格安SIMや格安スマホは、大手キャリアの料金と比べると、大幅に安い。ただし、通信が集中する時間に速度が低下しやすくなる傾向にある。安定した速度も必要だが、料金は安く抑えたいというのであれば、サブブランドと呼ばれるワイモバイルとUQモバイルがおすすめ。

A.快適&安価に使いたいならサブブランドのUQかワイモバイルが一番の選択肢だ

格安SIMや格安スマホと呼ばれるMVNOは、通話料を除くと、データ容量3Gバイトのプランで月額1800円前後が相場。大手キャリアの料金と比べると、大幅に安い。ただし、業者にもよるが、昼休みや夕方など、通信が集中する時間に速度が低下しやすくなる傾向にある。

安定した速度も必要だが、料金は安く抑えたいというのであれば、サブブランドと呼ばれるワイモバイルとUQモバイルがおすすめ。ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を使っており、速度も基本は同じ。月額料金は3Gバイトで3218円(1年目は2138円)と、大手キャリアと比べ割安。しかも、1回10分までの通話定額も含まれる。au系列のUQモバイルも、速度の安定さに定評があり、料金水準はほぼ同じ。通話料は、1回5分の通話定額か、月60分までのプランを選択できる。

ワイモバイルの料金プラン例

画像: ※オプションの「スーパーだれとでも定額」(月額1080円)加入で音声通話の時間が無制限となる。ワイモバイルのスマホプランは、このほか月額4298円(データ容量9Gバイト)、6458円(同21Gバイト)もある。いずれも、10分間の通話定額も含まれる。

※オプションの「スーパーだれとでも定額」(月額1080円)加入で音声通話の時間が無制限となる。ワイモバイルのスマホプランは、このほか月額4298円(データ容量9Gバイト)、6458円(同21Gバイト)もある。いずれも、10分間の通話定額も含まれる。

端末は自社ブランドとSIMフリーがある

ワイモバイル、UQモバイルともに端末込みのプランも販売しており、大手キャリアと同じように選べる。自分で買ったSIMフリー端末も利用可能だ。

OPPO R17 Neo

実売価格例:3万8988円
UQモバイル/有機EL/6.4型

シャープ Android One S5

実売価格例:5万3676円
ワイモバイル/液晶/5.5型

●解説/石野純也(ジャーナリスト)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.