格安SIMで、現在トップシェアを獲得しているのが、楽天モバイルだ。ドコモの回線を借りるMVNOだが、一般的な格安SIMとは料金体系が異なり、音声通話込みの「スーパーホーダイ」を主力プランに据えている。楽天モバイルが、太っ腹ともいえる破格のプランを導入するには理由がある。楽天モバイルを運営する楽天が、2019年10月をめどに携帯電話事業に参入することが決まっているためだ。

MVNOでトップシェアの楽天モバイルは3年より2年以下の契約を選びたい

一般的な格安SIMよりもキャリアに近い料金体系

コンシューマー向けの格安SIMで、現在トップシェアを獲得しているのが、楽天モバイルだ。ドコモの回線を借りるMVNOだが、一般的な格安SIMとは料金体系が異なり、音声通話込みの「スーパーホーダイ」を主力プランに据えている。

これは、サブキャリアのワイモバイルやUQモバイルを意識したもので、この7月のリニューアルで、特にワイモバイルへの対抗姿勢をより鮮明にしている。例えば、従来は5分以内だった国内通話かけ放題の条件をワイモバイル同様、10分に拡張し、月に24Gバイトまで使える大容量プランも追加した。ワイモバイルは割引が適用される1年めが安くなる仕組みだが、楽天モバイルは最低利用期間によって割引額が異なり、どの割引でも2年間適用される。また、契約データ量を超過した場合でも、最大1Mbpsで通信できることも魅力だ。

■楽天モバイル「スーパーホーダイ」料金例

画像: 7月にリニューアルされた「スーパーホーダイ」は、最低利用期間によって割引額が変わる。いずれも割引期間は2年間なので、3年契約の場合、プランSの3年めは月額3218円となる。 ※上記は、楽天会員の場合の料金。1回10分までの通話が無料。

7月にリニューアルされた「スーパーホーダイ」は、最低利用期間によって割引額が変わる。いずれも割引期間は2年間なので、3年契約の場合、プランSの3年めは月額3218円となる。
※上記は、楽天会員の場合の料金。1回10分までの通話が無料。

楽天モバイルが、太っ腹ともいえる破格のプランを導入するには理由がある。楽天モバイルを運営する楽天が、2019年10月をめどに携帯電話事業に参入することが決まっているためだ。楽天モバイルの担当者は「楽天が携帯電話事業を開始した後も、楽天モバイルの契約者はドコモ回線のサービスを引き続き利用できる」としているが、ドコモ側は、まだ対応を明らかにしていない。楽天としては、現在は2年または3年契約で多くのユーザーを獲得し、キャリアとしての新サービスに移行させたいというねらいもあるようだ。

ただし、3年契約だと、3年めから月額料金が跳ね上がるため、2年契約を選んだほうが無難だろう。

■通信制限時の速度を比べると、断然速い!

画像: 大手キャリアやワイモバイルは、データ容量が契約に達すると、128kbpsに落ちるが、楽天モバイルはスペック上は1Mbpsという最も高速なスピードを提供している。

大手キャリアやワイモバイルは、データ容量が契約に達すると、128kbpsに落ちるが、楽天モバイルはスペック上は1Mbpsという最も高速なスピードを提供している。

■人気のSIMフリー端末を幅広く用意

取り扱い端末は、エントリーからハイエンドまで非常に幅広い。キャンペーンや楽天市場のセールも多く、大幅な割引が行われることもある。

シャープ
AQUOS sense plus
実売価格例:3万5424円

HTC
HTC U12+
実売価格例:9万6984円

解説/村元正剛(ITライター)
イラスト/松沢ゆきこ

実売価格例は、キャリアのオンラインショップで新規契約・一括購入時のものです。

This article is a sponsored article by
''.