カメラを入手したら、いよいよ撮影だ。まず儀式といえば、フィルムの装填。初心者の場合は、フィルムを1本犠牲にするつもりで、練習を行うといいだろう。装填できたらフィルムのパッケージに書いてある感度が設定されているか、確認しよう。

フィルムカメラの撮影は、ここに気をつければOK!

カメラを入手したら、いよいよ撮影だ。

まず儀式といえば、フィルムの装填だ。35ミリ一眼レフの場合、モデルによって装填の手順はさまざま。

標準的なAF一眼レフの場合は、パトローネをカメラに収め、フィルムの先端を指示された位置に置き、裏ぶたを閉めれば自動的に装填される。感度の設定は自動で行われ、フィルムの巻き戻しも、規定枚数までいくと自動で巻き戻される。

いずれにしても慣れが多少必要なので、初心者の場合は、フィルムを1本犠牲にするつもりで、練習を行うといいだろう。

フィルムが装填できたら撮影となるが、「100」や「400」など、フィルムのパッケージに書いてある感度が設定されているか、確認しよう。カメラの操作は、取説などでしっかり覚えておきたい。

まずはフィルムの装填から

画像1: 【フィルムカメラの使い方】フィルムの装填方法・撮影時に気を付けたいポイント

ニコン・F6の場合は、上面左側の巻き戻しノブを上に引くと、裏ぶたが開く。カメラをしっかり構えて行うようにしよう。

画像2: 【フィルムカメラの使い方】フィルムの装填方法・撮影時に気を付けたいポイント

パトローネをフィルム室に入れ、フィルムの先端が巻き上げ用のスプロケット(歯車)のところまで来るように引き出す。

画像3: 【フィルムカメラの使い方】フィルムの装填方法・撮影時に気を付けたいポイント

裏ぶたを閉じると、自動的にフィルムの巻き上げを数カット分行う。フィルムカウンターは「1」を指し、撮影が可能であることを示す。

感度設定や手動の巻き戻しを覚えよう

画像4: 【フィルムカメラの使い方】フィルムの装填方法・撮影時に気を付けたいポイント

AF一眼レフのほとんどは自動で感度を設定するが、それ以外はユーザーが手動で設定する。なお、写真にあるASAは、ISOと同じ規格である。

画像5: 【フィルムカメラの使い方】フィルムの装填方法・撮影時に気を付けたいポイント

何枚撮影したかを表示するフィルムカウンター。手動で巻き上げるカメラでは、規定枚数以上に巻き上げると、フィルムが切れることがある。

画像6: 【フィルムカメラの使い方】フィルムの装填方法・撮影時に気を付けたいポイント

自動でフィルムを巻き戻すカメラでも、撮影可能枚数まで達してなくても途中で巻き戻すことができる。手順は、カメラによってさまざま。

フィルムならではの柔らかい仕上がり

撮影データ●AF-S NIKKOR 50㎜ f/1.4G ●絞り優先AE ●F2.0 ●1/125秒 ●フィルム/富士フイルム・FUJICOLOR 100を使用

画像7: 【フィルムカメラの使い方】フィルムの装填方法・撮影時に気を付けたいポイント

ニコン・F6によるカラーネガフィルム(フジカラー100)での撮影。ポートレートの場合、明るめに露出を設定するのがおすすめ。柔らかい感じに仕上がることが多い。

◆解説/大浦タケシ(フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.