梅雨時の部屋のジメジメはエアコンで解消できるが、意外に困るのが「身につける物のケア」。衣類・靴・布団も専用家電できちんとケアをすると生活はグンと快適になる。今回は、衣類・布団・靴の乾燥、除湿、ニオイ除去ができるおすすめ家電を達人が紹介する。

目指せ!家電選びの達人
今回の家電は「梅雨時に活躍する乾燥機&除湿機」

湿気の多いこれからの時期は、ジメジメやニオイを抑える乾燥・除湿アイテムが大活躍。いずれも手ごろな価格ながら、実用的で、使い勝手のいい製品がそろっている。今回は、梅雨時の困りごとに実直に対応してくれる実力派の乾燥/除湿機を集めてみた。

画像1: 【梅雨時期の室内干し対策】衣類・靴・布団もケアを!専用の乾燥機&除湿機がおすすめ!

監修者のプロフィール

中村剛
「TVチャンピオン」スーパー家電通選手権で優勝の実績を持つ家電の達人。家電製品総合アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京電力「くらしのラボ」所長。現在、暮らしに役立つ情報を動画(Facebook)で配信中。

室内干しの衣類や布団のニオイ、湿気など梅雨の悩み対策は専用機でのケアが効果的

画像: 室内干しの衣類や布団のニオイ、湿気など梅雨の悩み対策は専用機でのケアが効果的

人が快適に感じる湿度は、40〜60%といわれる。雨が続く梅雨の時期には湿度が70〜80%になり、ジメジメして不快になるほか、カビや雑菌の繁殖率も上がって、嫌なニオイが発生する。悪いことに、人間の鼻は、湿気が高いとニオイを感じやすくなるという。

部屋のジメジメはエアコンで解消することができるが、意外に困るのが、身につける物のケアだ。洗った衣類から生乾きのニオイがしたり、布団が湿って重くなったり、靴が乾かなくて気がめいったりということは、誰もが経験しているだろう。これらの問題は、何となくやりすごしがちだが、積極的に解消することで、生活はグンと快適になる。

以下、梅雨のお助け家電を、いくつかピックアップしてみよう。

梅雨におすすめ!
衣類乾燥/除湿機

室内干しの洗濯物に風を当ててスピーディに乾燥

洗濯乾燥機や浴室乾燥などを導入していない家庭では、梅雨時の洗濯(特に、室内干し)問題は切実といえる。そんなときに便利なのが、衣類乾燥機だ。

これは、室内干しをしている洗濯物に風を当てるというシンプルな製品だが、早く乾かすことで菌の繁殖を抑制し、生乾きのニオイを解消できる。ワイドに送風できるので、たくさんの洗濯物に対応できるほか、1枚をピンポイントで乾かすことも得意だ。子供のユニホームや体操着など、急ぎの洗濯物があるときにも重宝する。

製品にはさまざまなタイプがあるが、手軽さで目立っているのがアイリスオーヤマのカラリエだ。ファンで送風するサーキュレータータイプで、パワフルな風が遠くまで届き、振り幅260センチの首振り機能により広範囲に送風が可能。温風で乾かすことができるので、部屋干し時間を約1/3に短縮できるという。
洗濯物だけでなく、浴室や下駄箱、押入れなど、湿気がこもりがちな空間に風を送って、湿気を飛ばすといった使い方も可能。温風ではなく、通常の送風モードも使えるので、梅雨時以外にも、サーキュレーターとして使用できる。コンパクトで軽量なので、手軽に移動させて使えるのもポイント。

温風を衣類に当てて効率的に乾かす

衣類乾燥
■アイリスオーヤマ カラリエ KIK-C510

実売価格例:7910円

小さいファンから出る温風を、大きなファンに乗せて飛ばす「スパイラルドライ気流」を採用し、効率的に衣類を乾かす。風量は3段階調節。2・4・8時間のタイマー付き。

画像: ●消費電力/最大510W●タイマー/2・4・8時間●コード長/約1.9m●サイズ/幅188㎜×高さ342㎜×奥行き257㎜●重量/3.5kg

●消費電力/最大510W●タイマー/2・4・8時間●コード長/約1.9m●サイズ/幅188㎜×高さ342㎜×奥行き257㎜●重量/3.5kg

画像: 大きめのファンで送風するため、離れた衣類にもしっかりと風が到達。

大きめのファンで送風するため、離れた衣類にもしっかりと風が到達。

画像: 角度調整ができるため、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても活用可。

角度調整ができるため、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとしても活用可。

もう一つの注目は三菱電機で、こちらは、送風に加え、コンプレッサーで除湿も行う。そのぶん本体は大きくなるが、洗濯物の周囲の湿度を下げながら送風することで、より洗濯物を早く乾かすことができる。除湿機単体として使うこともできるので、湿気の多い部屋やクローゼットなどに設置すれば、カビ対策に有効だ。
送風機能にも一工夫があり、同社のエアコンでおなじみの「ムーブアイ」を搭載している。赤外線センサーが衣類をチェックし、湿っているところだけに送風するので、効率的な乾燥が可能。濡れている箇所がなくなったら自動停止するため、無駄な送風を防ぐことができる。ボタンを押すだけで、作業を丸ごと任せられるため、防犯や周囲の環境などの理由で、洗濯物が一年中、外に干せない家庭では特に便利に使えるだろう。

三つのセンサーで衣類の状況を常にチェックして自動運転

衣類乾燥・除湿
■三菱電機 MJ-M120PX

実売価格例:5万3780円

洗濯物の位置や量、状態を三つのセンサー(赤外線・温度・湿度)で細かく検知し、送風範囲を自動認識。角度やタイマー設定の必要なしに、すべて自動で行うハイテクモデル。

画像: ●除湿方式/コンプレッサー式●除湿能力(50/60Hz・1日当たり)/11ℓ/12ℓ●タンク容量/約3.0ℓ●消費電力(50/60Hz)/325/385W●コード長/1.8m●サイズ/幅360㎜×高さ534㎜×奥行き210㎜●重量/13.5kg

●除湿方式/コンプレッサー式●除湿能力(50/60Hz・1日当たり)/11ℓ/12ℓ●タンク容量/約3.0ℓ●消費電力(50/60Hz)/325/385W●コード長/1.8m●サイズ/幅360㎜×高さ534㎜×奥行き210㎜●重量/13.5kg

画像: 3Dムーブアイが洗濯物の乾き具合を常にチェック。濡れている部分にはピンポイントで送風して徹底乾燥。

3Dムーブアイが洗濯物の乾き具合を常にチェック。濡れている部分にはピンポイントで送風して徹底乾燥。

ちなみに、洗濯物のニオイは、洗濯槽の裏側のカビが原因になることがあるため、ふだんから定期的に槽をクリーニングするのが望ましい。また、菌の繁殖を防ぐためにも、使用していないときは、洗濯機のフタを常に開けておくといい(ドラム式を除く)。

達人教えて!
部屋干しするなら、洗剤選びにもこだわってみよう!

画像: 写真は、ライオン・部屋干しトップ 除菌EX (実売350円程度)

写真は、ライオン・部屋干しトップ 除菌EX
(実売350円程度)

部屋干しの生乾き臭を抑えるには、洗剤に目を向けるのもいい。市販の部屋干し洗剤は、通常の洗剤より、洗浄力と抗菌力が高いのが特徴。洗濯時に、生乾き臭の原因となる汚れや雑菌をしっかり落とし、菌の繁殖を抑えることで、ニオイ解消につなげている。

This article is a sponsored article by
''.