脳は大量にエネルギーを消費する、非常に繊細な器官です。脳を働かせていれば老廃物、つまりゴミが発生します。ゴミがたまってくると、脳の働きが悪くなるだけでなく認知症の原因にもなります。こうした脳のゴミは、実は睡眠中に大掃除されているのです。【解説】宮崎総一郎(中部大学特任教授・日本睡眠教育機構理事長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

宮崎総一郎(みやざき・そういちろう)
中部大学特任教授・日本睡眠教育機構理事長。1979年、秋田大学医学部卒業。85年、同大学大学院博士課程修了。国立水戸病院耳鼻咽喉科医長、秋田大学耳鼻咽喉科助教授を経て、2004年から2016年まで国内で初めて開設された滋賀医科大学睡眠学講座を担当。2016年より現職。専門は不眠症、睡眠時無呼吸症候群、睡眠学教育、認知症予防。著書は『病気の原因は「眠り」にあった』(実業之日本社)、『ぐっすり眠りたければ朝の食事を変えなさい』(PHP)など多数。

睡眠不足が脳のゴミを増やしボケを招く

『眠ったら成績が3倍アップした』

私たちは「疲れたから寝ている」だけではありません。実は睡眠中に脳は記憶を整理して再構成し、さらに脳のメンテナンスも行われているのです。

つまり、寝るたびに脳は賢くなっているというわけです。それを裏づける、研究報告を紹介しましょう。

できるだけ正確にキーボードを打つトレーニングで睡眠の記憶に及ぼす効果を比較しました(下のグラフ参照)。

《眠ると技能記憶が向上する!》

画像: (Walker et al, 2002より)

(Walker et al, 2002より)

Aグループは朝10時にトレーニングをし、12時間後に再度テストをしました。その結果、トレーニング時とほとんど成績が変わりませんでした。しかし、その後睡眠を取ってもらったところ、翌朝には、睡眠前に比べて成績が飛躍的に向上していました。

一方のBグループでは、夜のトレーニング後すぐに睡眠を取り、翌朝にテストをしたところ、成績が眠る前より明らかに向上していました。

こうした研究結果から、睡眠により技能や記憶が向上することがわかっています。ですから、テスト前に徹夜で勉強することは、逆効果というわけです。

さらに、16時間以上も起きたままの状態だと、酔っ払っているときと同じ程度にまで、脳の機能が低下することがわかっています。睡眠不足で行う作業は、酒気帯び運転と同じぐらい危険なのです。

『脳のメンテナンスは睡眠で行われる』

脳は大量にエネルギーを消費する、非常に繊細な器官です。脳を働かせていれば、老廃物、つまりゴミが発生します。ゴミがたまってくると、脳の働きが悪くなるだけでなく認知症の原因にもなります。

こうした脳のゴミは、実は睡眠中に大掃除されているのです。

私たちの脳は、1000億個以上のニューロン(神経細胞)と、その数倍ものグリア細胞で構成されています。グリア細胞は、ニューロンに栄養を補給してサポートするなどの役割を果たします。

このグリア細胞が睡眠中に縮むことで、脳に隙間ができます。このときに、脳のゴミが排出されて、メンテナンスが行われているのです。

バタンキューで眠る人は要注意!

日本では、認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えると推計されています。認知症を防ぐには、睡眠で脳をメンテナンスすることが重要です。

また、国民病ともいわれる糖尿病についても、睡眠が影響しています。

健康な若い人で、睡眠時間を4時間に制限して6日間過ごしてもらったところ、血糖値の上昇を抑える能力(耐糖能)が低下したと報告されているのです。

そのほか、肥満や高血圧、心臓病、うつなど精神疾患も、睡眠不足が深く関わっています。

ところが、厄介なことに、睡眠不足の自覚がない人が少なくありません。理由として、現代人が夜も「なんとなく」起きていることが考えられます。蛍光灯の明るい光やテレビ、スマートフォンの画面の明るさで、昼夜の感覚がマヒしているのです。

「テレビやスマートフォンを見ながら、いつの間にか眠っていた」という場合、視覚から入ってきた情報の処理を脳が行っているため、浅い眠りが続くことになります。

睡眠には、覚醒・うとうと・すやすや・ぐっすりの4段階があり、健康な人は入眠までに15~20分かかります。ベッドでバタンキュー、横になると8分未満で眠ってしまうという、「寝つきがとてもいい」人は、睡眠不足の可能性が高いのです。

スマートフォンを使いながら眠りに落ちたり、寝床に入ったらすぐに眠れたりするのは、実は非常に不健康なのです。

画像: 寝つきがいい、は要注意! スマホを見ながらの寝落ちは浅い眠りの原因になる

寝つきがいい、は要注意! スマホを見ながらの寝落ちは浅い眠りの原因になる

『医学的に問題ないことで悩んでいる場合も』

私が診療を行ってきた中で、「昔よりも眠れない」「理想の8時間睡眠ができない」など、医学的には問題はないのに深刻に悩んでいるケースもありました。

睡眠についてはさまざまな情報が世の中に出回っていて、医師の観点からすると、非常識と思える内容も目につきます。

例えば睡眠薬については、依存性が強いと思い込んで我慢して使わない人もいますが、正しく服用すれば安全な薬剤です。

さらに、薬と同等かそれ以上に効果のある「認知行動療法」もあります(詳しくは下項参照)。

今回は睡眠に関する正しい知識をお伝えするので、読者の皆さんには誤った思い込みを捨てて、それぞれの人にとって、最適な睡眠を見つけてほしいと思います。

This article is a sponsored article by
''.