❶歩数計の利用やフィットネス記録で毎日の健康管理もバッチリ!

健康のためにジョギングやウオーキングを実践している人も多いが、しっかりと目的意識を持たないと、長く続けるのは難しい。

そんなモチベーション維持にうってつけなのが、ランニング&ウオーキング計測アプリの「Runtastic」。

Runtastic 8.0
提供元:Runtastic

ランニングの距離やコース、消費カロリーを計測&記録!

メイン画面では、時間や距離に加え、移動ルートを表示。音符アイコンをタップして音楽を再生することも可能だ。画面はiPhone。

有酸素運動で走行/歩行した距離をGPS機能で正確に計測し、移動ルートや消費カロリー、タイムを自動で記録可能。計測終了後の記録ノートでは、現在の気分が表情アイコンで示されるほか、メモや心拍数を保存してくれて、今後の運動メニューの参考にすることも可能だ。

さらに、1年間に走る距離を年間目標として設定し、定期的に進捗具合を通知してくれる機能も搭載。

「フェイスブック」や「ツイッター」と連係可能なソーシャル機能も備え、知り合いから応援メッセージをもらったり、自分の現在地をリアルタイムで公開したりできるため、自然とモチベーションを高めていけるはずだ。

計測開始前に、ランニングやウオーキングなどの運動の種類や、目標とする距離なども設定しておける。画面はAndroid。

❷スマホをタイマーでロックし、勉強時間や睡眠時間を確保する!

もはやスマホは日常生活に欠かせないパートナーだが、仕事や勉強などに集中したいときには、これほどじゃまになる存在もない。

また、息抜きのつもりのスマホゲームに夜更けまでのめり込み、貴重な睡眠時間を削ってしまうということも多いはずだ。

そんな厄介な“スマホ依存症”から抜け出すには、この「タイマーロック3」を使った荒療治もやむなし。

スマホ依存症アプリ タイマーロック3
提供元:YOSHITA DESIGN PLANNING inc.(Android用)

ロックを解除するには100円の課金が必要!

ロック時間の設定は、最大12時間まで。「ロック開始」ボタンをタップすると、直ちにロックが掛かる。

本アプリでは1〜12時間の制限時間を指定し、通話機能を除いた全機能を使えないようにロックすることが可能。設定した時間が過ぎれば、元どおりすべての機能が使えるようになる。

制限時間内にどうしてもロックを外したい場合は、100円を課金することで解除を行うことも可能。

つまり、当初の目標どおり、スマホの利用を控えることができれば無料で済むが、その禁を破れば一転、有料アプリと化すことになる。

無料か否かは、ユーザーの忍耐力しだいといったところだ。

ロック作動中は、画面に半透明のフィルターがかけられて、電話発信以外の操作を一切受け付けなくなる。

❸無料で、なんと5000冊以上の雑誌が読める!

雑誌の読み放題アプリは、ドコモの「dマガジン」や楽天の「楽天マガジン」など、400円前後の料金がかかる場合がほとんど。しかも、必ず目当ての雑誌があるとも限らない。場合によっては、興味のない雑誌ばかりで残念に感じるケースもあるということだ。

そんな中、“無料”の雑誌読み放題アプリとして人気を集めているのが、富士山マガジンサービスの「FuisanReader」。

FujisanReader
提供元:Fujisan Magazine Service Co., ltd.

無料で雑誌を1冊丸ごと、全ページ読み放題!

ランキング機能を備えているので、人気の雑誌を一目で把握できる。おすすめ雑誌や必読記事の紹介コーナーもある。画面はiPhone。

タダというと、読み放題の雑誌数が少ないのではと思いがちだが、実際には趣味の雑誌や実用誌、経済誌など、5000冊以上のバックナンバーを用意し、広告以外のほぼ全ページが読める。

さらに、最新号を「チラ見」できる機能も備えるなど、無料で楽しめるコンテンツにこれほど注力しているサービスはほかにはないといっていいほど。

アカウント登録なしですぐに利用できるので、まずは気軽に試してみよう。

既読の雑誌はキャッシュが保存されるため、オフライン状態でも読める。不要になったらキャシュを削除することも可能だ。画面はAndroid。

❹人気雑誌の人気マンガを含め、多数の作品が毎日読み放題!

