カシオ・G-SHOCK 「GWR-B1000」はグラビティマスターシリーズのニューモデル。耐衝撃構造の刷新で、大幅な強度アップと軽量化を実現している。ブルートゥースでスマホとも連係できる点も高ポイントだ。シャープな外観のパイロットウォッチで幅広いファッションに合わせやすそうだ。

シリーズ最強・最軽量のタフネスを実現!新次元の耐衝撃構造を持つG-SHOCK

カシオ・G-SHOCKの人気パイロットウォッチ「グラビティマスター」シリーズに、新次元のタフネス性能を実現したニューモデル「GWR-B1000」が登場した。

カシオ
GWR-B1000

画像: ブルートゥースでスマホとも連係できる。GWR-B1000-1A1JF(左)、GWR-B1000-1AJF(右)

ブルートゥースでスマホとも連係できる。GWR-B1000-1A1JF(左)、GWR-B1000-1AJF(右)

標準価格:9万円(税別)
●サイズ/50.1mm×46.4mm×16.9mm
●重量/72g
●機能/電波時計、タフソーラー、モバイルリンク(ブルートゥース)、針位置自動補正、LED(ホワイト)

注目は、G-SHOCKの生命線ともいえる耐衝撃構造の刷新。裏ぶたとの継ぎ目がないモノコックケースには金属代替樹脂として使われる「カーボン繊維強化PEEK樹脂」を採用。大幅な強度アップと軽量化を達成するとともに、ケースの強度向上と回路押さえ板の構造変更によって、ボタンガードのないスッキリした形状を実現した。

実際、プッシュボタンの押し心地も快適。カーボン素材削り出しのソリッドなベゼルとも相まって、実にシャープな外観のパイロットウォッチに仕上がっている。幅広いファッションに合わせやすそうな新時代のG-SHOCKだ。

●サイトURL→https://g-shock.jp/

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.