集合住宅で、衛星放送が受信できないという人も少なくないと思う。しかし、そんな場合でも、新4K8K衛星放送を視聴する方法はある。例えば、J:COMのような、新4K8K衛星放送に対応したケーブルテレビと契約できるのであれば、BSアンテナなしで見られる。

J:COMの場合指定のSTB(セットトップボックス)と4Kテレビで見られる

マンションやアパートといった集合住宅で、衛星放送が受信できないという人も少なくないと思う。しかし、そんな場合でも、新4K8K衛星放送を視聴する方法はある。例えば、J:COMのような、新4K8K衛星放送に対応したケーブルテレビと契約できるのであれば、BSアンテナなしで見られる。

J:COMの場合、全国で1375万世帯が利用可能で、指定のSTB(セットトップボックス)と、手持ちの4Kテレビの組み合わせで視聴できる(トランスモジュレーション方式)。番組は、NHK BS 4Kや民放4局、ケーブル4Kなどの自主放送8チャンネルを含む計13チャンネルだ。また、イッツコム(東急沿線のケーブルテレビ)は、新4K8K衛星放送を、光ファイバー回線を使った「イッツコムひかり」のテレビサービスで配信している。4K BSの5チャンネルと8K BSの1チャンネル(計6チャンネル)で、同一周波数パススルー方式で配信しているため、STBは必要ない。

●BSが受信不可でも「新4K8K衛星放送」を視聴する方法がいくつかある

画像1: ●BSが受信不可でも「新4K8K衛星放送」を視聴する方法がいくつかある
画像2: ●BSが受信不可でも「新4K8K衛星放送」を視聴する方法がいくつかある

光回線のテレビサービス、フレッツ・テレビでも、新4K8K衛星放送が始まる12月以降、順次、サービスをスタートさせる予定だ。当面は右旋で送られるBSの4K放送のみが対象となり、左旋の4K8K衛星放送については2019年夏以降に対応予定。インターネット通信で使う光回線のONU(回線終端装置)のほか、専用アダプターが必要になるが、STBは不要。4Kチューナー内蔵テレビ、あるいは4Kチューナーと4K対応テレビで受信し、視聴するという形になる。

解説/藤原陽祐(AV評論家)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.