Wi-Fiルーターとスマホなどを接続する方法には、共通する「基本ルール」がある。それは、ルーターに接続したい端末側のWi-Fi設定で、Wi-Fiルーターの「SSID」を選択し、Wi-Fiルーター指定の「パスワード」を入力する方法だ。他の方法もあるが、iPhoneやiPadは原則としてこの手動で行う設定のみとなる。メッシュWi-Fiなど、どんなWi-Fi機器でも対応できる接続方法なので「基本ルール」として覚えておこう。

スマホやパソコンをルーターにつなぐ方法を教えて

Wi-Fiルーターとスマホなどの端末を接続する方法には、どんな機器にも共通する「基本ルール」がある。それは、ルーターに接続したい端末側のWi-Fi設定で、Wi-Fiルーターの「SSID」を選択し、Wi-Fiルーター指定の「パスワード」(「暗号化キー」ともいう)を入力することである。

工場出荷状態でWi-Fiルーターに登録されているSSIDとパスワードは、Wi-Fiルーター製品に貼ってあるシールなどに記載されているので、まずこれをスマホで撮影するなどしてメモしておく。
端末側でWi-Fiの設定を開始すると、端末周辺に飛んでいるWi-Fiの電波を受信して、周辺にあるWi-FiルーターのSSIDが自動的にリスト表示されるので、そこから自分が使うWi-FiルーターのSSIDを選択すればいい。
パスワード入力画面が表示されたら、スマホやタブレットの画面に表示されるキーボードや、パソコンのキーボードでパスワードを入力する。大文字・小文字・全角・半角が明確に区別されているので、正確に入力しよう。

Wi-Fi機器各社が、パスワードを入力しないでWi-Fi設定を行う方法を採用しているが、iPhoneやMacなど非対応機器が増えてきたこともあり、最近では下火になっている。そのため、このSSIDを選んでパスワード入力という基本ルールのほうが、どんなWi-Fi機器でも対応できて便利である

iPhoneの場合

iPhoneの場合、Wi-Fi設定は「設定」アイコン→「Wi-Fi」と進み「Wi-Fi」を「オン」にする。「ネットワークを選択」にSSIDのリストが表示されるので、自分が使うWi-Fiルーターをタップして、パスワードを入力すればいい。iPadシリーズも同じ作業となる。

今回使用したWi-Fiルーター
NEC
Aterm WG2600HP3

画像: メーカーを問わず、Wi-Fiルーターは、スマホなどの端末側で「Wi-FiルーターのSSID」を選択して、パスワード(暗号化キー)を入力」すれば、接続設定が完了し、通信ができるようになる。

メーカーを問わず、Wi-Fiルーターは、スマホなどの端末側で「Wi-FiルーターのSSID」を選択して、パスワード(暗号化キー)を入力」すれば、接続設定が完了し、通信ができるようになる。

画像: ルーター本体にSSIDとパスワードが記載されているので、書き留めるかカメラで撮っておこう。2.4Gヘルツと5GヘルツのSSIDが区別されている機種は、使いたいほうのSSIDを選択すればいい。

ルーター本体にSSIDとパスワードが記載されているので、書き留めるかカメラで撮っておこう。2.4Gヘルツと5GヘルツのSSIDが区別されている機種は、使いたいほうのSSIDを選択すればいい。

画像: iPhoneは、原則として手動設定のみ。「設定」→「Wi-Fi」で上記でメモした「SSID」を選択して、「パスワード」(暗号化キー)を入力する。

iPhoneは、原則として手動設定のみ。「設定」→「Wi-Fi」で上記でメモした「SSID」を選択して、「パスワード」(暗号化キー)を入力する。

Androidスマホの場合

Androidは、WPS(ルーター、端末の双方でボタンを押すだけで接続設定ができる仕組み)が最新のAndroid9から非対応になり、パスワード手動入力に一本化された。「設定」を開き「ネットワークとインターネット」へ進み、「Wi-Fi」を「オン」にする。SSIDのリストが表示されるので、自分が使うWi-Fiルーターをタップして、パスワードを入力すれば設定完了となる。

画像: Android 9から原則として手動設定に一本化された。「設定」の「インターネットとネットワーク」でルーターの「SSID」を選択し、「パスワード」を入力する。

Android 9から原則として手動設定に一本化された。「設定」の「インターネットとネットワーク」でルーターの「SSID」を選択し、「パスワード」を入力する。

Windowsパソコンの場合

Windowsパソコンは、原則として、ルーターとWindowsで双方のボタンを押せば接続設定が実行されるWPSに対応しているが、パスワードを手動入力する方法を使えば、ルーターの設置場所まで移動することなく、パソコンの前に座ったままでWi-Fi設定が完了する。Windows10での設定は、タスクバーのWi-Fiアイコンから行う。扇形のWi-Fiアイコンをダブルクリックすると、SSIDのリストが表示されるので、ここから自分が使うWi-Fiルーターを選択してクリック、パスワードを入力すれば設定完了だ。接続時に「自動的に接続」にチェックを入れると、パソコンがそのWi-Fiルーターの電波を感知した時点で、自動的にWi-Fiに接続される。

画像: Windowsでは、タスクバーのWi-FiアイコンをダブルクリックしてSSIDを選択、パスワード入力へと進む。

Windowsでは、タスクバーのWi-FiアイコンをダブルクリックしてSSIDを選択、パスワード入力へと進む。

Macパソコンの場合

MacのOS Xは、iPhoneと同様に自動接続機能には対応していないので、SSIDを選択してパスワードを入力する手動設定となる。設定作業は「メニューバー」のWi-Fiアイコンをクリックして「Wi-Fi」を「入」にすることから始める。Wi-Fiが「入」になると、周辺にあるWi-FiルーターのSSIDがリスト表示される。ここから自分が使うWi-FiルーターのSSIDを選択する。次の画面で自分のWi-Fiルーターのパスワード(暗号化キー)を入力し「接続」をクリックすればいい。「このネットワークを記憶」にチェックを入れておけば、次回以降は自動的にWi-Fiに接続される。

画像: Macはデスクトップ上端のメニューバーのWi-Fiアイコンをクリックし、SSIDの選択とパスワード入力を行う。

Macはデスクトップ上端のメニューバーのWi-Fiアイコンをクリックし、SSIDの選択とパスワード入力を行う。

画像: Macパソコンの場合

メッシュWi-Fiでもやり方は同じ

バッファロー
WTR-M2133HP

画像: メッシュWi-Fiも基本的に上記と同じ方法でOKだ。

メッシュWi-Fiも基本的に上記と同じ方法でOKだ。

画像: バッファロー WTR-M2133HP

解説/福多利夫(フリーライター)イラスト/中山昭(絵仕事界屋)

This article is a sponsored article by
''.