海外旅行をするとき、または海外からの来客を迎えるときに立ちはだかるのが、言葉の壁である。しかし、近年はAIの発達により、自動翻訳が実用レベルになり、この壁は急激に低くなっている。出先で使える自動翻訳といえば、すぐに思いつくのは「Google翻訳」などのスマホアプリだが、最近は、ポケットサイズの音声翻訳専用機が人気を集めている。その代表的なモデルを見てみよう。

今や、音声翻訳専用機の代名詞ともなってきているのが、「POCKETALK」(ポケトーク)だ。POCKETALKの登場以降、専用機市場がにぎやかになっている。

POCKETALKに続いて、「ili」(イリー)も登場。対応言語は英語・中国語・韓国語で、日本語から英・中・韓への一方向ではあるが、POCKETALKなどが翻訳処理自体をクラウド上で行うのに対し、イリーはネットを使わず、本体内で翻訳処理を行うのが特徴。機能を絞り込んだことで圧倒的な手軽さを実現している。

ソースネクスト
POCKETALK(ポケトーク)
実売価格例:3万2180円(SIM内蔵モデル)

クラウドで翻訳処理を行う方式だが、国際SIMを内蔵しているため、Wi-Fiがない環境でも、モバイル回線で翻訳が可能。事前に設定した2ヵ国語を相互翻訳できる。

ログバー
ili(イリー)
実売価格例:2万1384円

本体内で翻訳処理を行うタイプ。対応言語は英語・中国語・韓国語のみで、日本語からの一方向翻訳なのもユニーク。内蔵プログラムの更新で翻訳精度が向上する。

そして、最近増えているのが、「WT2」や「TwoBow」(ツーボー)のように、完全ワイヤレスイヤホンの形状を採用するタイプだ。ブルートゥースでスマホと接続し、スマホの専用アプリを介して、クラウド上で翻訳処理を行うため、対応する言語数が豊富な機種が多い。

このスタイルのメリットは、両手が自由になるので、ジェスチャーを交えた会話ができ、意思疎通がより確実になること。また、両機種に共通する機能として、片側のイヤホンを会話する相手に渡すことで、相互同時翻訳で会話ができることが挙げられる。

この2機種は、クラウドファンディングで製造資金を募ったもので、両方ともすでに予定金額を確保。あとは出荷を待つだけという段階だ。

Timekettle
WT2
実売価格例:2万4880円

画像: 完全ワイヤレスイヤホンスタイルを採用。スマホを経由してクラウドで翻訳処理を行う。片側のイヤピースを相手に渡す方法のほか、相手にスマホを向けて相互翻訳する方法にも対応。

完全ワイヤレスイヤホンスタイルを採用。スマホを経由してクラウドで翻訳処理を行う。片側のイヤピースを相手に渡す方法のほか、相手にスマホを向けて相互翻訳する方法にも対応。

アスタイル
TwoBow(ツーボー)
実売価格例:2万7000円

画像: WT2同様、完全ワイヤレスイヤホン型。ブルートゥースで接続したスマホアプリを介してクラウドで翻訳処理が行われる。片方を相手に渡し、相互同時翻訳が可能。翻訳エンジンはマイクロソフト製。

WT2同様、完全ワイヤレスイヤホン型。ブルートゥースで接続したスマホアプリを介してクラウドで翻訳処理が行われる。片方を相手に渡し、相互同時翻訳が可能。翻訳エンジンはマイクロソフト製。

先行するポケトークやイリーが、観光旅行での一般的な会話なら十分に実用レベルなので、今後登場する翻訳機は、よりレベルアップしてくるだろうと考えられる。

外国人とのコミュニケーションに、言葉の壁は存在しない時代が到来しそうだ。

解説/福多利夫(フリーライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.