空き時間のちょっとした暇つぶしなら、やはりマンガがもってこい。

そんなニーズを当て込んでか、現在はマンガアプリも増えてきたが、中でも要注目なのが、無料で200作品以上のラインアップを擁する「LINEマンガ」だ。

LINEマンガ
提供元:LINE Corporation

名作や新作など、200以上のマンガが無料で読める!

アクションやスポーツなど、豊富なジャンルの連載作を用意。配信が終了した過去話はLINEコインを使って閲覧できる。画面はiPhone。

連載マンガのコーナーでは、「週刊少年マガジン」や「週刊少年チャンピオン」などで人気を博したヒット作のほか、オリジナル作品を配信。毎週もしくは毎日と、更新頻度も高く、アプリを開けば何かしら新しい作品を読める。

また、お気に入りの作品を見つけた場合に便利なのが、「更新通知の登録」機能。
ここに登録した作品は「本棚」に追加され、いつでも読むのを再開できるほか、最新話が公開された際にはその旨の通知が届く。

さらに、併設される電子書籍ストアでは有料作品だけでなく、無料で読める単行本も多数提供しているので、読むマンガに困ることはまずないはずだ。

お気に入りの作品は「本棚」にストックしておける。最新話を読みたいときに作品を探す手間が省けるので、非常に便利だ。画面はAndroid。

❺ハイレゾ音源を再生できる高機能プレーヤー

無料アプリの世界は奥深いもので、中にはとてもタダとは思えないハイレベルなアプリもある。

その好例といえるのが音楽アプリ「ELECOM Hi-Res Music Player」で、ハイレゾ音源に無料で対応するというスグレモノ。

ELECOM Hi-Res Music Player
提供元:ELECOM CO.,LTD.

再生には同社製のUSBポータブルアンプなどが必須だが、それでもハイレゾ対応プレーヤーアプリが無料というのは注目に値する。

同社製のハイレゾ対応DACやポータブルアンプ、ヘッドホンなどと併用することで、ハイレゾ音源を再生可能。ハイレゾのサンプル曲も同梱しているので、入手後、すぐに試聴できる。画面はAndroid。

❻パソコンと接続してスマホの画面を映し出せる!

機能の斬新さでは「ApowerMirror」がイチ推し。

スマホの画面をパソコンに映し出し、画面の録画やキャプチャーも可能なアプリで、便利な機能を多数用意。

アプリの操作を録画して人に教えたりなど、アイデアしだいでさまざまに活用できそうだ。

ApowerMirror
提供元:APOWERSOFT LTD

スマホの画面をパソコンに表示できるアプリ。スマホの画面を動画で記録することも可能。使用するには公式サイトで配布中のパソコン向けアプリの導入が必須。画面はiPhone。

❼全国47都道府県対応。タクシー配車アプリの決定版

「全国タクシー」は、全国47都道府県で使える配車アプリ。

GPS機能を使って現在地まで迎えに来てくれるので、不慣れな場所の移動にも役立つ。

全国タクシー
提供元:JapanTaxi. Co.,Ltd.

全国47都道府県の約4万8000台のタクシーに対応した配車アプリ。乗車場所は地図上で簡単に指定できるほか、事前に乗車ルートを指定すれば料金も調べられる。画面はAndroid。

❽103の多言語翻訳に対応。画面上で文字の翻訳も可能

また、海外旅行で威力を発揮してくれそうなのが「Google翻訳」。

通常のテキスト翻訳のほか、カメラで撮影した文字もリアルタイムで翻訳できるので、レストランの英語メニューなどもスムーズに訳せる。

Google翻訳
提供元:Google,Inc.

103言語に対応した翻訳アプリで、カメラや音声、手書き文字など多彩な翻訳モードを搭載。使用できる言語は限定されるが、オフライン環境でも使用可能だ。画面はiPhone。

❾JAF非会員でもアプリからロードサービスを依頼できる

クルマのトラブル対策に導入しておきたいのが「JAFを呼ぶ」アプリ。

自動で現在地を取得してくれるので、いざというときにも慌てずに済むはずだ。JAF非会員でも利用できる。

JAFを呼ぶ
提供元:JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION

JAFのロードサービスを依頼できるアプリで、GPS機能を使って地図上から救援場所を指定可能。会員でなくても利用できるが、その場合は非会員料金が適用される。画面はAndroid。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

※アプリやサービスの内容は、変更になる場合があります。

This article is a sponsored article by
''.