ツイッターでブロックすると、された側はツイートが見られなくなる。つまり、ブロックしたことは相手にわかるので、面識がある人をブロックしたい場合は、人間関係がこじれないように慎重に行うべきだ。ほかにも「ツイートを非公開にする」鍵垢(鍵アカウント)についても知識をもっていると役に立つ。

<疑問と悩み>
迷惑な人をブロックしたい!

自分のツイートを特定の人に見られたくない場合や、失礼なリプライを執拗にしてくる人がいる場合、その人をブロックすることができる。ブロックされた人は、ツイートが見られなくなる。つまり、ブロックしたことは相手にわかるので、面識がある人をブロックしたい場合は、人間関係がこじれないように慎重に行うべきだ。なお、自分のタイムラインに表示させたくないだけの場合は「ミュート」を使おう。

●ブロックは簡単にできるが、慎重に行おう

❶ブロックしたい人の画面を表示させて、メニューを開き、「@○○さんをブロック」をタップする。

画像1: ●ブロックは簡単にできるが、慎重に行おう

❷確認画面が表示されるので「ブロック」をタップ。ブロックは後で解除することもできるが、慎重に行おう。

画像2: ●ブロックは簡単にできるが、慎重に行おう

<疑問と悩み>
自分のツイートを限られた人だけに見せたい

面識のある友人・知人や、共通の趣味を持つ仲間など、限られた人にだけ自分のツイートを見せたい場合は、ツイートを「非公開」にしよう。非公開に設定されたアカウントは、フォローしたい場合に、フォローがリクエストされて、そのアカウントの持ち主が承認した場合にフォローできる仕組みだ。プロフィール画面に鍵のマークが付くことから「鍵付きアカウント」、略して「鍵垢(かぎあか)」と呼ばれることもある。

●フォロワーにしか見られない“鍵垢”にする

❶アカウントを非公開にするには、メニューを開いて「プライバシーとセキュリティ」をタップ。

画像1: ●フォロワーにしか見られない“鍵垢”にする

❷「ツイートを非公開にする」をオンにする。以降、自分のツイートはフォロワーしか見られなくなる。

画像2: ●フォロワーにしか見られない“鍵垢”にする

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.