フィルムのデジタル化で一番簡単な簡単にできるのは、ケンコーのフィルム専用スキャナー「KFS-1490」を使う方法。35ミリフィルム用(スリーブ用)のホルダーが付属するが、別売でポケットカメラの110フィルム用のホルダーも用意されている。ここではKFS-1490を使ったデジタル化の手順を紹介する。

実践!写真のデジタル化~フィルム編

パソコンは不要! フィルム専用スキャナーでデジタル保存

フィルムを自分でデジタル化するのに最も手軽なのは、ケンコーのKFS-1490を使う手法だろう。単体でフィルムスキャンできる機種で、デジタルデータはSDカード(別売)に保存される。パソコンを用意したり、アプリをインストールしたりといった準備が一切不要なので、誰にでも簡単にデジタル化ができる。

製品には、35ミリフィルム用(スリーブ用)のホルダーが付属するが、別売でポケットカメラの110フィルム用のホルダーも用意されている。110フィルムに対応した機種は貴重だ。

フィルム専用スキャナーによるデジタル化の手順

使用した製品はコレ!

ケンコー KFS-1490

実売価格例:1万9980円

画像: ●イメージセンサー:CMOS(有効1400万画素)●スキャン解像度:最大4300dpi(35ミリフィルムの場合)●幅91㎜×高さ110㎜×奥行き118㎜・重量225g

●イメージセンサー:CMOS(有効1400万画素)●スキャン解像度:最大4300dpi(35ミリフィルムの場合)●幅91㎜×高さ110㎜×奥行き118㎜・重量225g

単体でデジタル保存が可能なフィルムスキャナー。2.4型モニター搭載で、画像を確認しながらスキャンできる。35ミリのネガ/ポジ/スライドに対応。110フィルム用のホルダーも別売で用意される。

①スキャナー本体に電源ケーブルを差し込む

画像: 製品付属のACアダプターを本体に差し込む。本機は2電源対応で、単3電池×4本でも作動する。電源ケーブルはUSBを兼用しており、パソコンに接続すれば、本機をSDカードリーダーとして利用することが可能となる。

製品付属のACアダプターを本体に差し込む。本機は2電源対応で、単3電池×4本でも作動する。電源ケーブルはUSBを兼用しており、パソコンに接続すれば、本機をSDカードリーダーとして利用することが可能となる。

②本体の背面上部にSDカードを挿入する

画像: データを保存をするためのSDカードを挿入する。使用できるSDカードは64Gバイトまで。初回使用時には本機の「設定」でSDカードのフォーマットが必要になる場合もある。

データを保存をするためのSDカードを挿入する。使用できるSDカードは64Gバイトまで。初回使用時には本機の「設定」でSDカードのフォーマットが必要になる場合もある。

③フィルムをホルダーにセットする

画像: 上:135(35ミリ)フィルム、下:110(ポケットカメラ用)フィルム(別売) 製品付属のホルダーは35ミリのスリーブ(6コマ)用と35ミリのスライドマウント用のみで、110フィルム用は別売。表・裏を間違えないよう、フィルムをセットする。

上:135(35ミリ)フィルム、下:110(ポケットカメラ用)フィルム(別売)
製品付属のホルダーは35ミリのスリーブ(6コマ)用と35ミリのスライドマウント用のみで、110フィルム用は別売。表・裏を間違えないよう、フィルムをセットする。

④スキャナーの電源をオンにする

画像: 本体上面の電源ボタンを長押しして、電源をオンにする。初期設定は、35ミリのネガフィルムになっているが、必要に応じてフィルム種別やスキャン解像度の設定を変更する。

本体上面の電源ボタンを長押しして、電源をオンにする。初期設定は、35ミリのネガフィルムになっているが、必要に応じてフィルム種別やスキャン解像度の設定を変更する。

⑤フィルムホルダーを本体側面から差し込む

画像: フィルムホルダーの向きを間違えないように注意しながら、本体側面から差し込む。ホルダーの送りは手動。手で押し込んでいくと、コマごとにクリック感がある。

フィルムホルダーの向きを間違えないように注意しながら、本体側面から差し込む。ホルダーの送りは手動。手で押し込んでいくと、コマごとにクリック感がある。

⑥本体天面のスキャンボタンを押す

画像: スキャンモードにすると、モニターに写真が表示される。フィルムの表・裏が間違っていないかを再確認し、「SCAN」ボタンを押すと、デジタルデータがSDカードに保存される。

スキャンモードにすると、モニターに写真が表示される。フィルムの表・裏が間違っていないかを再確認し、「SCAN」ボタンを押すと、デジタルデータがSDカードに保存される。

⑦パソコンの画面でSD内の画像を確認する

画像: 写真は、JPEG画像としてSDカードに保存される。SDカードをパソコンに挿入し、Windows標準アプリの「フォト」などで開き、きちんとデジタル化されているかを確認しよう。

写真は、JPEG画像としてSDカードに保存される。SDカードをパソコンに挿入し、Windows標準アプリの「フォト」などで開き、きちんとデジタル化されているかを確認しよう。

フィルム/プリント兼用スキャナーもある!

KFS-14CB

実売価格例:2万900円

画像: 【ネガフィルムのデジタル化】専用スキャナーを使ってSDカードに保存する方法

ケンコーのフィルム/プリント兼用スキャナー。パソコン不要でSDカードにデータ保存が可能。対応するフィルムは35ミリだが、別売で110フィルム、126ミリフィルム(インスタマチック)用ホルダーも用意される。プリントはL判とKGサイズに対応。

※価格は記事作成時のものです。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.