完全ワイヤレスイヤホンの快適さが気になりつつも、音質面では物足りなさそう……と考えるオーディオファンは少なくない。そこで登場したのが、フォステクス「TM2」。そのまま完全ワイヤレスイヤホンとして使用できる。完全ワイヤレスイヤホン用のレシーバーとしても利用可能。

ブルートゥースユニットでお気に入りのイヤホンを完全ワイヤレス化

手持ちの製品が無線で使える

完全ワイヤレスイヤホンの快適さが気になりつつも、音質面では物足りなさそう……と考えるオーディオファンは少なくない。そこで登場したのが、フォステクスのTM2。

そのまま完全ワイヤレスイヤホンとして使用できるが、完全ワイヤレスイヤホン用のレシーバーとしても利用可能。着脱式のフレキシブル・ショート・ケーブルを採用し、MMCXあるいは2pin端子を持つ好みのイヤホンを、完全ワイヤレス化できる。

特殊なケーブルを用いてワイヤレス化

TM2
フォステクス
実売価格例:3万円

画像: 着脱式のフレキシブル・ショート・ケーブルを採用し、好みの既存イヤホンを完全ワイヤレス化することもできるユニークな製品。

着脱式のフレキシブル・ショート・ケーブルを採用し、好みの既存イヤホンを完全ワイヤレス化することもできるユニークな製品。

クアルコム社のQCC3026を採用しており、対応するスマホと組み合わせれば、完全ワイヤレスで気になりがちな「音切れ」を抑制できる。

画像1: チップはクアルコム社のQCC3026を採用し、TWS Plus機能に対応。左右の音切れを抑えることができる。

チップはクアルコム社のQCC3026を採用し、TWS Plus機能に対応。左右の音切れを抑えることができる。

画像2: チップはクアルコム社のQCC3026を採用し、TWS Plus機能に対応。左右の音切れを抑えることができる。

チップはクアルコム社のQCC3026を採用し、TWS Plus機能に対応。左右の音切れを抑えることができる。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/鴻池賢三(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.