「スピードヒート 温熱ベスト」は背中、首、腰に電熱線が入った電熱ベストだ。スイッチを押して約15秒で温まり始めるため、寒い室内はもちろん、ウォーキング、釣りやキャンプなどの冬のレジャーや、バイク、自転車に乗るときなど、本格的な寒さの時期にあると便利だ。ポカポカ快適に過ごせる冬アイテムとしてこの、スピードヒートに注目が集まっている。(特選街web編集部)

寒さ対策に電熱ベストがおすすめ!

画像: 寒さ対策に電熱ベストがおすすめ!

これから寒さも本格化する。寒さ対策に、今注目を浴びているアイテムが電熱線の入った温熱ベストだ。
寒い時は、何枚も着込んだり、保温インナーなどを着ているという人も多いだろう。
しかし、枚数が増えれば動きづらいし、温かい室内では保温インナーは暑すぎる。
そこで、特選街web編集部がおすすめするのが、着脱が簡単な電熱ベストなのだ。今回は、最強の防寒アイテム「スピード・ヒート」を紹介しよう。

15秒ですぐ温まり始める「スピード・ヒート 温熱ベスト」

生活雑貨や化粧品などの企画開発を行うアイケイが発売する「スピードヒート 温熱ベスト」は背中、首、腰に電熱線が入ったベストだ。

背中・首・腰部分の電熱線が、わずか15秒で温まり始める。

胸元のスイッチを押すだけで、背中、首、腰に入った電熱線により、15秒ほどですぐ上半身がポカポカしてくる。 

約15秒で温まり始めるため、温まるまで震えて待たなければならないということはない。さらに、首から背中、腰にかけて温まるため血行も良くなる。腰痛持ちにもありがたいポイントだ。

温度調整は3段階で設定可能

電熱線は繊維状のマイクロカーボンを使用。ベスト本体もナイロン製なので、スムーズに脱着できてゴワゴワしない。脇部分はストレッチ素材になっており、良く伸び、体型を選ばないのも嬉しい。家族みんなで使うことができる。水洗いできるため、いつも清潔に使用することもできる。

さらに、コードレスでどこでも使用できるのがポイントだ。取り外しができるバッテリー式で、約3時間の充電で約6時間の保温が可能となる。
さらに別売りの追加充電池があると、保温時間を延長可能。温度調整は胸元スイッチで3段階に調整でき、赤色(高温)、白色(中温)、青色(低温)と色で温度が分かりやすくなっている。

おすすめの使用方法は、まず高温モードで即ポカポカに、体が温まってきたら中温にモードを下げるという使い方だ。さらに、暑過ぎるようなら、低音モードにさげればいい。

脇にストレッチ素材で良く伸び、体型を選ばないのも注目ポイント

【商品概要】
商品名: 「スピードヒート 温熱ベスト」
定価: 19,800 円(税抜き)
タイプ: 男女兼用
カラー: ブラック
生産国: 中国
サイズ: S(身長155cm~165cm 胸囲80cm~88cm)
M-L(身長 165cm~175cm 胸囲88cm~104cm)
LL-3L(身長175cm~185cm 胸囲104cm~120cm)
素材: 表側:ナイロン 100% 裏側・中綿:ポリエステル100%
サイド:ポリエステル 95%ポリウレタン5%
手洗い可能: 充電池を取り外してバッテリー接続プラグをビニール等で包み、プラグが濡れないようにして行ってください
セット内容: 本体、専用充電池、充電アダプター
販売チャンネル:テレビ通販、EC サイト、カタログ通販など

フィギュアスケートコーチの山田満知子さんも愛用

画像: フィギュアスケートコーチの山田満知子さんも愛用

寒さ対策が必要なスポーツといえば、フィギュアスケートが真っ先に思い浮かぶ。
国際大会で活躍するフィギュアスケート選手の名コーチとして著名な山田満知子さんも、スケート場で着用しているそうだ。
「軽くてホント温かい。体が冷え切ってないから調子いいよ。寒いところで仕事をしている人たちはいいんじゃないかな」と、山田さんもおすすめしている。

まとめ

スピードヒートは、ちょっと底冷えがするなと思った時や、ウォーキング、釣りやキャンプなどの冬のレジャーに、ピッタリだ。また、バイク、自転車に乗るときなど、冬の野外活動を快適にしてくれる。
本格的な寒さの今こそ、この電熱ベスト「スピード・ヒート」はいかがだろうか。

This article is a sponsored article by
''.