【ジャパニーズ・ウイスキー】三郎丸モルトと自家熟成グレーンを使用したブレンデッド『THE SUN 2023』

グルメ・レシピ

世界的に大人気で品薄の続くジャパニーズ・ウイスキー。そのブームにいまだ沈静化の兆しは見られない。『THE SUN(ザ・サン) 2023』は、富山の地で生まれた、ピートを極めたスモーキーさが特徴のブレンデッドウイスキーだ。

富山県利賀のミズナラ樽や、井波で製造した焙煎樽などを使用してじっくり熟成

1952年生まれの富山県のクラフト蒸留所・三郎丸蒸留所が蒸留したモルトウイスキーと、自家熟成したグレーンウイスキーをブレンドすることで、ピーティーな香味を高めた若鶴酒造/三郎丸蒸留所『THE SUN 2023』(700ml瓶・税込10,780円・2023年7月27日発売※6,160本 限定)

若鶴酒造自体は1862年より富山県砺波市(となみし)で酒造業を営んできた老舗メーカー。1952年よりウイスキーを製造開始し、2017年に「三郎丸蒸留所」として生まれ変わったクラフト蒸留所だ。

公式サイトより

伝統的に、野草や水生植物などが炭化した「泥炭」で燻して作られるウイスキーは、ビート(泥炭)香が特徴だ。その香りこそが「スモーキー」。一瞬正露丸にも思える独特のアロマは、ヨード香とも言われ、最初はびっくりするが、飲むうちにそのクセがクセになる独特のウイスキー感である。

その代表銘柄には、スコットランドの「ボウモア」、「ラフロイグ」がある。

『THE SUN 2023』は、2019年に蒸留した三郎丸モルトと12年以上かけて自家熟成したグレーンを、富山県利賀のミズナラ樽や、同県井波(いなみ)で製造した焙煎樽などを使用して熟成し、ピーティーでスイートで樹木的なオーキーさが際立つ味わいに仕上げているという。

新たなる日本オリジナルのウイスキーのスタンダードとなるかどうか、ブレンデッドの境地を味わいたい。

入手は若鶴酒造オンラインショップにて。日本全国のみならず、海外からも購入可能だ。

■公式サイト

グルメ・レシピ
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源にウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月からはハンドメイド・手作り実用書の老舗出版社・ブティック社が運営スタート。"暮らしの中でベストな商品を選ぶ"ためのヒントを、続々発信中!

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース