いい写真を撮るには、魅力的な被写体や優れた撮影機材も必要だが、そこにテクニックが伴わないと残念な結果になる。「構図」「ピント」「露出」という3大要素をしっかりと押さえて、写真の出来栄えをアップさせよう!

第2回は、「ピント」がテーマだ。  第1回「構図」はこちら

ピントの基本

撮りたい被写体に確実にピントを合わせるのは、写真撮影の基本中の基本だ。

現在のカメラのAF性能は非常に優秀だが、そのAF機能をきちんと理解して使わないと、思わぬ(自分の意思とは違う)場所にピントが合ってしまうことが起こる。

〝脱・カメラ任せ〟。これが、正確なピント合わせのキーワードになる。

ピンボケ写真

画像: AF測距点が自動選択だと、画面右寄りの灯篭がピンボケに……。

AF測距点が自動選択だと、画面右寄りの灯篭がピンボケに……。

合焦写真

画像: 自分で測距点を選べば、問題なくピントが合った。

自分で測距点を選べば、問題なくピントが合った。

被写体にふさわしいAFモードを選択し、どこに合わせるかが鍵!

最近のAFは、被写体が画面中央から外れていたり、動いていたりしても、正確なピント合わせが可能。

だが、意図した部分に合わせるには、AFモードとAFエリアモードの違いを把握し、被写体や状況に応じて適切に設定する必要がある。

Point1 「AFモード」の選択

▶ピント位置を保持するか、ピントを合わせ続けるか、などを選ぶ

AF(オートフォーカス)の挙動を選ぶのが、「AFモード」だ。

シャッターボタンの半押しでAFは作動するが、ピントが合ったあとに、ピント位置を保持するのか、被写体にピントを合わせ続けるのかなど、AFのモードによって、その挙動が違ってくる。

風景など動きのない被写体は、前者の方式が適している。

動く被写体の場合は、後者の方式でないと被写体にピントが合わないことがある。

画像: ▶ピント位置を保持するか、ピントを合わせ続けるか、などを選ぶ

Point2 「AFエリアモード」の選択

▶表示されたAFエリアのどこでピント合わせを行うかを選ぶ

最近のカメラでは、画面上に複数のAFエリアが配置されるが、どのエリアでピント合わせを行うかを選択するのが「AFエリアモード」だ(メーカーによって呼び名は異なる)。

AFエリアモードは、カメラが判断する自動選択と、撮影者が自分で判断する任意選択(手動選択)に大別できる。

一瞬のチャンスや動く被写体などをねらう場合には、自動選択のほうが威力を発揮する。

画像: カメラによっては、任意選択のAFエリアを1点ではなく複数点に設定できる場合もある。この画面は、オリンパス・PEN-Fの「グループターゲット」。

カメラによっては、任意選択のAFエリアを1点ではなく複数点に設定できる場合もある。この画面は、オリンパス・PEN-Fの「グループターゲット」。

Point3 「ゾーンAF」「グループターゲット」

▶動く被写体でAFエリアから外れそうな場合に、任意選択エリアを拡大

AFエリアモードが自動選択だと、自分の意思とは異なる部分にピントが合うことがある。

だが、任意選択にすると、動く被写体ではエリアから外れる危険性がある。

そういう場合には、任意選択エリアが拡大される「ゾーンAF」や「グループエリアAF」「グループターゲット」と呼ばれるモードが便利。

画像: 花のシベ先端にピントを合わせたい。だが、花やカメラの揺れでとらえきれない。ここは、「グループターゲット」が威力を発揮する場面だ。

花のシベ先端にピントを合わせたい。だが、花やカメラの揺れでとらえきれない。ここは、「グループターゲット」が威力を発揮する場面だ。

解説/吉森信哉 (フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.