【TP-Link】最大4200Paのパワフルな吸引力を実現したロボット掃除機 吸引と水拭きの両方に対応する!

掃除機

ティーピーリンクジャパンは、スマートホームシリーズの「Tapo」に、新たにロボット掃除機を追加する。新たに追加されたロボット掃除機のラインアップは、エントリー向けモデルとなる「RV10シリーズ」から3モデル、上位モデルの「RV30シリーズ」から2モデルとなっている。RV10シリーズのラインアップは、「Tapo RV10 Plus」「Tapo RV10」「Tapo RV10 Lite」の3モデル、「RV30シリーズのラインアップは、「Tapo RV30」「Tapo RV30 Plus」の2モデルで、合計5モデルとなっている。発売は、「R10シリーズ」が3月30日、「R30シリーズ」が4月20日から開始される。

TP-Link
RV10/RV30シリーズ

●実売価格:RV10 Plus=4万9800円程度、RV10=3万7200円程度、RV10 Lite=2万9800円程度、RV30=5万9200円程度(予想)、RV30 Plus=7万6800円程度(予想)

ティーピーリンクジャパンは、スマートホームシリーズの「Tapo」に、新たにロボット掃除機を追加する。新たに追加されたロボット掃除機のラインアップは、エントリー向けモデルとなる「RV10シリーズ」から3モデル、上位モデルの「RV30シリーズ」から2モデルとなっている。

Tapo RV30 Plus

「RV10シリーズ」のラインアップは、「Tapo RV10 Plus」「Tapo RV10」「Tapo RV10 Lite」の3モデル、「RV30シリーズ」のラインアップは、「Tapo RV30」「Tapo RV30 Plus」の2モデルで、合計5モデルとなっている。発売は、「R10シリーズ」が3月30日、「R30シリーズ」が4月20日から開始される。

Tapo RV10

上位モデルの「RV30シリーズ」は、最⼤4200Paのパワフルな吸引⼒と、⾼精度デュアルナビゲーションシステムを搭載した2in1のロボット掃除機。吸引と⽔拭きの両⽅に対応しており、水拭きは、3つのレベルから選択ができる。1回のフル充電で最⻑3時間の連続運転が可能な5000mAhのバッテリーを搭載。自動充電機能も搭載しており、充電が切れそうになると、自動で充電ドックに戻って充電をし、充電が完了すると、中断した場所から掃除を再開してくれる。

最大4200Paの強力な吸引力を備えている。

清掃中の騒⾳を55dBまで抑えるノイズ対策も施されており、LiDARナビゲーションとジャイロセンサーの組み合わせによって障害物を賢く回避しなが掃除をしてくれる。また、家の中を短時間で正確にマッピングすることが可能となっており、Tapoのアプリを使うことで、細かい清掃エリアやスケジュールなどを設定することもできる。

LiDARナビゲーションとジャイロセンサーの組み合わせによって障害物を賢く回避しなが掃除をしてくれる。

「RV30シリーズ」の「Tapo RV30」と「Tapo RV30 Plus」は、基本性能は一緒で、自動ゴミ収集機が付いているモデルが「Tapo RV30 Plus」になる。また、本体のダストボックスの大きさが「Tapo RV30 Plus」の方が350mに対して「Tapo RV30」は400mlと、50ml、「Tapo RV30」の方が大きい。「RV30 Plus」に装備されている自動ゴミ収集機は、吸引力が2700Paで、紙パックの容量が4Lあるから、最大70日間のゴミを収集機内に溜めておける。

吸引力が2700Paで、紙パックの容量が4Lあるから、最大70日間のゴミを収集機内に溜めておける。

一方「RV10シリーズ」は、「RV10」「RV10 Lite」「RV10 Plus」の3モデル展開となっており、3モデルともに2000Paの吸引力を備え、3時間の連続運転が可能になっている。

「RV10」と「RV10 Plus」は、水拭きもできる2in1モデルで、「RV10 Lite」は、水拭き機能を搭載しないモデルとなっている。ダストボックスは、「RV10」が400ml、「RV10 Plus」が350ml、「RV10Lite」が800ml。

「RV10 Plus」に装備される自動ゴミ収集機は、上位モデルの「RV30 Plus」に装備される自動ゴミ収集機と同じ2700Paで4Lの大容量紙パックを採用している。

自動ゴミ収集機には4Lの大容量使い捨て紙パックが採用されており、約70日間のゴミを溜めておける。

本体サイズは、「Tapo RV30シリーズ」が、直径341mm、厚さ95mm。「Tapo RV10シリーズ」が、直径341mm、厚さ79mm。バッテリー容量は、「Tapo RV30シリーズ」が5000mAhで、「Tapo RV10シリーズ」が2600mAhとなっている。水タンクの容量は、「Tapo RV10 Lite」を除く4モデルともに300mLとなっており、水圧調整は3段階になっている。

◆TP-Link:「Tapo RV30」「Tapo RV30 Plus」「Tapo RV10」「Tapo RV10 Plus」「Tapo RV10 Lite」 の公式サイト。

※製品の価格及び仕様については、記事制作時のもので、その後諸事情により変更されている場合があります。

掃除機暮らし・生活・ペット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース