ツイッターの語源は、小鳥がチュンチュンと鳴く「さえずり」。誰もが自由にツイート(発言)し、誰でも見られる。ツイートを見たい人をフォロー(自分専用の画面に表示されるように登録)する機能もあるが、フォローしなくても検索して見ることが可能。気になるツイートを自分のフォロワー(フォローしている人)に教えたりして情報が拡散される仕組み。有名人や企業はその拡散力に注目してツイッターを利用している。

<疑問と悩み>
有名人や企業はなぜ使う?災害時に役立つって、本当?

文章、写真、動画を自在に使える強力ツール
もともとは140字以内の文章を投稿・閲覧するだけだったが、その後、次々と機能を増やし、今では写真、動画、ウエブサイトの共有なども簡単にできるようになった。全世界でのユーザー数は3億人以上とされ、有名人に愛用者が多いのも一つの特徴。その有名人のフォロワー(要するにファン)などがさまざまな情報を拡散させるため、影響力が大きいSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といわれる。

ツイッターは全角140字(半角280字)以内のメッセージや画像、URLなどを共有できるSNSだ。全世界での月間アクティブユーザー数は3億1900万人(2017年4月時点)で、20億人を超える「フェイスブック」よりは少ない。しかし、政治家や芸能人など多くの著名人がアカウントを持ち、企業も公式アカウントを持って情報を発信するなど、社会への影響力が強いSNSだ。

ツイッターの語源は、小鳥がチュンチュンと鳴く「さえずり」だ。誰もが自由にツイート(発言)し、それを誰でも見られることが利点。ツイートを見たい人をフォロー(自分専用の画面に表示されるように登録)する機能はあるが、フォローしなくても、検索して見ることができる。また、気になるツイートを自分のフォロワー(フォローしている人)に教えることもでき、それによって情報が拡散される仕組みだ。有名人や企業は、その拡散力に注目してツイッターを利用しているわけだ。

自分がフォローする人のツイートが表示される画面を「タイムライン」と呼び、新しいツイートが次から次へと表示される。メディアのニュースよりも早く情報が得られることもあり、台風や地震などの災害時にも役立つ。アカウントを取得して損はないはずだ。

●トランプ米大統領や首相官邸の公式アカウントもある

画像1: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

アメリカの大統領、ドナルド・トランプ氏もツイッターをしている。
全世界で6000万人以上のユーザーがフォローしている。

画像2: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

首相官邸も公式アカウントを持っている。災害・危機管理情報に特化した「首相官邸(災害・危機管理情報)」というアカウントもある。

画像3: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

ソフトバンクグループの孫正義氏は、日本でツイッターを広めるきっかけを作った一人。有名人の本音が垣間見えるのもツイッターの魅力だ。

画像4: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

天気や防災に関するアカウントをフォローしておくと、防災情報をいち早くキャッチできる。地域の行政団体のアカウントなども要チェックだ。

<疑問と悩み>
まず、何から始めたらいいの?

ツイッターを始めるには、まず「ツイッター」アプリ(無料)をインストールし、それを起動して利用登録を行う。利用登録に必要となる本人認証は、メールアドレス、または携帯電話番号。ツイッターは、パソコンやタブレットなどでも利用できるので、電話番号でなく、メールアドレスで登録したほうが便利だろう。

画面の案内に従い、名前を入力したり、項目を選択したりすれば、ほんの数分で登録は完了し、利用可能になる。なお、ログインに使うアカウント(ユーザー名)は自動で発行されるが、長く複雑な文字列のアカウントになるので、後でメニューの「設定とプライバシー」→「アカウント」→「ユーザー名」で変更しよう。

登録の後半に「連絡先の同期」という画面が表示される。自分の「連絡先」を参照し、
ツイッターをしている人を見つけてくれる機能だ。不要なら「今はしない」をタップする。

●メールアドレスを登録すれば始められる

❶「ツイッター」アプリを起動し、「アカウントを作成」をタップ。
まず、自分で決めた名前を入力して、メールアドレスも入れて登録する。

画像5: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

❷プロフィール画像を登録する画面に進む。もし準備できていない時は「今はしない」をタップ。プロフィール画像はいつでも登録・変更できる。

画像6: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

❸続いて、自己紹介の入力欄が表示される。
利用登録の完了後でも登録でき、
いつでも変更できるので、「今はしない」をタップしてもいい。

画像7: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

❹興味のあることなどを選択すると、自分にカスタマイズされたおすすめユーザーが提案される。「連絡先の同期」は必要性を感じる場合のみ利用しよう。

画像8: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法
画像9: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

利用登録に携帯電話の番号は不要。パソコンからもアクセスできる!

<疑問と悩み>
ユーザー名を変えたいが、変更って可能?

ツイッターでは、ユーザーを認識するものとして「名前」と「アカウント」が使われる。名前は日本語でも登録でき、自分のプロフィール画面の「変更」をタップすると、いつでも変更できる。「アカウント」は@で始まる半角英数字で表記される。ツイッターにおけるアドレスのようなもので、ログイン時にも使う。アカウントは、メニューの「設定とプライバシー」→「アカウント」で変更できる。

●名前もアカウントも変更できる

❶ツイッターの名前を変更するには、自分のプロフィールを表示させて、「変更」をタップしよう。

画像10: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

❷「名前」の欄をタップして、新しい名前を入力。「保存」をタップすると、新しい名前に切り替わる。

画像11: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

<疑問と悩み>
好きな芸能人を「フォロー」したい。やり方は?

好きな芸能人や、発言が気になる有名人などをフォローするのは自由だ。虫眼鏡のアイコンをタップし、キーワード入力欄にその人の名前を入力して「ユーザー」をタップ。見つかったら「フォローする」をタップしよう。

その際、なりすましのアカウントには要注意。著名人のアカウントは、本人確認のマークが付いていることが多いのでそれを確認。最近のツイートや、フォロワーの人数も確認しよう。

●本人であることを確認してからフォロー

❶検索画面でフォローしたい有名人を検索。本人確認された印(チェックマーク)が付いていると安心

画像12: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

❷最近のツイートの内容やフォロワーの人数も確認してから
「フォローする」をタップしよう。

画像13: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

<疑問と悩み>
ダイレクトメッセージって、どう使うの?

ダイレクトメッセージは、フォローし合っているユーザー間でメッセージを送受信できる機能だ。自分がフォローされていない場合でも、相手がフォロー外のメッセージを受信する設定にしていれば、読んでもらえる可能性はある。

ダイレクトメッセージの画面で歯車のアイコンをタップし、「設定」を開くと、自身の設定も変更可能。なお、ダイレクトメッセージは友達とツイートを共有したい場合にも役立つ。

●友人とツイートを共有したいときに便利

❶友人に教えてあげたいツイートを見かけたら、共有メニューから「ダイレクトメッセージで共有」を選択。

画像14: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

❷送信先を指定し、メッセージを入力して送信。友人には共有したツイートとメッセージが送信される。

画像15: 【初心者向け】ツイッターアカウント・ユーザー名の登録と変更方法

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.