ゴースト血管が増えると、肌にハリがなくなってシワができたり、抜け毛が増えたりと老化が進みます。内臓でも、毛細血管のゴースト血管化が起こります。しかし、毛細血管を復活させる方法もあります。それは、血流をよくすることです。お勧めするのが、ふくらはぎへの刺激です。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

高倉伸幸(たかくら・のぶゆき)
大阪大学微生物病研究所教授。1988年に三重大学医学部を卒業し、5年間、血液内科医として臨床に従事。1997年に京都大学大学院医学研究科博士課程終了、医学博士。2006年より現職。日本血管生物医学会理事長、金沢大学がん研究所客員教授も兼任。

ゴースト血管は糖尿病を悪化させる

ふくらはぎを押したり、足を動かしたりして刺激すること。それは、若さと健康を保つために効果的だと考えられます。

というのも、ふくらはぎをはじめとする骨格を形成していて、自分の意思で自由に動く筋肉(骨格筋)には毛細血管が非常に多く通っているからです。

毛細血管は、太さ5~9μm(1000分の5~9mm)の非常に細い血管です。皮膚や臓器、筋肉、骨など、私たちの体の隅々まで張り巡らされていて、血液を介して体中の組織に酸素や栄養素を届けます。

それに加えて、二酸化炭素や老廃物、余分な水分の回収を担っています。いわば、体の組織が機能するための輸送路として欠かせない器官で、全身の99%の血管が毛細血管です。

私は20年以上、血管や幹細胞(組織の再生などを担う細胞)について研究しています。毛細血管は、これまで動脈や静脈と比べるとあまり注目されていませんでした。しかし、近年、「ゴースト血管」が大きく注目されています。

ゴースト血管とは、毛細血管が消滅した状態をいいます。血流が悪くなって毛細血管に血液が流れなくなると、ゴーストタウンに建つ廃墟群のように毛細血管が朽ちて崩壊します。それをイメージして、私はゴースト血管と名づけました。

ゴースト血管が増えるいちばんの原因は加齢です。皮膚の毛細血管を調査したある研究では、60~70代の人は20代の人に比べて、皮膚の表面まで到達している毛細血管が4割も減少していたとのことです。

画像: 左:問題のないきれいな毛細血管 右:ゴースト血管 [画像提供:あっと株式会社血管美人]

左:問題のないきれいな毛細血管 右:ゴースト血管
[画像提供:あっと株式会社血管美人]

加齢によってゴースト血管が増えると、肌にハリがなくなってシワができたり、髪の毛に栄養が届かなくなって抜け毛が増えたりと老化が進みます。

内臓でも、毛細血管のゴースト血管化が起こります

例えば、腎臓です。腎臓には糸球体という毛細血管がとぐろを巻いてできた塊があります。この糸球体に血液が流れこむことで不要物がろ過され、血液をきれいに保てます。

しかし、糸球体でゴースト血管が増えると、ろ過が十分にできなくなります。すると、たんぱく尿血尿が出たり、最悪の場合は慢性腎臓病を招きます。

肝臓や膵臓などでも同様にゴースト血管が増えると、肝機能の低下糖尿病の悪化など、多くの病気の原因となります。

しかし、ゴースト血管の増加を食い止めるだけでなく、毛細血管を復活させる方法もあります。

それは、血流をよくすることです。

私は研究で、高齢者に定期的に運動をしてもらうと、毛細血管が消滅しているところに、再び毛細血管が延びることを確認しました。これは、運動で血流がよくなったからだと考えられます。

血流が悪いとゴースト血管が増える!

血流をよくするお勧めの体操も下記で紹介しますが、まずは毛細血管とゴースト血管について詳しく説明します。

血液は、心臓のポンプ機能によって、動脈を通り、細動脈(直径100~200μmの細い動脈)から毛細血管に入り、骨、内臓など各組織へ流れていきます。

血管内の血流に問題がないときは、毛細血管の内側にある細胞(内皮細胞)と外側にある細胞(壁細胞)とがピタッとくっついて構造を保てます。

ところが、血流が悪くなると、毛細血管はへたってその構造が保てなくなります。すると、内皮細胞と壁細胞との接着がゆるんでしまうのです。

接着がゆるむと、血管に大きなすき間ができます。そのすき間から血液成分が漏れ出し、末端まで血液が行き届かなくなり、運ばれるべき栄養や酸素が欠乏します。

血液が通わなくなることで末端の毛細血管を、不要なものとして体が消滅させます。これが、ゴースト血管が増えていく原因となります。

毛細血管が豊富なふくらはぎを動かそう

そこで、お勧めするのが、ふくらはぎへの刺激です。

なぜなら、ふくらはぎは全身で最大の骨格筋の一つで、体中で毛細血管が最も多いところといっても過言ではないからです。

老化は全身で同じ程度で進行しますが、毛細血管が復活するのも、同じ程度だと考えられます。ですから、まず毛細血管が非常に多いふくらはぎのゴースト血管化を防ぎ、全身の毛細血管をよみがえらせましょう。

ふくらはぎの筋肉を動かすには、「かかと上げ(詳しいやり方は下記)」がお勧めです。

この体操は、誰でも安全にふくらはぎの筋肉を動かすことができます。ふくらはぎへの刺激で老化をゆるやかにし、健康寿命を長くしましょう。

ゴースト血管が改善!「かかと上げ」のやり方

毛細血管は加齢などの原因で消滅してゴースト血管となりますが、かかと上げを行うことで、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせて血流がよくなり、毛細血管を復活させます。糖尿病の悪化を防いだり、内臓や肌を若返らせたりするのに有効です。

画像1: 【ゴースト血管を改善】ふくらはぎへの刺激が効果 かかと上げで老化スピードをゆるやかにしよう!

足を肩幅よりやや狭くしてイスの後ろに立ち、両手で背もたれを軽くつかむ。背すじを伸ばして正面を見る。

画像2: 【ゴースト血管を改善】ふくらはぎへの刺激が効果 かかと上げで老化スピードをゆるやかにしよう!

両足のかかとをゆっくり上げて、つま先立ちのまま5秒キープ。ゆっくりとかかとを下ろして①に戻る。この動作を30回くり返して1セット

画像: この記事は『安心』2019年7月号に掲載されています。

この記事は『安心』2019年7月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.