画素数の多いほど画質が良くなるか?という質問への答えは「基本的にイエス」。高画質になる一方気を付けなければならないのが、データサイズも大きくなること。記録メディアは大容量のものが必要になってくる。また、わずかなブレやボケが目立ちやすいため、高画質を求めるなら、撮影スキルも必要になってくる。

やっぱり画素数が多いほど画質がいい?

画素数が多いほうがいいが容量も増えるので注意

やっぱり画素数が多いほど画質がいい?という質問には「基本的にはイエス」だ。画素数が多いほうが細部までより精細に記録することができるので、その点では高画質だといえる。

画像: ソニー・α7RⅢ(4240万画素)とα7Ⅲ(2420万画素)の画像を比較すると、細部の精細感に差があるのがわかる。

ソニー・α7RⅢ(4240万画素)とα7Ⅲ(2420万画素)の画像を比較すると、細部の精細感に差があるのがわかる。

ただし、画素数が多いとデータサイズも大きくなり、記録メディアへの書き込みに時間がかかったり連写枚数が少なくなったりすることもある。また、わずかなブレやボケも目立ちやすいので、高画質を最大限に発揮させるには、より繊細な撮影が必要だ。

画像: ※いずれもサイズL設定時の目安の容量。 4000万画素超と2400万画素クラスの画像サイズは倍近くある。記録メディアも大容量が必要だ。

※いずれもサイズL設定時の目安の容量。
4000万画素超と2400万画素クラスの画像サイズは倍近くある。記録メディアも大容量が必要だ。

現在は2400万画素前後のモデルが主流で、4Kテレビでの閲覧や、A3サイズの大判プリントでも十分満足できる画質が得られる。しかし、さらなる高画質を求めるなら、4000万画素超のフルサイズ機で、じっくりと被写体に向かってみるのもいいだろう。

解説:岡田清孝(カメラマン)

This article is a sponsored article by
''.