使わないアプリの消去方法は、iPhoneでは、消したいアイコンの長押しで、アイコンが揺れて「×」マークが出現。この×をタップすれば、アプリそのものを削除することができる。Androidの場合はアイコンをゴミ箱マークにドロップしただけではアプリを削除したことにならないため、注意が必要だ。

ホーム画面にある使わないアプリを消したい!

iPhoneAndroid

→アプリアイコンを長押しして「×」や「削除」マークをタップ

●iPhoneでアイコンを長押しする

iPhoneは、消したいアイコンを長押しすると、アイコンが揺れて「×」マークが出現。このマークをタップすれば、アプリそのものを削除することができる。

画像: アイコンを長押しすると、削除できるアプリの左上に「×」マークが表示される。「×」をタップすれば、アプリ自体が削除される。

アイコンを長押しすると、削除できるアプリの左上に「×」マークが表示される。「×」をタップすれば、アプリ自体が削除される。

●Androidでアイコンを長押しする

Androidの場合は、ホーム画面上のアイコンを長押しすると「削除」のボタンが出現するので、これをタップする。
Androidのバージョンによっては、長押しのあと、アイコンをごみ箱マークにドロップする場合もある。ただし、Androidのホーム画面にあるアイコンはアプリ本体ではなく、アプリを起動させるためのショートカットなので、これを削除してもアプリ自体の削除にはならない
アプリを削除する場合は、ドロワー画面(アプリ一覧)に移動し、そこでアイコンを長押しし、削除の操作を行う必要がある。  

画像: ホーム画面の削除したいアイコンを長押しすると「削除」のマークが表示される。これをタップするとショートカットが削除される。

ホーム画面の削除したいアイコンを長押しすると「削除」のマークが表示される。これをタップするとショートカットが削除される。

※掲載している画面は、iPhone、Androidの機種によって仕様が異なる場合があります。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.