【パソコンが固まる】フリーズの原因は2パターン!対処法はある?

Windows

パソコンの画面が固まるといっても、アプリが固まるのと、Windows全体が固まるのと、2つのパターンがある。アプリが固まった場合は「タスクマネージャーを起動」して対処を、Windows全体が固まった場合はパソコンを強制終了するしかない。

パソコンの画面が固まってしまう!

アプリが固まってしまった場合

固まるといっても、アプリが固まるのと、Windows全体が固まるのと、二つのパターンがある。

アプリが固まるとは、アプリが操作を受け付けず、ウィンドウを移動させることもできない状態を指す。アプリのウィンドウが移動できる状態では、固まったわけではなく、何かしらの処理に手こずっているだけかもしれない。このような場合は、「スタート」を右クリックし「タスクマネージャー」を起動する。

通常は、起動時に「簡易表示」になっており、起動中のアプリのリストが表示されている。固まったように見えるアプリの名前に「応答なし」と表示されている場合、それは確実に固まっているので、アプリ名を選択してウィンドウ下部の「タスクの終了」をクリックすれば、アプリを強制終了させられる。

「タスクマネージャー」で、固まったアプリを強制終了させる

「スタート」ボタンの右クリックで「タスクマネージャー」を起動し、当該アプリを強制終了。

Windows全体が固まった場合

Windows全体が固まった場合は、マウスカーソルも動かず、キーボードもまったく機能しない。この場合は、電源ボタンを10秒以上長押しすることで、パソコンを強制終了させる。

パソコンの電源を切る

ノートパソコンでは、電源ボタンの10秒以上の長押しで、強制的に電源が切れる機種が多い。

解説/福多利夫(フリーライター)

Windowsガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース