【QRコードリーダー】iPhoneはカメラの標準機能、Androidは「Googleレンズ」でも読み取り可能

Android

QRコードを読み取るには、かつては、アプリをインストールする必要があったが、現在は、ほぼ不要だ。iPhoneは、iOS11以降、「カメラ」アプリにQRコードリーダー機能が組み込まれている。Androidも多くの機種がQRコードリーダー機能を搭載し、カメラを向けるだけで読み取れる。また、「Googleレンズ」にもQRコードリーダー機能がある。

QRコードを読み取れといわれたがどうすればいい?

●QRコードを読む機能が備わっている

かつては、QRコードを読み取るためのアプリをインストールする必要があったが、現在は、ほぼ不要といっていい。

iPhone

→カメラの標準機能として搭載

iPhoneは、2017年9月にリリースされたiOS11以降、「カメラ」アプリにQRコードリーダー機能が組み込まれている。カメラを起動してQRコードにかざすだけで、URLなどの情報がわかり、ダイレクトにアクセスできるのだ。

カメラで直接読み取ることもできるが、コントロールセンターでQRコードのアイコンをタップすると、QRコードカメラとして起動する。

Android

→「Googleレンズ」でもOK

Androidも多くの機種がQRコードリーダー機能を搭載しており、カメラを向けるだけで読み取れる機種が増えている。

また、2018年秋からリリースされた「Googleレンズ」にもQRコードリーダー機能がある。起動して、カメラでとらえたQRコードをタップすると読み取れる。

Androidスマホが順次アップデート対応している「Googleレンズ」には、QRコードやバーコードをスキャンする機能が搭載されている。

※掲載している画面は、iPhone、Androidの機種によって仕様が異なる場合があります。

解説/村元正剛(ITライター)

AndroidiPhoneガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース