「PayPay」「LINE Pay」「d払い」「メルペイ」など、サービスが乱立するスマホ決済だが、各社ともユニークな機能やキャンペーンを提供している。ここで、自分にピッタリのサービスが選べるよう、主なサービスの特徴を解説していこう。

注目サービス
「PayPay」と「LINE Pay」。まずは、2大サービスをチェック

現時点で、スマホ決済の中心にあるのは「PayPay」だろう。

サービスとしては後発だが、ソフトバンクグループの総力を結集して全国規模で加盟店開拓を行っており、これまでキャッシュレス決済に興味がなかった店舗でも対応が進みつつある。

さらに、ソフトバンクやヤフーなどグループ各社が、ユニークな機能やキャンペーンでその周りを固めるという構図だ。

PayPayの特徴としては、何といっても、通常時で3%という還元率の高さが挙げられる。それ以外のキャンペーンも手厚い。

PayPayに続く存在は、「LINE Pay」だろう。業界では老舗で、コミュニケーションアプリの定番「LINE」を軸に、国内だけで3000万の登録ユーザー、月間利用者数は2019年内に1000万と、国内でも最大規模を誇る。

また、利用可能な店舗が多いだけでなく、残高チャージに利用できる対応銀行が多く、LINEアプリ上から請求書のバーコードを読み取って公共料金の支払いが可能など、便利な機能も多い。

LINEフレンドに対して送金が簡単に行え、必要であれば残高からの出金が可能など、ほかのサービスであまり実装が進んでいない機能も備える。

スマホ決済の利用に当たっては、まず、このPayPayとLINE Payの二つを軸に考えるといいだろう。

【PayPay】
ソフトバンクグループの総力を結集。利用可能店舗が急拡大中

画像: サービスでは後発だが、利用可能店舗で他社を圧倒。「PayPayだけ使える」という店舗も少なくない。

サービスでは後発だが、利用可能店舗で他社を圧倒。「PayPayだけ使える」という店舗も少なくない。

【LINE Pay】
豊富な機能で利便性を追求。LINEユーザーの基盤が強み

画像: 「LINE」アプリからそのまま利用できるのが強み。本人認証後はさまざまな機能が利用可能になる。

「LINE」アプリからそのまま利用できるのが強み。本人認証後はさまざまな機能が利用可能になる。

注目サービス
「d払い」と「メルペイ」は、相次ぐキャンペーンで人気上昇

キャンペーン合戦の続くスマホ決済の世界だが、「d払い」は20%相当のdポイント還元、「メルペイ」は特定条件下で最大の70%還元(いずれも終了)と、派手なキャンペーンが目立っていた。

d払いは、対応のリアル店舗が増えつつある「dポイント」の活用促進の意味合いがあり、ドコモ以外のユーザーでも利用可能。電子マネーのiDが利用できない店舗での拡大もねらっている。

メルペイは、メルカリでの売上金をそのまま店舗支払いに流用できる点が興味深い。現金化には手数料がかかる一方、メルペイ支払いでは全額が使えるため、メルカリをよく利用する人ほど便利なサービスだ。

また、支払いを翌月に回せる「あと払い」(メルペイ残高以外では月300円の手数料が必要)サービスもユニークだ。

【d払い】
dポイントで大規模還元。店舗もサイトも拡大中

画像: ドコモユーザーならすぐに利用可能。キャリア決済で回線料金との合算支払いもできる。

ドコモユーザーならすぐに利用可能。キャリア決済で回線料金との合算支払いもできる。

【メルペイ】
メルカリ利用者に便利!ユニークな機能も多い

画像: コード決済だけでなく、iDでの支払いも行えるため、利用可能店舗の幅が広い。

コード決済だけでなく、iDでの支払いも行えるため、利用可能店舗の幅が広い。

注目サービス
「楽天ペイ」や「au PAY」などまだある、ねらい目サービス

「世界最大のポイントプログラム」とアピールする「楽天スーパーポイント」を最大限活用できる「楽天ペイ」など、ほかにもユニークな特徴を持つサービスは多く存在する。

クーポン配信を主体に割引キャンペーンが利用できる業界最古参の「Origami Pay」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょPay」、ファミリーマートの「FamiPay」などがあり、今後も、銀行口座直結の「Bank Pay」などが控えている。いずれも利用は無料なので、その時々で最適なサービスを利用するといい。

一方で、7payのように数々の問題を抱えて早期退場してしまうサービスもあり、「慌てて飛びつかない」ことも重要だろう。

【楽天ペイ】
リアルでもネットでも楽天ポイントを最大限活用

画像1: 【スマホ決済8社を徹底比較】還元率が高いのは?利用限度額は?(PayPay、LINEPay、ゆうちょペイなど)

【Origami Pay】
お得なクーポンが特徴の業界最古参

画像2: 【スマホ決済8社を徹底比較】還元率が高いのは?利用限度額は?(PayPay、LINEPay、ゆうちょペイなど)

主なスマホ決済一覧

画像: 主なスマホ決済一覧

主な運営元・サービス開始

【PayPay】 ソフトバンク、ヤフー /2018年10月
【LINE Pay】 LINE /2014年12月
【d払い】 NTTドコモ/2018年4月
【メルペイ】 メルカリ /2019年2月
【楽天ペイ】 楽天 /2016年10月
【Origami Pay】Origami/2015年10月
【ゆうちょペイ】ゆうちょ銀行/2019年5月
【FamiPay】 ファミリーマート /2019年7月

入金・チャージ方法

【PayPay】
◻︎前払い(チャージ方法)
Yahoo!マネー、銀行口座、電話料金合算払い、セブン銀行ATM

◻︎即時払い

◻︎後払い
クレジットカード

【LINE Pay】
◻︎前払い(チャージ方法)
銀行口座、コンビニ(Famiポート)、セブン銀行ATMなど

◻︎即時払い
LINEポイント

◻︎後払い
クレジットカード(発行予定)

【d払い】
◻︎前払い(チャージ方法)
dポイント、ドコモ口座残高

◻︎即時払い

◻︎後払い
電話料金合算払い、クレジットカード

【メルペイ】
◻︎前払い(チャージ方法)
銀行口座

◻︎即時払い
メルカリ売上高、メルカリポイント

◻︎後払い
メルペイあと払い

【楽天ペイ】
◻︎前払い(チャージ方法)

◻︎即時払い
楽天スーパーポイント、楽天キャッシュ 

◻︎後払い
クレジットカード

【Origami Pay】
◻︎前払い(チャージ方法)

◻︎即時払い
銀行口座

◻︎後払い
クレジットカード

【ゆうちょペイ】
◻︎前払い(チャージ方法)

◻︎即時払い
銀行口座

◻︎後払い

【FamiPay】
◻︎前払い(チャージ方法)
コンビニレジ(ファミリーマート)、クレジットカード(ファミマTカード)

◻︎即時払い

◻︎後払い

主な利用可能店舗・サイト

【PayPay】
◻︎コンビニ
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマートなど

◻︎ドラッグストア
ウエルシア、サンドラッグ、ツルハドラッグ、スギ薬局など

◻︎家電量販店
ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなど

◻︎その他
ユニクロ、阪急百貨店、松屋、ビッグエコーなど

◻︎主な利用可能サイト
Yahoo!ショッピング、LoHaCoなど

【LINE Pay】
◻︎コンビニ
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマートなど

◻︎ドラッグストア
ウエルシア、サンドラッグ、ツルハドラッグ、スギ薬局など

◻︎家電量販店
ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなど

◻︎その他
スターバックス、阪急百貨店、松屋、ビッグエコーなど

◻︎主な利用可能サイト
ZOZOTOWN、Joshin webショップ、ピザハットなど

【d払い】
◻︎コンビニ
ファミリーマート、ローソン、ミニストップなど

◻︎ドラッグストア
ウエルシア、マツモトキヨシ、スギ薬局など

◻︎家電量販店
ビックカメラ、ケーズデンキ、エディオン、ジョーシンなど

◻︎その他
東急ハンズ、メガネスーパー、松屋、ビッグエコーなど

◻︎主な利用可能サイト
Amazon、ノジマオンライン、NTT-X Store、メルカリ、ローチケなど

【メルペイ】
◻︎コンビニ
セブン-イレブン、ファミリーマート(iDのみ)、ローソン、ミニストップ、セイコーマート(iDのみ)など

◻︎ドラッグストア
ウエルシア、ツルハドラッグ(iDのみ)、スギ薬局など

◻︎家電量販店
ヤマダ電機、ビックカメラ(iDのみ)、エディオン(iDのみ)、ケーズデンキなど

◻︎その他
松屋、ビッグエコー、JapanTaxiなど

◻︎主な利用可能サイト
メルカリ、SHOPLIST.com

【楽天ペイ】
◻︎コンビニ
ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマートなど

◻︎ドラッグストア
ウエルシア、サンドラッグ、ツルハドラッグ、スギ薬局など

◻︎家電量販店
ビックカメラ、ケーズデンキ、ジョーシンなど

◻︎その他
Zoff、阪急百貨店、松屋、丸善、ビッグエコーなど

◻︎主な利用可能サイト
BUYMA、無印良品、ドミノピザ、mora、e-onkyo musicなど

【Origami Pay】
◻︎コンビニ
ローソン、ミニストップ、セイコーマートなど

◻︎ドラッグストア
ウエルシアなど

◻︎家電量販店
ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、ケーズデンキなど 

◻︎その他
Zoff、パルコ、吉野家、阪急百貨店など

◻︎主な利用可能サイト

【ゆうちょペイ】
◻︎コンビニ
ミニストップなど

◻︎ドラッグストア
ウエルシアなど

◻︎家電量販店
ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなど 

◻︎その他
東急ハンズ、松屋、ジャンカラなど

◻︎主な利用可能サイト

【FamiPay】
◻︎コンビニ
ファミリーマート

◻︎ドラッグストア

◻︎家電量販店
─ 

◻︎その他

◻︎主な利用可能サイト
Kaema

対応ポイントサービス

【PayPay】
PayPayボーナス、PayPayボーナスライト

【d払い】
dポイント

【楽天ペイ】
楽天スーパーポイント

【ゆうちょペイ】

【LINE Pay】
LINEポイント

【メルペイ】
メルカリポイント(決済のみ)

【Origami Pay】

【FamiPay】
FamiPayボーナス

基本還元率

【PayPay】
3.0%(Yahoo!ジャパン以外のクレジットカードの場合、0.5%)

【d払い】
0.5~1.0%

【楽天ペイ】
0.5%

【ゆうちょペイ】
なし

【LINE Pay】
0.5~2.0%

【メルペイ】
なし

【Origami Pay】
2.0%

【FamiPay】
0.5%

利用限度額

【PayPay】
1日50万円/1ヵ月200万円(クレジットカードは1日2万円、1ヵ月5万円など)

【d払い】
1回5万円(クレジットカードはカードの限度額まで)

【楽天ペイ】
1回50万円

【ゆうちょペイ】
1日200万円/1ヵ月500万円(引き上げ手続き前は1日・1ヵ月3万円)

【LINE Pay】
1回100万円(本人確認前は1回10万円)

【メルペイ】
1回10万円/1日100万円

【Origami Pay】
1回100万円(口座払いは1回10万円)

【FamiPay】
1回10万円

解説/鈴木淳也( ITジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.