でホバリングすることができるから、滑らかなタイムラプス動画などが撮影できる。

自動帰還機能であるRTH(Return to Home)機能がこれまで以上に進化しており、アドバンストRTHを使用すれば、半径200m先の環境をスキャンしながら、ホームポイントまでの最適な飛行ルートを自動的に決定。設定された高度まで上昇すると、後は安全で効率的なルートを見つけ出し、どこに機体があっても安全に帰還させることができる。

また、安全に飛行をさせるための機能として、AirSenseシステムを搭載。付近を飛行中の航空機やヘリコプターなどから発せられるADS-B(放送型自動位置情報伝送)信号を受信できる。これにより、操縦者が航空機などの存在に目視で気がつく前に信号を受信てきるため、飛行中の安全性を確保することが可能となっている。

実際の撮影においては、自動トラッキングや自動撮影といったインテリジェント機能が多数搭載されているから、初めての撮影でも手軽に撮影することが可能だ。複数(8つ)のビジョンセンサーを使い、被写体を認識し、機体とカメラを動かしてフレームに被写体を捉え続けることができるActiveTrack 5.0も搭載。プロ品質の映像を撮影することができる。

画像: 全水平方向ビジョンシステムは、後方にも2つあり、さらには、上方ビジョンシステムも備えるなど、全部で8つのビジョンセンサーを装備している。

全水平方向ビジョンシステムは、後方にも2つあり、さらには、上方ビジョンシステムも備えるなど、全部で8つのビジョンセンサーを装備している。

今回新機能として「クルーズ制御」機能を搭載。ドローンの速度を設定し、一定速度で飛行させることができるため、手動操作で発生していたカメラ揺れも最小限に抑えることができる。これによりパイロットは、撮影に集中することが可能となっている。

画像: クルーズ制御機能の搭載により、パイロットは、撮影に集中することができる。

クルーズ制御機能の搭載により、パイロットは、撮影に集中することができる。

撮影した映像を機体から転送する際、高速クイック転送機能を使えば、Wi-Fi6を介してモバイル端末に最大80MB/sの速さで写真や動画データを直接ダウンロードすることもできる。データの転送時には、送信機と接続する必要がないのもうれしい。

画像: 折り畳んだ状態。

折り畳んだ状態。

本製品のバッテリーは、「Mavic 3シリーズ」のバッテリーと互換性があり、ホバリング時間40分、飛行時間46分を実現。バッテリーの残量を気にすることなく、より長時間の撮影を可能としている。

本製品は、本体単体のほか、送信機がセットになったモデルも用意されており、5.5インチフルハイビジョンのディスプレイを内蔵した「DJI RC付属」モデル(25万2670円)と、手持ちのスマホを送信機にセットしてディスプレイ代わりとして使用する「DJI RC-N1付属」モデル(22万9240円)がある。

画像: 写真左が、「DJI RC付属」のモデル。写真左は「DJI RC-N1付属」のモデル。

写真左が、「DJI RC付属」のモデル。写真左は「DJI RC-N1付属」のモデル。

本体サイズは、展開時(プロペラなし)で長さ347.5mm、幅283mm、高さ107.7mm、折り畳み時(プロペラなし)で長さ221mm、幅96.3mm、高さ90.3mm。重さは、895g(離陸時の重さ)。運用限界高度は、6000m、最大飛行距離は、30km。最大飛行時間は、46分、最大ホバリング時間は40分。全球測位衛星システムは、GPS+ガリレオ+BeiDou対応している。内蔵ストレージは、8GBとなっている。

◆DJI:「DJI MAVIC 3 CLASSIC」 の公式サイト。

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.