新品で本格的なフィルムカメラとなると、国産品ではニコン・F6しかない。現実的には、手持ちのカメラを使うか、中古カメラをねらうのがセオリー。修理の際にも対応してもらいやすい大手メーカーで人気のあったモデルがねらい目だ。

カメラは手持ちの製品を使うか、中古で入手するのがセオリー

フィルム写真を始めるには、フィルムカメラが必要だ。しかし、新品で本格的な製品となると、国産品ではニコン・F6しかない。

そのため、現実的には、手持ちのカメラを使うか、中古カメラをねらうことになる。中古品を買うのはハードルが高く、特に店選びは難しいように思えるが、基本的に、品ぞろえが豊富で、客の出入りがそれなりにあり、店頭に並ぶカメラがきれいなら安心だ。

また、デパートの催事場などで、中古カメラの展示即売会を行っている場合もあるので、そうしたイベントに足を運んでみるのもありだ。

一口にフィルムカメラといっても、一眼レフ、コンパクトなどさまざまだが、キヤノンやニコンなど、大手メーカーで人気のあったモデルがねらい目。修理の際にも対応してもらいやすいからだ。

フィルムカメラの種類はいろいろ

画像1: 【フィルム写真の始め方】カメラは中古で入手しよう。大手メーカーの人気モデルが狙い目

さまざまなタイプのカメラがあるが、中判フィルムではなく、35ミリ判フィルムを使用する一眼レフが種類や流通量が多く、リーズナブルでおすすめだ。

昔あこがれた機種をねらってみよう

キヤノン
ニューF-1

画像2: 【フィルム写真の始め方】カメラは中古で入手しよう。大手メーカーの人気モデルが狙い目

おすすめ機の一つがキヤノン・ニューF-1だ。堅ろうで故障が少なく、高速側のシャッターは電池なしでも動く。カラーバランスの優れたFDレンズで撮影が楽しめる。

最後のフィルム一眼?ニコン・F6の魅力を探る

ニコン
F6
実売価格例:25万4760円(ボディ)

画像: キレのいいシャッター音とフィルム巻き上げ音は、Fの一桁機らしいところ。写真を撮る側だけでなく、撮られる側も心地よく感じるはずだ。ファインダーも見やすく、ピントの状態なども把握しやすい。

キレのいいシャッター音とフィルム巻き上げ音は、Fの一桁機らしいところ。写真を撮る側だけでなく、撮られる側も心地よく感じるはずだ。ファインダーも見やすく、ピントの状態なども把握しやすい。

国産主要カメラメーカー製で唯一現行のフィルム一眼レフがニコン・F6だ。発売は、2004年10月。以来、現在までマイナーチェンジなしに作り続けられている。その名のとおり〝Fの一桁〟6番目となる機種で、今でも十分通用するハイスペックモデルだ。

具体的には、ジウジアーロ・デザインによる防塵・防滴の堅ろうなボディに、より高精度な九つのクロスエリアを含む11点測距エリア、最高8コマ/秒の高速連続撮影機能、最高1/8000秒のシャッター機構など搭載。ファインダー視野率は、もちろん伝統の100%だ。

新品で本格的なフィルム一眼レフとなると本機のみだが、その使命を果たすべく、不足を感じさせず、魅力的なフィルムカメラに仕上がっている。

撮る側も撮られる側も心地いい!

撮影データ●AF-S NIKKOR 50㎜ f/1.4G ●絞り優先AE ●F2.0 ●1/125秒 ●フィルム/コダック・T-MAX100を使用

画像3: 【フィルム写真の始め方】カメラは中古で入手しよう。大手メーカーの人気モデルが狙い目

◆解説/大浦タケシ(フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.