「デュアルSIM」とは、1台に2つのSIMカードを入れることができる仕様のこと。SIMカードスロットが2つある端末はAndroidのみ。しかしiPhone XS、XS Max、XRなら「eSIM」でデュアルSIMに対応できる。利便性とお得さを兼ね備えるデュアルSIMのメリットと設定を詳しく解説する。
画像: 【デュアルSIMとは】メリットと設定をマスター!iPhoneは「eSIM」が使える!

利便性とお得さを兼ね備える「デュアルSIM」とは

一つの端末にメインとサブの回線を持つ

「デュアルSIM」とは、1台に二つのSIMカードを入れることができる仕様のこと。SIMフリースマホの多くは、この「デュアルSIM」に対応している。2枚のSIMカードが使えて、同時に待ち受けできる機能は、「DSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)」とも呼ばれる。また、LTE回線を使って音声通話を行うVoLTEで2回線分の待ち受けができることを、「DSDV(デュアルSIM/デュアルVoLTE)」と呼ぶ。

デュアルSIMのメリットは?

通話とデータ通信を使い分けできる

2回線で同時に待ち受けできると、仕事とプライベートで電話番号を使い分けたり、データ通信だけを格安SIMにして、通信料を抑えたりといったことが可能になる。また、海外旅行や海外出張に行った際に、日本の電話番号で待ち受けしつつ、現地の人に電話するときや、データ通信をするときだけは、割安な現地キャリアのSIMカードを使うといったこともできる。二つの電話番号を使い分けられる利便性だけでなく、お得さも兼ね備えているというわけだ。

ただし、デュアルSIM対応端末の中には、2枚めのSIMスロットがmicroSDカードスロットと兼用になっている端末も多い。この場合は、どちらか一方しか利用できないので、悩ましいところだ。積極的にデュアルSIMを使いたいときは、2枚のSIMカードとmicroSDカードが独立している端末を選ぶほうがいいだろう。

デュアルSIMを使うには、すでに入っているものとは別のSIMカードを挿すだけ。あとは端末側で、どちらのSIMカードでデータ通信をするかを切り替えられ、音声通話時には、どちらの電話番号で発信するかを選択できる。複雑な設定は不要だ。

デュアルSIMのセット~設定での注意点は?

1台の端末に2枚のSIMカードをセット

1台の端末に2枚のSIMカードを入れられる機能が、デュアルSIMだ。二つの電話番号を同時に使うことが可能で、どちらの電話番号に着信があってもOK。データ通信をするSIMカードは、手動で切り替えることが可能だ。

画像: DSDS対応スマホに二つのSIMカードを入れると、電話番号が二つ表示される。画面上部のアンテナマークも二つになり、それぞれの電波の強さがわかる。

DSDS対応スマホに二つのSIMカードを入れると、電話番号が二つ表示される。画面上部のアンテナマークも二つになり、それぞれの電波の強さがわかる。

画像: データ通信は同時にはできないため、どちらか一方を選択する。加入しているプランで使える容量がなくなったら、もう一枚のSIMカードに切り替えるといったことが可能だ。

データ通信は同時にはできないため、どちらか一方を選択する。加入しているプランで使える容量がなくなったら、もう一枚のSIMカードに切り替えるといったことが可能だ。

画像: 2枚のSIMカードで同時に待ち受けることが可能なため、どちらの電話番号に着信があっても着信音が鳴る。画面上に、どちらのSIMかも表示される。

2枚のSIMカードで同時に待ち受けることが可能なため、どちらの電話番号に着信があっても着信音が鳴る。画面上に、どちらのSIMかも表示される。

デュアルSIMならではの設定もマスター

二つのSIMカードを挿入するだけで簡単に使えるデュアルSIMだが、電話をどちらで発信するかといった設定は必要。SIMごとに着信音を分けておくこともできる。どちらの電話番号に電話がかかってきたのかが判断しやすい。

画像: 電話の発信時に、どちらのSIMカードを使うかを選択することができる。片方は待ち受けるだけでいいというときは、それをデフォルト設定にしておくこともできる。

電話の発信時に、どちらのSIMカードを使うかを選択することができる。片方は待ち受けるだけでいいというときは、それをデフォルト設定にしておくこともできる。

画像: 電話だけでなく、SMSでも二つのSIMカードを使い分けることができる。同時に待ち受けているため、受信時は、特に選択する必要はない。

電話だけでなく、SMSでも二つのSIMカードを使い分けることができる。同時に待ち受けているため、受信時は、特に選択する必要はない。

画像: 端末にもよるが、SIMカードごとに着信音を設定できる。それぞれ分けておけば、どちらの電話番号に電話がかかってきたのかが直感的にわかる。

端末にもよるが、SIMカードごとに着信音を設定できる。それぞれ分けておけば、どちらの電話番号に電話がかかってきたのかが直感的にわかる。

iPhoneの場合はeSIMが使える

現在、SIMカードスロットを二つ備えた端末はAndroidだけだが、実はiPhoneも、2018年に発売されたXS、XS Max、XRはデュアルSIMに対応している。
ただし、こちらは、2枚めのSIMカードが端末に内蔵された「eSIM」となり、物理的なSIMカードを挿すことはできない。SIMフリー版やSIMロック解除済みの端末であれば、これを利用できる。

残念ながら、現時点では日本のキャリアがeSIMに非対応となっているため、iPhoneでの主な利用シーンは海外渡航時になる。日本で海外キャリアのeSIMを書き込んでおき、現地でそれをオンにすれば、割安な料金で通信ができる。日本語対応しているキャリアはまれなため、ハードルは高いが、アップルのサイトには対応キャリアがまとめられているので、調べてみるといい。

iPhoneはeSIMでデュアルSIMに対応

SIMフリー版、キャリア版を問わず、iPhone XS、XS Max、XRの3機種は、eSIMに対応している。SIMカードスロットは一つだが、eSIMにキャリア設定を書き込むことで、デュアルSIMになるというわけだ。なお、キャリア版はSIMロック解除が必要。

画像: eSIMは、iPhoneの「設定」の「モバイル通信」で設定する。香港の「3」や、フランスの「Ubigi」といったキャリアは、日本からも契約することが可能だ。

eSIMは、iPhoneの「設定」の「モバイル通信」で設定する。香港の「3」や、フランスの「Ubigi」といったキャリアは、日本からも契約することが可能だ。

画像: パソコンからウェブで申し込みを済ませると、QRコードがメールで送られてくる。これを読み取ると、eSIMに必要な情報が書き込まれてiPhoneがデュアルSIMになる。

パソコンからウェブで申し込みを済ませると、QRコードがメールで送られてくる。これを読み取ると、eSIMに必要な情報が書き込まれてiPhoneがデュアルSIMになる。

画像: eSIMの契約から書き込みまでを、アプリで行えるキャリアも存在する。画面は90ヵ国で使える「Gigsky」というキャリアのもので、日本でも契約できる。

eSIMの契約から書き込みまでを、アプリで行えるキャリアも存在する。画面は90ヵ国で使える「Gigsky」というキャリアのもので、日本でも契約できる。

画像: iPhoneはeSIMでデュアルSIMに対応

解説/石野純也(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.