今の日本、老若男女を問わず、オシャレをする時代になりました。あるメーカーに言わせると、メンズビューティの市場立ち上がりはスゴいのだとか。まぁ昔から、人間はいろいろなオシャレをして来ましたからね。昨今、女性の方が声高に「美」を求めてきましたが、それはたまたま。男の方がオシャレに敏感だった時代は幾らでもあります。それに倣ってではありませんが、今回、TWINBIRD Beautyシリーズ 第一弾「防水ヘッドケア機TB-G001JPPW」の使用感をレポートします。

TWINBIRD Beautyシリーズとは

ツインバード工業(以下・ツインバード)の考える「美容ケア」とは、「正しく"整える"ことで、自分の中の美を開放する」ことだそうです。

ここでいう美ですが、人の肉体「本来の機能」と言ってもいいと思います。
野生動物は、腹が膨れると眠るか、グルーミングをしています。大自然は弱肉強食。体の弱いモノから捕食されますし、例えライオンであっても体が弱ければ、獲物を狩れなくなり、生きることができません。グルーミングで、常に全開で動けるように体を手入れすること、これは重要なことです。

また、このグリーミングは、心をも落ち着けます。このためでしょうかね、朝グルーミングをすると気持ちがシャンとするのは。

そのためのツールが、TWINBIRD Beautyシリーズと言うわけです。

ツインバードは、新潟県燕三条にあります。
行くと、道のいろいろなトコロが赤い。これは冬に地下水を撒き、道が氷らないようにするためですが、その地下水に多量に含まれている鉄分が道に残り錆びた色です。
これでお分かりの通り、燕三条は金属と縁が深いところで、金属加工の町として、有名です。特に研磨技術は、世界でも指折りで、ノーベル賞授賞式に用いられるカトラリーは、燕市製です。

精緻な金属加工技術を持つこの地に根を下ろすツインバードは、当然、日本製、品質にこだわります。特に美容家電は「肌に触れるもの」「自分の身体にかかわるもの」ですから、「安心」はとても重要です。

また、「技術」「思い」が重なった家電のモチーフは、新潟の原風景「雪景色」。精緻な雪の結晶です。

画像: TWINBIRD Beautyシリーズとは

ピカピカの…先カンブリア・デザイン!

箱を開けると、ピカピカの本体が出てきます。ツインバードは元々メッキ屋さん。「ピカピカ」は大得意。しかし、形は異形です。

正直、生物デザインが爆発したような先カンブリア紀に出てきそうなスタイルです。
それがピカピカ、柄はダイヤモンドの形をしたパール。確かにダイヤモンドは、雪の代表的な形ですが…。

画像1: ピカピカの…先カンブリア・デザイン!
画像2: ピカピカの…先カンブリア・デザイン!

横から見ると北欧神話に出てくる多脚馬の様にも見えますし、足の方から見ると甲殻類を思わせる、このデザイン。実は非常に合理的に出来ています。
多脚は上手にマッサージするため。もともと頭皮マッサージは二本の手で行いますので、活躍するのは10本の指。

馬のように見えるのは、泡だった手で持ってもしっかりホールディングできる様にと、必然が集合したデザインなのです。
先カンブリアは、こうならねばならないだろう、という必然の集合体ですから、デザインが似るのは当たり前。以降、洗練されてくると思います。

ツインバード 
防水ヘッドケア機 
TB-G001JPPW

画像: ツインバード 防水ヘッドケア機 TB-G001JPPW

ドライコンディションでのテスト

まず、ドライコンディションで試して見ます。

指のマッサージとは、かなり違います。
指だと、これほどの狭範囲に、パワーを集中させることができないからです。このため、頭の部分マッサージという極めて珍しい体感をすることになります。
押し付け型のマッサージなので、モーターが弱いと止まる場合が多いのですが、モーターは強力で強烈なマッサージを繰り出します。
終わると頭の表面がちょっとズキズキするような、それでいて頭がすっきりしたような、妙にやみつきになる感じがします。

ウェットコンディションでのテスト

次はウェットコンディションで試しました。防水なので、機能的には問題ありません。

それどころか、ドライコンディションのいやなところが皆無になります。とても気持ちがイイ。
半身浴他、いろいろ試して見ましたが、それは変わりません。頭のてっぺんから楽になる。それが、今回のテスト結果です。

使えるガイドシート付き

わりと単純な構造の家電なので、取説を読む必然性は余りありませんが、同梱の「お疲れタイプ別おすすめコースガイドシート」の出来が、かなり良いです。
疲れを感じる、もしくは美容ケアしたい部位別に、ABCDの4つのコースがあります。1コース、10分から12分。

私は、長湯は得意な方ですので30分でも問題ないですが、12分位でしたら短湯を好む人でも大丈夫だと思います。

私が検証したのは、ケア=楽になる、スッキリするという方で、美容の方の効果は検証していません。しかし、このマッサージは、フェイスラインをすっきりする、おでこをすっきり、といった、いわゆるリフトアップ系の美容効果があるそうです。

現代はストレス横溢。これまで、マッサージチェア、アイケアと紹介してきましたが、それに加えて今回のヘッドスキンケア。うれしいのは、肩や首の突っ張りが緩和されることです。マッサージチェア、アイケアと一緒に使ってほしい美容ケア家電といえます。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オ
フィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があ
り、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.